月香茶会分室ブログ

2017年の目標は『勝負』です☆

Entries

柚子タルト

柚子タルト

久々に柚子タルトを作った♪
今季初の柚子で何作ろうかな~?と考えたけど、やっぱりこれでしょ!
好き嫌いとか置くとして同じ技量の作り手ならば、生クリームのロールケーキより常温で保存の羊羹入タルトのほうが断然生地が美味くなる♪
焼成した生地は焼きたてよりも少し置いた方が味が馴染んで美味しくなるけど、冷蔵庫に入れるロールケーキだと生地の成分が馴染まない。
組み立て型のケーキならスポンジを半日~1日置いてから作業出来るが、ロールケーキは置いたら丸められない。

が!
作った翌朝見たらケースの内側が結露していた~
これは、急に数日前から真冬並に寒くなり温度が夜から朝になり外は1℃2℃になり室温も下がったとこに暖房を入れたために結露したと思われる。。
このロールケーキケース見栄えはすっごくイイんだけど、これから柚子がどんどん出てくる時期は使えないってことか~?(T_T)
一切れづつラップに包みました。
▽コメントリスト

花びら餅の牛蒡は何でなんだろう?

1週間ぶりのブログ。
日記でなく週記だわ。

チョコぼう2週目に入り、作業も2周目になった。
職場から自転車で10分ほどで移動出来るので、作業するのはほぼ仕事帰り。
13時に上がって、チョコぼうに移動し13時半までにまずはチョコレートウォーマーにチョコレートをセット。
それから前日に作ったのあれば型から外す。
型の準備してから、昼食&チョコレート溶けるまでは休憩。
洗い物まで終わって16時~16時半くらい。
家に着くのは17時くらい。
フルタイムで働いているのと同じ感覚。

仕事帰りにやると、ストレス発散にもなっている。
私は絶対見た目も味にもこだわってやるぅぅぅ!!!
闘争心に火が点きます。ヽ(≧∀≦)ノ

職場は今週は中学生が7人も来ている!
なぜか2校重なるときが毎年あり、今回も2校重なったのだ。
誰もが思うのは、「なんでバラバラにずらして来ないんだろう~?」である。たまたまだが、今回の2校は職場から東西に正反対の中学校だったのでハッと気がついた!

他所で職業体験をしている中学生を見かけると、学区域かせいぜい隣の学区域くらいのとこでしかやらない。
受け入れても普通は2校か3校くらい。
うちの職場は来るものは拒まずなのか、毎年6・7校はくる。
さらに商業高校や食品関係のコースがある高校も数校やってくる。
さらに養護学校系もやってくる。

でも思い出してみると、職場がある学区域の中学校とその隣の2校の中学は1週空くか連続で来るが同時になることはない。
同じエリアの中学は日程を調整してるのかなと思われる。
今回の2校は若干遠い。隣の隣の隣の学区域か、東側の中学は私なら絶対自転車では通わない距離だ。
たぶん車で送ってきてもらってる子もいると思う。
以前来た中学生によると人気の職種は「パン屋」「お菓子屋」。
パン屋は朝が忙しいのでほぼ無理で、菓子屋だって個人で受け入れるとこはまず無い。
工業団地にあるカルビーとか大手も受け入れないし、そんなとこは中学生は希望しないと思う。
うちの職場は人気の菓子屋で来るもの拒まずなので、多少遠くてもやってくるんだろう。

そんな中学生と新年の和菓子『花びら餅』を袋詰めしてるときに、
「なんで牛蒡なんですか~?」と質問された。
そういえば、なんで牛蒡なんだっけ?
花びら餅が宮廷で儀式を模したもので牛蒡はひしゃくのイメージだった気が・・・・
家に帰って調べてみた。
諸説あるが、牛蒡は押し鮎を模したものらしい。
紅白の餅と味噌餡は雑煮。(京都発祥の菓子だからあちらは白味噌)
ナイス!質問ありがとう☆(=∀=)☆
おかげで勉強になりました!(笑)

▽コメントリスト

『ちょこぼう』再び。

1ヶ月間 『ちょこぼう』を借りれることになった♪

昨日、荷物の搬入。
今日、仕事帰りに下準備。
明日から稼働予定。

専用の作業スペースがあると便利!
そして作業効率とか全てが違う!

職場から『ちょこぼう』は自転車で10分ほど。
13時に仕事終わっていけば、その日のうちのチョコレートの作業が出来る☆

自宅だと仕事がある日はチョコの作業は不可能。
型に流してから理想は半日、少なくとも3時間以上は置きたい。
でも、それは夕飯の支度とかあるので無理。

休みの日の午前中でないと作業が出来ず。。
休みの日にチョコやると、他は何も出来ない。。

『ちょこぼう』でチョコレートやれば、他のものをやれる☆

しかも。
持ち主のご厚意で「前回の半額」で借りれるらしい☆

これで宇都宮の保健所の許可をどうにかしてグレーゾーンでも取れれば、きっと職場辞める。
ずっと借りるな~(笑)
▽コメントリスト

チョコレート強化月間

先月は和菓子強化月間としたが、目標達成ならず

過ぎてしまったことは仕方ないので、今月はチョコレート強化月間!

