月香茶会分室ブログ

2017年の目標は『勝負』です☆

スカイベリージャム

スカイベリージャム

スカイベリージャムを作った~♪

近所の直売所に行くと、まだ本日の苺が入荷する前で昨日入荷の苺が値下げしてあった。

ジャム用はとちおとめスカイベリー両方ともけっこう残っていた。

とちおとめは一袋750g~の大袋で、元々スカイベリーより価格は安い。

スカイベリーは一袋400g~入の袋で、そもそもスカイベリーのジャム用は他では見たこと無いので貴重。
その割には価格はお得。

苺は鮮度が落ちやすく、特に今は本来の旬の最終なので完熟で傷むのが早い。
とちおとめは大袋なので前日のだとロス率が高くなる

スカイベリーは一袋の量が少ないので、ざっと確認したとこ、ほぼ大丈夫そうだった。
これで30%ほど値引きしてあるから、お得☆
で、スカイベリーを3袋購入してジャムにした。
ロスも数個少し切り落としたくらいでほぼ使えた♪

少~しゆるめだったけど、糖度計で確認したら60%くらいだったので煮詰め終了。

以前は温度計で確認していたが、粘度より糖度で統一したほうが食べたときに甘さが同じくらいのほうがイイかな~と思う。

今年はとちおとめでジャム作ったときは、去年と違い水っぽさがなくてトロミもほどよくついたが、
スカイベリーのほうが糖度が高めで酸味が少ない品種なんだろうな~

でも、レモン果汁や酸味料は加えません
ペクチンやゲル化剤なども加えません

加えるのは素材に対して基本50%のビートグラニュー糖のみ
人工的に作り出した甘味料なども一切加えません

それが、元の素材になる今年の出来だからヽ(≧∀≦)ノ

毎年、同じ状態って超絶不自然!

だから、杏だと一撃目覚めるほど酸味が強いジャムになる年もあるけど~(笑)
たぶん、次作るのは杏。
今年は杏ジャムはどんな出来になるかな~?(゚∀゚)


ご用聞き

苺ジャム2

今季2回目の苺ジャムを作った 

まだ作る予定。

予定というより、最低でももう1回作らないと現時点でのそこかしこの注文数に足らない
ありがたい嬉しい状態です♪(笑)

とちおとめで3回作ったあとは、スカイベリーで1回作る予定。
味的にはとちおとめだけど、
ネームバリューというかスカイベリー=高級みたいな感じでスカイベリー需要もあるので。
あと、苺ジャムでも2種類あったほうが楽しいし♪

今年はさらに、とちひめと女峰も作ろうと思ってたんだけど、扱いがあるいちご園が5月7日(日)で今季の営業終了してしまったので無し。

ほとんどの苺生産者は5月上旬で生産終了するとこ多いのだが、近所の私の愛用の農産物直売所は例年5月いっぱいはある
たいてい、6月の1週目まではある☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

直売所の店員さんによると、「うちは始まりが遅いからかもねぇ~。近頃は消費者が早いの望むからどの野菜も果物もそうなってるけど、やっぱり人工的に温度上げたのと太陽のとじゃ違いますよねぇ~」

そう!
その通り!

本来の苺の旬の季節で生産終了されてしまうと、仕方がなく熟してない苺でジャム作らざるおえない。
けど、近所の直売所の生産者さんみたいに本来の旬に出荷してくれるのが すっごく嬉しい
しかも旬の苺は安くて美味い(((o(*゚▽゚*)o)))
そしてなにより、むやみに早く生産しない(クリスマスとか真冬)生産者の苺は出始めでも安くて美味いのだ
その差は良識と良心と心意気だと思っている☆

スカイベリーのジャムが作れるのも、ここではスカイベリーのジャム用が売っているからである☆
他じゃなかなか売ってない。
だから、スカイベリージャムは高級感だけでなく、レア感が人気がある(笑)


3日前に、富沢商店から電話があった。
1週間前に実店舗の宇都宮店で粉と数点購入してネットショップでは注文していないのにどうしたのかな?と
すると

「富沢商店98周年記念でただいまキャンペーンをやっております。何かご用なものはございませんか?

