月香茶会分室ブログ

2017年の目標は『勝負』です☆

杏の里のシロップ漬

昨年、長野県の杏の里でシロップ作り体験をし1ヶ月後から食べられるといわれたが、
その後、チョコレートアカデミー行き、久々にパン研修に出て
気づけば秋になって、梨・柿・林檎など秋の味覚と格闘し、涼しくなればチョコと格闘し、職場も忙しくなって~

昨日、始めて杏のシロップ漬の瓶開封しました。ヽ(≧∀≦)ノ

逆にほどよく漬かってたけど(笑)

これで何を作ろうかな~と♪

手持ちの和菓子の本に『杏の里』という名称の杏のシロップ漬を使用した金玉寒があったので、それを参考に水飴をシロップに置き換えなどしながら作ってみた。(左)

あとは、ストレートに杏シロップ漬をピューレにして寒天でゼリーにしてみた。(右)

杏の里

白い皿のほうが杏の色が映えたかな~?
そもそもバランだし(笑)
人口桜葉出すの面倒だったので、バランにしたけど、やっぱり次は人口桜葉にしよう。。

見た目は金玉寒のほうが綺麗
シロップ使ったので、通常の金玉寒よりは甘さ控えめでさっぱり☆

ってのは杏ゼリー☆v(o゚∀゚o)v☆
ピューレとか固形物入るときは、私はゼラチンでなく寒天。
杏はゼラチンより寒天や葛とかの相性が良いと思う。

瓶開封したときに試食したが、超美味い

これは今年は自力で杏シロップ漬作るしかないでしょ~!

あと、2瓶残ってるので何にしようかな~?

まずは開封した残りのシロップを何にしようかな~?(杏の実は全部使った)
で、真っ先に思いついたのは杏仁豆腐

『杏シロップがかかった杏仁豆腐』

これ絶対でしょ!

杏仁豆腐の材料買ってこなくちゃ

赤飯

芋赤飯

久々にお赤飯作った~♪

サツマイモ入で、ササゲ無かったので小豆。

サツマイモは入ってる方が美味い♪

ササゲと小豆は、私は別にどっちでもイイ気がする。
小豆も特に割れるわけじゃないし、小豆のほうが安くて手軽☆

重要なのは蒸し器で蒸す
蒸し器は木製の蒸籠
出来上がりは木製のおひつで保管(↑画像はおひつに入れたとこ)

職場も大量に生産する菓子は自動の大型スチーマーだけど、
お赤飯や栗蒸し羊羹、芋や南瓜などの下処理で蒸すには木製の昔ながらの蒸籠使っている。

美味しく作るには、まずは素材。
そして道具。
それらを扱う知識と技術と経験。

素材が少なくて工程が簡単なものほど、一つ一つの差が大きな差になる。

最近、スポーツクラブで、「レベルが低くてつまらな~い」とかいう会員さんがたまにいて、それを直に耳にする。

私が会員のスポーツクラブが市内でも古い方で年配の会員さんが多い。
激しいものより、基本的なものや体幹トレ系、可動域を広げる・伸ばす・緩めるといったものが多い。
でも、それはレベルが低いわけではない!
少し前から世間やアスリートでは体幹を重視し、昨年売れた書籍は開脚やストレッチのものだ。
なので、実は最先端で最も重要な要素を重視してるのである。

難しいものや激しいものをやり、重いウエイトを上げてガンガンやればイイわけではない!
「レベルが低くてつまらな~い」って人はそこを勘違いしている。
そして、決して申し訳ないが初歩的な基礎的なことが完璧に出来ているわけではない。

初歩的な基本的な動きほど、上手下手や柔軟性・筋力・持久力や経験の差がすごく出るのだ。
中級・上級レベルのレッスンは動きが複雑で早くなる分、誤魔化しがきく。
やっててもやってなくても分からないし(笑)
初歩的なレッスンほど間違えるほど目立つし、上手な人ほど綺麗に見える☆

お菓子でもシンプルなほど奥が深く、知識・技術・経験の差に素材や道具の差がハッキリと出る。
コテコテしたお菓子は誤魔化しがきく。

お赤飯を上手に美味く作るというのはかなり難しい。
材料や工程はシンプルなんだけどねぇ~

ただ「レベルが低くてつまらな~い」という会員さんも、他のスポーツクラブを体験しにいっても、ほぼ戻ってくる。
なぜかというと、他所と違い自由で気ままに利用出来るからである
ゴテゴテしたプログラムやレッスンばかりだと、色んな意味でギスギスしそうだしねぇ~

