2017年の目標は『勝負』です☆
まずは赤飯。
2017年09月11日 (月) | 編集 |
まず赤飯

久しぶりに赤飯つくった~♪

芋入☆

秋ですから~♪


ここんとこ、いろいろありすぎて。
家で何かやってる時間とかやる気とかいろいろ無くて。

とりあえず、景気づけにまず赤飯!(笑)
抹茶羊羹
2017年08月02日 (水) | 編集 |
夏休みに色々作ろうと思って材料を用意していたのが、
夏休み消滅のため、
次々賞味期限が・・・・・・・・・・(T_T)

もったいないので、とにかく賞味期限近いものから消費せねば~!

上生作ろうと買っておいた白あんと抹茶で抹茶羊羹作った。

抹茶羊羹

いつもは粉寒天で作るが、こちらは量が残りわずか!
棒寒天で使ってみた。
風味は棒寒天のほうが断然美味いが、家庭で少量作るのなら粉寒天のほうが便利だと思った。
そして、抹茶味にするとそんなに風味の差が分からなくなるし(笑)

抹茶羊羹千筋

型は久しぶりに千筋羊羹舟。
そこに筋があるだけなんだが、これがあるとないだけで全然違うのだ!o(^▽^)o

教室で購入した型で、後から仕切り板も出来たので量も調節出来て便利☆

一人分ずつ小さい型で固めるのは分けるのに便利だけど、
羊羹など凝固剤で固めるものは『ながしもの』というだけあり、
見た目は断然大きい型に流したほうが見栄えがして、これぞ和菓子って感じで素敵
暑いときは水羊羹♪
2017年07月15日 (土) | 編集 |
夏休み復活~!!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

突然夏休み終了したが、そもそも私だけでなく先輩のパート方も交代で1週間づつ夏休みとってもいいくらいの時期。
実際に社員は6月~7月は交代で夏休みを取る。
次は不明だが、とりあえず次のシフト(7月16日~8月5日)までの3週間は夏休み復活した♪

ただ、嬉しいが8月に入って休んでもいいのか一抹の不安はよぎる。
お盆があるのに大丈夫なんだろうか~??
6日から地獄の修羅場の予感・・・・・・

夏休み入る前の3連続出勤も3日連続のオーブン菓子で灼熱地獄だった
老舗の和菓子屋なのに、なぜに3日連続オーブン菓子?!?!?!
どら焼きとか他に作るものあるだろうぉぉぉ~!!!!
オーブン開閉するたびに、菓子と一緒に自分も焼かれてる気がするし、実際焼かれてるとしか思えーん!(爆)

家では夏の和菓子をまずは作ることしにした。

笹船

暑いときはこれでしょ?
水羊羹

お菓子は買った方が美味しいものと家で作るのが美味いものがある。
水羊羹は断然!絶対!家で作るのが美味ーい!ヽ(≧∀≦)ノ

お店のは持ち帰りとか考えるとちょいからかなり固めの水羊羹多いが、
家だとギリギリの水分量となめらかさが実現☆
さらに丁寧に漉して練り上げた自家製こし餡なら文句なし!
今回は市販のだけど、夏休み中に小豆用意してあるので自家製こし餡作って水羊羹作るぞ~!
杏の里のシロップ漬
2017年05月21日 (日) | 編集 |
昨年、長野県の杏の里でシロップ作り体験をし1ヶ月後から食べられるといわれたが、
その後、チョコレートアカデミー行き、久々にパン研修に出て
気づけば秋になって、梨・柿・林檎など秋の味覚と格闘し、涼しくなればチョコと格闘し、職場も忙しくなって~

昨日、始めて杏のシロップ漬の瓶開封しました。ヽ(≧∀≦)ノ

逆にほどよく漬かってたけど(笑)

これで何を作ろうかな~と♪

手持ちの和菓子の本に『杏の里』という名称の杏のシロップ漬を使用した金玉寒があったので、それを参考に水飴をシロップに置き換えなどしながら作ってみた。(左)

あとは、ストレートに杏シロップ漬をピューレにして寒天でゼリーにしてみた。(右)

杏の里

白い皿のほうが杏の色が映えたかな~?
そもそもバランだし(笑)
人口桜葉出すの面倒だったので、バランにしたけど、やっぱり次は人口桜葉にしよう。。

見た目は金玉寒のほうが綺麗
シロップ使ったので、通常の金玉寒よりは甘さ控えめでさっぱり☆

ってのは杏ゼリー☆v(o゚∀゚o)v☆
ピューレとか固形物入るときは、私はゼラチンでなく寒天。
杏はゼラチンより寒天や葛とかの相性が良いと思う。

瓶開封したときに試食したが、超美味い

これは今年は自力で杏シロップ漬作るしかないでしょ~!

あと、2瓶残ってるので何にしようかな~?

まずは開封した残りのシロップを何にしようかな~?(杏の実は全部使った)
で、真っ先に思いついたのは杏仁豆腐

『杏シロップがかかった杏仁豆腐』

これ絶対でしょ!

杏仁豆腐の材料買ってこなくちゃ
赤飯
2017年05月15日 (月) | 編集 |
芋赤飯

久々にお赤飯作った~♪

サツマイモ入で、ササゲ無かったので小豆。

サツマイモは入ってる方が美味い♪

ササゲと小豆は、私は別にどっちでもイイ気がする。
小豆も特に割れるわけじゃないし、小豆のほうが安くて手軽☆

重要なのは蒸し器で蒸す
蒸し器は木製の蒸籠
出来上がりは木製のおひつで保管(↑画像はおひつに入れたとこ)

職場も大量に生産する菓子は自動の大型スチーマーだけど、
お赤飯や栗蒸し羊羹、芋や南瓜などの下処理で蒸すには木製の昔ながらの蒸籠使っている。

美味しく作るには、まずは素材。
そして道具。
それらを扱う知識と技術と経験。

素材が少なくて工程が簡単なものほど、一つ一つの差が大きな差になる。

最近、スポーツクラブで、「レベルが低くてつまらな~い」とかいう会員さんがたまにいて、それを直に耳にする。

私が会員のスポーツクラブが市内でも古い方で年配の会員さんが多い。
激しいものより、基本的なものや体幹トレ系、可動域を広げる・伸ばす・緩めるといったものが多い。
でも、それはレベルが低いわけではない!
少し前から世間やアスリートでは体幹を重視し、昨年売れた書籍は開脚やストレッチのものだ。
なので、実は最先端で最も重要な要素を重視してるのである。

難しいものや激しいものをやり、重いウエイトを上げてガンガンやればイイわけではない!
「レベルが低くてつまらな~い」って人はそこを勘違いしている。
そして、決して申し訳ないが初歩的な基礎的なことが完璧に出来ているわけではない。

初歩的な基本的な動きほど、上手下手や柔軟性・筋力・持久力や経験の差がすごく出るのだ。
中級・上級レベルのレッスンは動きが複雑で早くなる分、誤魔化しがきく。
やっててもやってなくても分からないし(笑)
初歩的なレッスンほど間違えるほど目立つし、上手な人ほど綺麗に見える☆

お菓子でもシンプルなほど奥が深く、知識・技術・経験の差に素材や道具の差がハッキリと出る。
コテコテしたお菓子は誤魔化しがきく。

お赤飯を上手に美味く作るというのはかなり難しい。
材料や工程はシンプルなんだけどねぇ~

ただ「レベルが低くてつまらな~い」という会員さんも、他のスポーツクラブを体験しにいっても、ほぼ戻ってくる。
なぜかというと、他所と違い自由で気ままに利用出来るからである
ゴテゴテしたプログラムやレッスンばかりだと、色んな意味でギスギスしそうだしねぇ~

お菓子もたまにはコテコテもいいけど、毎度じゃ飽きる。

いつもはシンプルが一番だもの~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

で、シンプルこそ奥が深いので飽きません。