いつから、富沢商店はご用聞きをすることになったんだろう~?(笑)
バイトのテレアポとかでなく、ちゃんとした営業担当みたいな人だったし。
近所の商店街の酒屋のノリだと思った(爆)o(≧ω≦)o

いつからかDMが週に数回、いくら以上購入でプレゼント商品のクーポン付で届くようになった。
さらにたまに「いつもお買い物してくれるお客様に」とあるDMとは別のクーポン付のハガキが届く。

さらに今回は電話である。
でも、私はこおゆうノリは嫌いではない☆
たぶんネットショップが煩わしくなくて好きな人は苦手だろうけど、
東京に住んでるときは近所の商店街や道路が狭くてプライバシーなんて無い環境で育ち、
宇都宮に来ても、近所の直売所とか顔が見れるとこを愛用している私は、じゃあせっかくだから何か買おうかと思ってしまう☆

ただ、1週間前に実店舗で必要なもの買ったばかりなので特に何も無いんだよな~

で、考えたとこ、よし!砂糖を買おう!
まだまだ苺ジャム作るし、来月以降は杏ジャム・ブルーベリージャム。
漉し餡・粒あん・白あんも作るし。
ビートグラニュー糖1㎏を10袋買おう!

たぶん、一度に砂糖を10㎏とか買うから富沢から電話がかかってきたんだと思った。(笑)

たまに普段も電話かかってくるんだけどね~ヽ(≧∀≦)ノ
『チョコレートのロリポップ棒500本』とネットで注文したときは、すぐに電話かかってきて
「メーカーに在庫を確認しご用意出来るか確認します」と言われたことあるし(爆)

DMは一度でもネットショップ利用して拒否設定でなれば全員に出すだろうけど、
ご用聞き電話は利用者全員にはしないと思う。
購入履歴とかで一定以上の購入者対象では?

ちなみに私、合羽橋でも「領収書いりますか?」って聞かれる。
近頃は合羽橋は一般客がほとんどでレジでレシートのとこがほとんどだし、私も一応一般人なんですが~

富沢商店にも、普通の一般客扱いされなくなったんでしょうか~?(笑)

旬の苺ジャム♪

苺ジャム

苺ジャムを作った♪

いつからか苺のシーズンは長くなったが、そろそろ終了。

そろそろ終了する頃が、そもそも本来の旬

価格もグッと安くなるが、旨み・風味などは価格と反比例

1ヶ月前や2ヶ月前以上の苺は、ジューシーで甘いとえば響きは良いが、実はただ水っぽくて無駄に糖度が高くてピンぼけ。
それでジャムにすると、本当はもっと煮詰めてトロミも色味も出したいのに~
それ以上煮詰めると糖度だけが高すぎて、ジャムでなくて蜜みたいになってしまう・・・

ボイラーやライトの人工的なエゴな力でなく、太陽の恵みで育った旬の苺は完熟
完熟してるので発送には向かないので、商売用に出荷するのは終わってるが、食べても加工しても美味いのは絶対旬!

しかも今年は苺の出来が良いらしい♪

うちの近所の直売所で苺を出荷している生産者は主に2名で私は伊藤さんがお気に入り☆
同じ苺で同じ品種でも生産者が違うと違うんですよ~
さらに同じ生産者の同じ品種の苺でも時期や年によってまた違う。

昨年は、どれも糖度だけ高い水ぽっくて外れ年だった感じで、ジャムの仕上がりもゆる~くにしか上がらず・・・(T_T)

しかし今年は久々に当たり年ぽい☆
煮上がった仕上がりが理想値の糖度60%でトロミもジャムらしく、色合いも風味もバッチシ☆☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆☆
自分でいうのも何だが、うちのは市販で売ってるそこらのジャムには負けませんよ~(笑)

ペクチンなどの凝固剤やレモン果汁などの酸味料など添加して、誤魔化して水増しするのは簡単だけど
それは自家製なのに手作りなのに、もう根本的に違う!というのが私の主張!

ただ~
苺は水分が多い・灰汁が超多い→出来上がり量が少ないのよねぇ~
だからこそ、価格が安くなる旬でないとコスト的に微妙。

栃木は苺の生産量日本一だけあって、苺ジャムはあちこちで手作りで安心安全・高品質でお手軽~品質的値段相応のが入手出来る。
家庭でも手作りする人も多い。
なので家で苺ジャムを作るとなると、味やコストのハードルがけっこう高い。
たとえ自己満足でも「よそには負けません。うちのが一番!」これ重要!(笑)

飛散防御

寒い~ォ━━(#゚Д゚#)━━!!
最高気温で2・3℃って?
9連休で良かった~
朝、自転車なんか乗れないって!