お菓子もたまにはコテコテもいいけど、毎度じゃ飽きる。

いつもはシンプルが一番だもの~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

で、シンプルこそ奥が深いので飽きません。

甘夏寒

甘夏寒

甘夏寒を作った♪

アップしなかったけど、1週間前の土曜日には甘夏ゼリーを作った☆

今年は大豊作なのか、よつば生協で甘夏3キロ箱(しかも有機栽培)が激安!ヾ(・∀・)ノ

購入したのだが、甘夏3キロは食いでがありすぎる。

オッサンズも初めは食べたが、ミカンとか違い自力で剥いて食べれないと手をつけなくなる。

伊予柑?ってくらい甘夏にしては果汁はすっごく豊富で、手でそのまま食べると美味いがベタベタになる。

こんだけ果汁が豊富ならゼリーでしょ?って

甘夏寒と甘夏ゼリーの違いは、寒天かゼラチンかってだけ(笑)

凝固剤が違うだけで配合はほぼ同じなのに食感はかなり違ってくる。

かたいゆるいは別にして、植物系の寒天はさっぱりで、動物性のゼラチンはねっとり、だな~と思った。
もちろん!寒天・ゼラチンの品質もある。どちらも上物使用。

味は甘夏が美味しいのでもちろんどっちも美味い☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

その日の気分で使い分け(笑)

草餅

草餅ゆるめ

草餅を作った。

なんとなくお彼岸だし、世間は3連休なのになぜかシフト入らず休みなので、何作ろうかな~?と。

でも、ぶつ切りの餡団子とか好きじゃない。
団子は串にささってるのがイイ!

おはぎ(ぼた餅)は昨夜夫がパートさん手作りのをもらって食べた。
もらってなくても、おはぎは少量作るわけにいかないので家で作ろうとは思わない。
だから、夫のとこのパートさんも大量に出来上がってしまったので周辺に配布したんだと思う。
そして、明日は仕事なので売れ残りのおはぎがあるだろうし(笑)

ホントは有機栽培のレモンと東京で購入した北海道産中力粉クーヘンでマドレーヌと思ってたんだが、
21日は夫の誕生日で1年に1度の苺のショートケーキを作るので却下。

家にある材料と和菓子にしようと思って、草餅になった。

蓬は昨秋の北海道物産展で購入し未開封のままだった乾燥蓬を使ったら、袋から出した瞬間から今まで使った乾燥蓬と違った。
お湯で戻したとこだが、すっごく吸水する。
蓬の匂いも強い。

乾燥蓬

完成品もかなり蓬が濃い感じになった。
今まで使った中では間違いなく高品質だったが、でも、やっぱり乾燥蓬は乾燥だった(笑)
もうこれは仕方ないんだろうなあ~

どこかでそろそろ蓬摘めないでしょうか~?(-∀-)

焼き印 『黒猫』

黒猫焼き印

今回合羽橋で購入した唯一のものが、この焼き印。
ふつうの焼き印と形状が違うので買うの迷ったんだけど、
安価なステンレス製ではなく、一つ一つ職人さんが手作りしたのもので
なんといっても!デザインが可愛かったんだもーん☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

黒猫焼き印見本

焼き印『黒猫』
ネーミングも『猫』でなく『黒猫』ってのも可愛い♪
ま、焼き印押せば黒にしかならないので黒猫以外ありえないんだけど~

ここんとこの空前の猫ブームで肉球ものは焼き印もサイズ・デザイン様々・型も抜き型も急激に色んな肉球ものが増殖してるけど。
猫の姿まんまのものは初めて~!

饅頭も基本の中餡30gの半分の15gのプチサイズにしてみた。
プチサイズのほうが、この黒猫焼き印が映えると思ったので。

黒猫焼き印勢揃い

黒猫プチ饅ギフト

並んでると可愛い♪
このサイズだとボンボンショコラとかと並べても良さそう☆
市販のチョコが入ってた空き缶に入れたらピッタシ☆

紅白饅頭にして、片方が肉球で片方が黒猫の焼き印も良さそう~♪
今度やってみようっと。

父の膝の上のミーナ

本物の我が家の黒猫ミーナは、私が出かけてて帰ってくるとたいてい近頃父の膝の上で寝ている。

「お前がいない間の暫定だよ!」と父はいうが、定年して一番ヒマで動かないからだと他の人は思っている(笑)


HOME →次ページ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

おやちゃん☆

Author:おやちゃん☆
おやちゃんです。
「おやちゃんさん」の「さん」付は禁止です☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク