2017年の目標は『勝負』です☆
『ちょこぼう』撤収。
2017年02月23日 (木) | 編集 |
先ほど『ちょこぼう』の撤収作業をしてきた。
賃貸期日は2月24日(金)までだが、金曜はらでぃしゅ&よつばが来るのと夫が休みで映画を見に行く予定。
本日木曜は午後3時から耳鼻科の予約があるので、昨日撤収&掃除は終了したのだがさっきは忘れてたとこと最終チェック。

1ヶ月借りてみて、良い経験をした。

やっぱり専用の作業場所があるのはイイ
生産性と品質性が上がる!

実際やってみると色んな問題点や考慮すべき点も分かった。

最大の難点は自宅から20分~かかること。
チョコレートは溶かす・固まるまでの待ち時間が長いので、そこをどうするか?
自宅なら待ち時間の間に家事・所用を済ますとか出来るが、家に帰るのは時間のロス!
色々やってみてベストだったのが、スポーツクラブまでは5分ほどで移動出来る。
チョコレートをチョコレートウォーマーにかけてから、ジムでレッスンを1本出てから戻る。
そうするとチョコが溶けている状態。
型に流し、洗い物をして、帰宅。
翌日型から外す。

自宅と違い型を並べて放置してても全く問題ない☆
理想は半日ほど放置してから外すのが良いので、なおさら良し☆

翌日はチョコレートをチョコレートウォーマーにかけてから、型から外す。
包装して、次の準備してるうちに、チョコレート溶けてくれるかな~?って。

今月から勤務時間が13時までになったので、職場からは10分ほどで着くので仕事帰りに寄れるようになったのはデカい!
上記同じく先にチョコレートをチョコレートウォーマーにかけてから型から外して包装して昼食食べるとチョコレート溶けてるでしょ?って。

もう一つの問題点は、賃貸物件なので床とかテーブルとかキッチンとか傷つけないように汚さないように気をつかうこと(゚д゚)
自宅なら全く気にしない気にならないのに~(笑)
初日に気づいたが、知り合いで勢いとはいえ最初に初めからあった床の傷とかチェックしなかったのは失敗したな~と思った。
きちんと物件借りるときは最初に撮影とかしてチェックしようと思った。

色々勉強にはなりました。

衛生安全責任者の講習で知り合った人がプロ(商売)とアマ(趣味)の境界線はどこにあるのかな~?と話したときに

「1歩踏み出せるかどうかだよね!踏み出して実際にやってみて分かることもたくさんだし」

うん。確かにその通り!
テンパリングは完璧だった。
2017年02月01日 (水) | 編集 |
ちょこぼうでの作業2回目。
やってみないと色々わからないもので、何かとバタバタしたりしたが
やっぱり邪魔が入らず自分だけの空間は最高ヽ(≧∀≦)ノ
集中できるし、焦らずに済むのでゆとりもある。

しかし、やることはやってしまった!
たまにやるチョコレートウォーマーにゴムべら転落(T_T)
またキレイにすっぽりゴムべらが入る大きさなんですよぉ~

けど、引き上げて気づいたら見事に綺麗にコーティングされていた(笑)

ホワイトテンパリング

ホワイトチョコで白いゴムべらだから画像分かりづらいのだが、本当にブルームも全くなく薄く完璧に綺麗に固まっていた(爆)

テンパリングは完璧だったってことでo(≧ω≦)o
チョコレートウォーマーはホントに偉大だわ~

12月の末に久々に教室に正月用の和菓子習いに行ったときに、仲の良い教室の先生に会話の流れの中で
たまにはチョコレートの上のクラスにもおいでよ~
チョコレートウォーマーでテンパリングしてるから、もう湯煎で今更(上のクラスなのに)やれないし~
でも、機械なんでしょ?

それ以上何も言わなかったけど。
チョコレートウォーマーはテンパリングの機械じゃなくて、ただの保温器ですから!
パンでいえば発酵器みたいなもんだから!

よく考えたら、通ってた教室ってパンがメインだから発酵器ズラッと並んでて、生徒にも推奨しているしオリジナル発酵器もあり・たまにセールする。
発酵器無くても、発泡スチロールやビニール袋などなどで代用する方法あるけど、
やっぱり発酵器があると作業工程も出来も全然違う!
だから教室でも普通に使っていて、推奨してるわけである。

で、気がついた!
ってことは、ここの教室はケーキと別にチョコレートコースを設けているのだからチョコレートコースではチョコレートウォーマーを使うべきなのではないのでしょうか?
価格だって一番安い小さいサイズは発酵器と値段同じくらいだし。
チョコレートウォーマーが、あるとないとじゃ、パンの発酵器と同じく作業工程も出来も全然違う!
チョコレートアカデミーは当然ありました。
別にテンパリングのデカい機械があった。

和菓子のときも思ったけど、たぶん今後教室に行くことあってもパンだけにしようっと(笑)

で、今度パン教室行ったら、こう言おう(爆)

チョコレートウォーマーはパンでいえば発酵器だから!
『ちょこぼう』始動
2017年01月29日 (日) | 編集 |
昨日は『ちょこぼう』稼働初日でした。

実際に稼働してみて、色々実感しました。

デメリットは、やはり少し自宅から離れている。
職場にフル出勤すると考えれば、30分くらいだから十分通勤圏内ではある。
朝は道が空いているので20分ほどで到着するが、帰りは夕方過ぎると土曜でもやはり高架下周辺が混む。
9時にはスタートして、5時までに撤収するのが良さそうだ。
午前1回&午後1回の2回転したほうが生産性が高い。
午後の2回目は翌日に型から外せば状態も良く時間効率も良さそうだ。
自宅や福祉プラザだと一晩そのまま放置するわけにはいかないが、完全にチョコレート専用作業場なので有

メリットはやっぱりそれ!
チョコレート専用作業場だということ
誰の邪魔も入らないので余裕持って集中できる
道具もセッティングしたままの状態で済むので、作業開始が早い☆

スポーツクラブは近いのでチョコレート溶かしている間など待ち時間を上手く調整すれば、日常生活も豊かになる(*≧∪≦)
体を動かした方がリフレッシュするので、その方が理想的☆

稼働してみて、前半ガンガン作業して在庫数を確保したら、後半はガナッシュやナッツ入りのボンボンショコラとか色々試作出来ればイイな~♪

1ヶ月限定『ちょこぼう』
2017年01月25日 (水) | 編集 |
先ほど引っ越し作業をしてきた。

スポーツクラブでよく一緒になる人が所有する空き家を1ヶ月限定(1月23日~2月24日)借りることになった。

「将来的に家の近くに3万円くらいで物件借りたいな~と思ってる」という話を何かの話題の流れで出たら

「それなら私が3万円で貸したげるよ!」と。ほぼノリと勢い出た(笑)

亡くなったご両親が住んでいた家で普通に賃貸するのはほぼ2世帯で大きすぎるし、親戚とか年末年始に法事などで集まったときに宿泊施設&集会所として使ってるらしい。

確かに、私が教室や作業場として使うには広すぎる。
が、目先チョコレートを作る作業場として借りるには光熱費込みの3万円はお得
福祉プラザ借りようかな~とか思ったくらいので、福祉プラザ調理室を9時~17時まで借りると3,500円+消費税。
1ヶ月好き放題使えて、道具なども最初と最後に異動すればイイ。
何よりオッサンズ&ミーナの邪魔も一切入らない(爆)

欠点は自宅から少し遠いくらい。
地図で見ると直線距離的には6キロないけど、駅挟んで西と東。
自宅から車で20分くらい。
職場から逆方向で、職場からは自転車で行けるがどこかで線路下を通らねばならない。
スポーツクラブは自宅よりかなり近くなる。
効率を考えるとチョコレートウォーマーにチョコ入れてスイッチ入れ、
溶かしている間にスポーツクラブに行き、
戻ってきて作業をする。
放置しっぱなしでイイので、チョコの理想の12時間~型に入れて翌日外し包装。
翌日同じことを繰り返す。

やってみないと分からないけど、たぶんこれが一番効率良さそう☆

チョコレートは使う道具も材料も少ないので、家でお菓子やパンなど作る道具は私は定番の道具は2・3組持ってるので問題無い。

チョコレートをすると、温度・湿度上げられないので蒸し器・オーブン使用不可
そもそもチョコレートモールドやチョコレートウォーマーが幅をきかせてるので何も出来ない。

完全に貸家をチョコレート専用作業場所にすれば、家で同じ日や前後に蒸し器やオーブンものが作れる

1ヶ月有効に使わねばもったいない!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

一応貸家をネーミングしてみました☆

月香茶会チョコレート工房
略して『ちょこぼう

作業所・ラボ・ファクトリーとか色々考えたが、工房が規模・内容でしっくりきた☆

昨日は仕事だったので
とりあえず今日はチョコレートウォーマーなどの引っ越しのみ。
ちょこぼう稼働は土曜からの予定。

1ヶ月無駄にしないように、無理のない作業計画立てて頑張らないと
増産
2016年12月23日 (金) | 編集 |
年末年始に向けチョコレート作った

スイート年末完成

ホワイト年末完成

トラブルもありましたが、型が4個から7個に増え、一度に作れる数が16個から28個に増えた。

全然効率が違う!

今まで50個作るのに3回転しても足りなかったのが、ロスが10%発生しても2回転で済む!
これは大きい!

一流のショコラティエもいってるが、『チョコレートはきちんとテンパリングしても(ウォーマーに保温しても)ベストの状態なのは最初だけ』

いかに、最初の1回で作れるかが品質向上にもなる。

が、数が増えると、色々別の問題も発生する。

ウォーマーがあっても、肉球部分に絞り袋に入れて絞るスピードが今より倍近く速くないと一気に7個の型いけない
7月に東京チョコレートアカデミーに行き、春に比べてかなり作業効率アップしてるが、現在の私だと一度に絞れるのは4個(16個)
型5個目に入ると、絞り袋の中の量も少なくなるしチョコが温度が下がって固まり始める。

ただ、チョコレートウォーマーがあるので2回に分けても温度が保てる☆
ただし、2回目入れる前にキチンと温度計確認要!

型だけでなく、作業効率上がった要因は放射温度計
春まではデジタル温度計二つ使ってたが、放射温度計なら一つで済む☆
洗い物を減るし、色んな場所を計測出来るので誤差が少なくなる。

テンパリングは、せっかく東京チョコレートアカデミーで習ったので大理石で温度下げる方法を自宅でもやってみようと思い10月に合羽橋に行ったときにテンパリング用のヘラ買ったが、一度も使ってない(笑)

だって、チョコレートウォーマーのほうが便利で確実で楽なんだもーん♪

合羽橋のお店で進められ購入した本で『ショコラティエの技術』で色んなテンパリングが紹介されている。
この本の長所は5人の一流ショコラティエによるもの。
一流の職人でも一人一人考え方や求めるものが違うので、微妙に温度差あり、それを1冊で比べられる。
その中の二人が紹介しているのがチョコレートウォーマーによるテンパリング。
少しやり方は違うがチョコレートウォーマーを使う利点は手間がかからず効率が良く衛生的なこと。

この本でも東京チョコレートアカデミーも大理石などでテンパリングしても、最終的にチョコレートウォーマーに移動するんだし。
東京チョコレートアカデミーで見た自動のテンパリングの機械だって攪拌してるけど結局は同じ容器だし。
使う道具もチョコレートウォーマーと混ぜるゴムべらと放射温度計があればイイ。
洗い物も少ない☆

いずれのテンパリング方をしても、チョコレートウォーマーが無い限り、ある程度の量のテンパったチョコの保温が不可能だから
型を増やしても作業が出来ないのだから意味が無い。

効率良く品質も良いチョコレートに必要なのは、まずは道具と型!

もう、チョコレートウォーマーは手放せませーん(笑)