チョコレートの作業は寒くても暑くても向かない。
暑いのは当然溶けるし油分がファットブルーム起こす。
寒くても糖分がシュガーブルームを起こす。
理想は18度前後らしい。
11月は朝晩は除くとして、まあ理想値に近い時期。
チョコは賞味期限長いので、作業環境がよい時に作って安定させて保管し、ある程度在庫を抱えようと思っている。

思ってたんだけど~

昨日から気温が若干高い!!

「陽気オカシイですよねぇ。今日なんか半袖ですよ~」
13時頃来た、よつば生協の配達の兄さんが言ったが、薄手の長袖1枚で十分だ。

洗濯して布団干したりするには最適だけど~

仕事行くときは肌寒くて常に合羽持参状態なのに!
休みの日にチョコやろうとしたらこれか~Σ(´Д`*)

でも、やりました。

チョコ待機中

作業した午前中は18度以下だったし、台所の温度計は14時頃で21.4度だったから、まあ大丈夫だろう。
チョコの袋やスーパとかで売られているチョコ菓子の目安は28度以下保管だし。
作業時は理想値だったから、スイートのテンパの状態も良かったし。
半日くらい置いてから型から外すことにした。

ホントは余裕があれば今日中にもう1回転と思ってたけど~それは無理。
日が沈めば気温は急降下するだろうから、夜から朝は父が暖房入れるだろうから、それまでに型から外して袋に入れて終了。

チョコレート強化月間予定だったので場所借りようと思ってたが、借り主と会う機会が無くて・・・
さらに使用する40㎝絞り袋があちこちで品切れで入手したのが数日前。
20㎝・50㎝はどこでもあったが、程良い30㎝と40㎝はネットショップで品切れ続出(T_T)
あったと思えば50枚入で価格が倍!とか。
欲しい枚数は違えども、使いやすいサイズは皆同じなのねぇ~
涼しくなってきたし、クリスマス・年末年始・バレンタイン・春の新生活とかこれからが繁忙期だしねぇ~

次は早く『ちょこぼう』手配せねば~

家でやってるとオッサンズが正直邪魔。(笑)
他の菓子やパンならいいけど、チョコは1℃が勝負だから!スピード命!
▽コメントリスト

十三夜

今日から11月。
早い!

10月は和菓子強化月間としたが、結局研修以外はじょうよ饅頭作って終わり。
梨と林檎と格闘して終わった。
和菓子は強化出来なかったが、ジャムはしっかりやったってことで!

今日は十三夜 

せっかくの十三夜なので自分で何か作るのでなく、今日しか買えない菓子を正当派和菓子屋で買うぞ!と十五夜から決めていた。
購入する店は私が知る限りで自転車で移動出来る範囲内では、ここよりザ・和菓子屋の店は宇都宮には無いと思う。
ネットで宇都宮中央で検索しても他は出てこない。
宇都宮でよくこれで商売が成り立つな~と思わずにいられない。(笑)
きっと茶席の乗客を掴んでいるんだろうな~
ショーケースに並ぶ7・8割が色とりどりで美しい干菓子・打ち菓子・半生菓子が並ぶ赤門通りの濱田屋さん。
団子・饅頭とかは基本ない、和菓子屋分類でいえば餅屋でなく菓子屋。

後の月

購入したのが、じょうよの「後の月」(右)
十三夜のことを「後(のち)の月」というらしい。
なんて雅で風流な響き
しかも、悔しいくらいに美味い!
しっとりしてるのにざらつきはまるでなくて、原材料名みたが一切いかがわしいものは使用していない。
本当に職人が仕上げたものだった。

ちなみにうちの職場はじょうよと雪平で同じ成形で耳を焼きごて・目を赤い羊羹のウサギ。
十五夜も十三夜も同じ。
これはこれで可愛いし、じょうよと雪平の2種の生地のウサギがいて、どっちも買っちゃう?って有だけど(笑)

十五夜は自宅に近い年配夫婦で営む小さな和菓子屋でドシンプルな何も入ってないまん丸な団子を買ったので、
十五夜の濱田屋の菓子がどんなのか分からないけど、ウサギじゃない気はする。
来年は十五夜も覗いてみよう。

十五夜で団子を購入した和菓子屋は佐竹屋。
濱田屋とは真逆で上生菓子とは一切なく、団子・大福・饅頭とか庶民的なものばかり。
リーダーの店も看板商品が大福で同じような構成。
こちらは餅屋なんだろうけど、これはこれで立派な正統な和菓子屋である!
餡も入らない上新粉と水だけの団子を仕上げるのは職人の仕事だからだ

後の月の隣の「萩の月」は誕生日プレゼントのいただきもの(*^_^*)
これも分類上はちゃんと和菓子だ!
和菓子の基本の包餡の成形+和菓子の王道の製法の蒸し。
中身がクリームだってだけ。
保存料とかいかがわしいものは使用していない。
洋の要素を取り入れた全国区の知名度の銘菓である☆

大切なのは、職人魂しかないと思う!



▽コメントリスト

右サイドメニュー