自宅で林檎ジャムを作っている。

林檎は実は煮崩れないが、皮はきれいに溶けて無くなる。
フードプロに粗くかけて皮ごと使えば、少しピューレぽいがギリジャムでイイかも?って感じ。
かけすぎても裏ごししちゃっても、林檎のシャリシャリ感がなくなるので粗めがベスト☆
これはこれで美味い
林檎ジャム、かなり好評☆(*^_^*)

皮ごと使うのが条件なので、林檎は皮ごと食べられるもの。
だからジャムにしても当然美味い♩

ただ、最大の欠点は煮てるときにあちこち飛び散ること~
形状的に餡の煮詰めで練ってるときと同じ状況。
なので飛散防御

飛散防御

正規の商品名は油除けガードだった気がするが、揚げ物に使用したことは一度も無い(笑)
餡を練るときに使っている。
餡は熱いんですよぉ~

さらに床に新聞紙。
飛び散るのは仕方がないので、被害を最小限にし後片付けが楽にすること。

タオルミーナ真上

なんだか分からない画像だが(笑)、寒いのでミーナはタオルかぶってコタツ布団の上で寝ていた。
この前に段階では父の膝の上でタオルがかかっていたが、父がいなくなったがそのまま動かないでこの状態。

タオルミーナ正面

正面から。
分かりづらいが、今まで右側にしか生えてこなかった白いヒゲが1週間ほど前に左側にも1本生えてきた。
そのうち全部白ヒゲになっちゃうんだろうな~
「お前の来年成人式(20歳)だな」と父がいったが、猫の20歳は成人を十に通り越してるんだけど~

同じ柚子で林檎なのに~?

スイート年末分

昨日(日)・今日と年末年始に向けてチョコと格闘中!

型が無事に増えて(笑)
4個×4個(型)=16個 → 4個×7個(型)=28個 に一度に作れる量が倍近くになり楽になった☆

ただ、型が増えてもテンパったチョコは固まるの早いので流す作業は半分づつしないと
ロリポップ棒を奥前に・チョコをならす前に固まってしまう。

前から思うんだけど、助手がいればなぁ~(笑)

「『猫の手も借りたい』なら、猫の手(ミーナの手)があるぞ~」と、父はいうが
ミーナの手は絶対借りないし、チョコに限らず何か作業中は近寄らせません!

違う柚子と林檎

土曜は林檎(ふじ)ジャムと柚子ジャムを作ってみた。

柚子はラディッシュで毎年恒例の冬至サービス品と巷の直売所のを使ったが、
去年作った高知県の馬路村の予約購入した無農薬お山の柚子と全然出来が違ってしまった!!

馬路の柚子はすごく果汁が豊富でジャム
今年のは果汁が少ないというか、馬路がすごく高品質であって、たぶんこれが通常の柚子並でママレードになった。

これはこれで柚子ママレードなんだけど、去年の柚子ジャムに比べるとなんかつまらない。

柚子で1発当てたというか全国に名をとどろかせただけあるんでしょうね。
それなりにお値段するなあ~と思ったけど、品質的には妥当だとよおく分かりました。
来年はまた馬路の無農薬お山の柚子を予約して柚子ジャムを作りたいです。

柚子に限らず柑橘ママレードは手間かかるので大量に作るのは大変なので、今年は柚子は皮をおろして冷凍するだけにします。

林檎はよつばのアップルファームさみずのオーナー特典のふじ
先に届いたシナノスイートも美味かったが、これも美味い♪
もったいないので半分はそのまま食べることにした。
それでも大玉が10個くらいきたので、オーナーは超超お得なので来年もなります!
来年はもう少し口数を増やしたいです。
でないと悪い気がします(笑)

すっごく美味かったんだけど、ジャムにしたら先に市内の果樹園のふじに比べ色味が赤身が少なめで水分量も少なめの出来でした。
同じ品種の「ふじ」なのに、同じく皮ごと食べられる林檎なのに、産地が違うと微妙に違うのかもしれない。
ま、同じ土地でも農家さんによって同じ品種でも違うから~、そんなもんかも。

やっぱり結論として、ジャムにするのに合うのは酸味が強くて煮崩れて、さらにある程度水分量があることだと思った。

とりあえず、これでジャムは今年は終わり!

火・水は出勤で、木・金にチョコやって、チョコも今年はそれで作るのは終了予定。

24日(土)出勤して、日・月休みで、最終週は火・水・木・土(31日)が出勤。
ここらは「終わらないけど帰ります」は無いので、「本当に終わるまで帰れません」だから、
自分の内職うんねんや所用は23日までにやらなければ、年内は出来ませんになるので、今週が勝負!

今週なんとか頑張って、谷間の休みの30日は正月用の和菓子とか作りたい。

HOME →次ページ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

おやちゃん☆

Author:おやちゃん☆
おやちゃんです。
「おやちゃんさん」の「さん」付は禁止です☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク