2017年の目標は『勝負』です☆
今年出来ないことは来年もきっと出来ない。
2009年08月30日 (日) | 編集 |
木曜夜、スタジオ練習があったとき、

「とりあえずライブやんない?」

ライブといっても使用してるスタジオで第2土曜に開催されてる1バンド15分のイベントなんだが、
去年の8月に出たきりだ。

思えば、去年の9月にリーダの知り合いと対バンでやった以来人前でやっていない。

今年にはいってメンバーの仕事が忙しいとか、順番に体調不良になったり、
とどめに学級閉鎖ならぬ1回スタジオキャンセルに3月になったりした。

ただ定期的に集まって練習してるのも、一応先には人前でやろう!というのがあるわけで。

「で、いつにするの?」

「12月か年明けかな~」

えええ!!!そんな先かよ
私の中じゃ9月はいまからじゃ無理だろうから10月か11月だと思ってたんだが。

「それって先過ぎない~?11月とかは?あと2ヶ月あれば大丈夫でしょ?」
「でない今年も終っちゃうよ。今年出来ないことは来年もきっと出来ないよ
 
と、私の意見で一応11月ということになった。

ここで自分で言って思ったんだが、今年出来ないことは来年もきっと出来ない。
今出来ないことは、今やらないことは、きっといつまでたっても出来るようにはならない。
これはバンドだけじゃない。
自分自身も日頃の他のことについて生活を改めねばならん!


とゆうことで、まずパソコンというかネットの時間を削って他に当てまーす!
パソコンも肩や首に長時間するとよくないですから~
今も毎日更新してないけど、しばらく週1か2にしときます。

あとは無駄にテレビを見ない。
ま、あんま見てる方ではないほうだと思うんだが。
別のサイトにて24時間テレビについてレスがあって、あれはチャリティーではなくやらせ番組みたいだ。
本物のチャリティーや本当に何かを訴えるのなら、24時間テレビ放送を休みにすればいい。
「この日はテレビを離れて有意義にお過ごしください」と字幕を流しておけばいい。
その分のテレビ局の運営費用を全て寄付すればイイ。
災害用緊急用にNHK1局だけ残して各局休み。
もちろんテレビゲームもネットも禁止。
こちらも役所や企業・病院などを除いて回線休止。

きっと何か大切なもの・ことに気づける日になるんじゃないかな。
かぼちゃの浮島
2009年08月26日 (水) | 編集 |
1週間ぶりの日記だ。
もうすでに日記でなく週記。
まあ、いつも毎日更新しないんだけど。(笑)

ここんとこ特に首から肩にかけて相当凝ってて、昨日このまま放置しとくと危険!と思い、
ハンド&リフレしてきたらかなりスッキリした。
特に右は凝ってるのが分からないくらい重症だったらしい。

で、この原因の一端が枕だと思い昨日は別の枕で寝たとこ、やっぱりそうだったらしい。
けっこう良い(高い)枕だったんだが、そろそろ買い替えらしい。

首や肩も凝ってたんだが、この冷夏の中でも夏限定屋外プールに行ったのが祟ったとのか、急に耳鼻周辺が悪化して耳鼻科に週に3回ほど通う羽目になってました。
早く手を打ったので今は平気。

まあ、そんなこんなでPCしばらく放置してました。

PCは放置してても食べることは放置せず!
かぼちゃの浮島を作ってみた。

IMGP0747.jpg

これは去年習ったものだが普通和菓子は角枠使いこれもそうだったんだが、
うちで浮島作るときはほぼセルクル。
これは15cmセルクル使用。
蒸器が丸い蒸篭なので丸枠のが相性イイし、何となく四角より丸い方が可愛い♪から好きだ。

IMGP0748.jpg

教室で作ったときにカボチャの色=仕上げの色になり使うカボチャによって皮と実の色がぼんやりするので、うちでは皮の生地に抹茶を粉と一緒にふるって入れて緑をはっきりさせてみた。

かぼちゃがけっこう入ってるので普通の浮島よりずっしりしてるけど、しっとりしてて栄養もあってイイ感じ♪
イイ感じなんだけど、「野菜をお菓子に使わなくてもイイのに~」という夫は一切れ食べて終了・・・・
西瓜と対して変らないだろう?って思うんだけどな~
贅沢な奴だ。


IMGP0749.jpg

チーズパンも焼いた。
中にチーズと表面にも粉チーズ。
生地が卵黄のみ+水で照りタマ無でもかなりこんがり焼き色ついた。
食べると、あっさりしたブリオッシュみたいな感じでこれ有かも!


明日は夜8時から1ヶ月ぶりのバンドスタジオ練習。
首や肩が凝ってる原因の一端はココにも~
これはベースを肩にかけて弾く以上どうしようもありません。
なので日頃家では長く練習しないようにして防止に励んでおります(笑)
それはそれで問題か?(爆)


テーマ:手作り和菓子
ジャンル:趣味・実用
西瓜作った♪
2009年08月21日 (金) | 編集 |
IMGP0745.jpg

冷蔵庫に小玉西瓜が半分残ってたので先月習った西瓜を作ってみた。

皮に対してちょっと西瓜羊羹の量が多くてはみだした。(笑)


家で作ると教室と勝手が違うので問題点と改善点が分かるのだが、
これの問題点は作るの自体は簡単だが工程が多く洗物が多い
されど和菓子なので油分ないので洗うの楽だが、洋菓子並みに洗物でる。

基本分量で半分の西瓜4個分なんだがどうせ作るなら次はもっと大量に作ったほうが良さそうだ。


IMGP0744.jpg

皮の焼きあがりです。
性格はこおゆうとこによく現れる。
大雑把で適当なので柄が大きく最後ココア生地が足りなくなって柄が途切れてます・・(笑)

でも、出来上がりはちゃんと西瓜に見えてるよね?
テーマ:手作り和菓子
ジャンル:趣味・実用
クリームみつ豆になった。
2009年08月18日 (火) | 編集 |
IMGP0743.jpg

あんみつを作った♪

なぜ、あんみつかといえば。
その前の晩、夕食後に例の京橋千疋屋のフルーツポンチを開封したのだが、
私だけ食えないので蓬入り白玉を作り、おっさんズはフルーツポンチ・粒餡と合わせて、私は白玉に粒餡・きな粉で食べたのだが、
「これ美味しくなーい!!」
「おやちゃんが食ってるきな粉がけのほうが美味いじゃーん!!」
「これ特にシロップが不味い・・・・・。スーパーで売ってる缶詰の方がよっぽど美味いよ」
と、おっさんズから超ダメ出しされる京橋千疋屋。
ショコラさんのコメにより千疋屋も3タイプあることが分かり我家では
「船場吉兆の千疋屋版」と呼ぶことになった。
まあ、酸味料とか入ってるシロップなんだから美味いわけないんだけどさ~
あまりにも不評だったので、ちゃんとしたみつ豆を作ることにした。


具は、糸寒天使用寒天・赤えんどう豆・手作り粒餡に求肥。
あんみつやみつ豆といえば白玉でなく求肥!
少しの量なので白玉粉使って電子レンジで作った。
黒蜜は黒糖に少し水飴加えとろみをつけてみた。
冷凍庫に1個だけ残ってたハーゲンのバニラをのせたので、クリームあんみつになった。
写真は黒蜜かける前。
かけてしまったらサッサと食べるに限りますから。

うーん!美味い♪
なにせ使用してる原材料全てが安心安全の高品質☆
もう間違いありませーん。(笑)


IMGP0742.jpg

ハーゲンのバニラのカップや蓋を舐めるのが大好きなミーナであったが、
2階のパソコンの椅子の上で熟睡してたが本能で気付いたのはイイが時すでに遅しでバニラにありつけず。
ものすっごい不満げだった。
その仕返しか早朝から大騒ぎしていた~
テーマ:手作り和菓子
ジャンル:趣味・実用
粒餡も作った。
2009年08月16日 (日) | 編集 |
IMGP0737.jpg

白こし餡に続いて粒餡も作った。

手亡買うときに、ついでに小豆のこし餡も作ろうと思い北海道産の普通サイズの小豆も購入。
が、白こし餡(手亡3合分)を作ったときの漉す(30メッシュ1回60メッシュ1回)作業に2時間近くかかったので、
こし餡を諦め粒餡になった。。

柔らかくするのは白餡を同じくシャトルシェフを使ったが、ちゃんと半日ほど蜜漬し・仕上げに水飴を加えてキチンと粒餡を作った。
手抜きするなら蜜漬飛ばしてただ練り上げるだけの粒餡ならぬつぶし餡にしようかと一瞬思ったが、せっかく家で手作りするのでそこはちゃんとした。
市販品は粒餡といいながら、つぶし餡というか教室でいうパン用の小倉餡みたいなの多いので差別化しました。(笑)

キチンと仕上げたので見た目の照りもイイし、そのまま食べても充分美味い♪


昨日は夫がなぜか土曜、盆のさなかに休みで、壬生のおもちゃ博物館へ、
今月いっぱい展示してある映画「ヤッターマン」の大道具を見に行った。

IMGP0738.jpg

等身大のヤッターワン。
残念ながら乗ることも触ることも出来ません。

IMGP0739.jpg

ドロンジョ様のソファーとドロンボの脱出用自転車。
これも見てるだけだが、正直かなり安っぽい出来だった。(笑)
これ3人乗りするの相当難しかったんじゃないのかな~

館内はおもちゃ博物館の名どおり、玩具がいっぱいで、こちらはけっこう遊べるようになっていた。
特に小学生低学年以下のおこちゃまには最高でしょう。
古き懐かしいのから最新の子供用玩具が充実してるし、売ってます。
ヤッターワンの背後に見えるおみやげ売場ではものによっちゃ市販価格の半額!
売れ残りなのかと思ったが、ここは玩具メーカーの製造団地があり、最寄の駅名も「おもちゃのまち駅」
農産物直売所ならぬ、玩具直売所かも?(笑)
スポンサーがついてるのか、「ご自由にお持ち下さい。一度出したカードは箱に戻さないで下さい」
と、行った時はコブラのカードがカゴにドサッとあり、夫は喜んでもらっていた。
1人何個までと制限は書いてなかったがそこは良識ある大人なので
「1個だけにしときなさい!」と夫に言っときました。

壬生まで車で30分ほどなんだが日頃来ることが無い場所なので、ついでに近くのバンダイミュージアムにも行った。

IMGP0740.jpg

ここの目玉は等身大のガンダム。
しかし上半身のみ!(爆)
ただしココのは企画展示でなく常設展示なのでいつでも見れます。
お台場と違って室内。
室内だから上半身だけなのかもなあ~
こちらも触れません。

ここは完全に工業団地(おもちゃ団地)の中にあり、元々バンダイの製造工場の一角。
ガンダムの他に人間サイズのザグの軍団や、歴代のガンダムの玩具。
そして玩具の歴史ということで年代ごとの玩具がズラーッと展示されていて、
仮面ライダーや戦隊ものが全種類、魔法少女ものやキャラクターもの、
昔懐かしい玩具がこれでもかって有マニアにはたまらないんでしょうね~
私マニアでもオタクでもないが、昔遊んだことある玩具は懐かしかった☆
ただし、こちらは大人向きな気がした。
子供からすると生まれるはるか前の玩具やキャラクターはなんだか分からないらしく、
親が喜んでるのに子供があきてる親子連れがあちこちにいました。(笑)
最後のほうは新しいもののコーナーなんだが、基本バンダイ製品のみ。
古いほうは玩具の歴史として他メーカーのもあったけど。

ずーっとプリキュアのテーマソングが流れていて、出る頃には思わず口ずさんでいた自分がいた。(爆)
アニメソング恐るべし!
テーマ:手作り和菓子
ジャンル:趣味・実用
手亡つかった。
2009年08月13日 (木) | 編集 |
IMGP0728.jpg

久々に白こし餡を手作りした。

自分で作るとありがたみが分かる。(笑)
何たって漉す作業が大変!
煮るのはシャトルシェフ(保温調理鍋)で手抜きしたが漉す作業は手抜き出来ません。
フードプロやすり鉢でしたら別の物体になります。
保温調理鍋や圧力鍋は柔らかくはなるが、コトコト煮るのとは違う仕上がりになるんだが、
そこは家庭で作るというので省略したけど漉すのは省略したらこし餡を手作りする意味が無くなるのでダメだ。
リーダーいわくプロの方々が業務用の製餡機が漉す作業までして、仕上げの練り上げだけ手作業らしい。
またこの練り上げる作業も大変だ!
餡がはねるし、これがめっちゃくちゃ熱い

これからさらに練りきりとか作る手間考えると、上生菓子がそれ相応のお値段するのがよく分かる。

IMGP0727.jpg

今回は手亡を使いました。
比較の為右は小豆。

いんげん豆か白花豆で作ろうか雑穀屋で迷っていると

「何作るんですか?白こし餡。それならこちらがおすすめですよ☆」

と見せてくれたのが手亡。
市販の白餡の原料ではよく見るが実物を見たのはこれが初めて。
ちょっと大きめな白小豆かと思ったが色は白い。
白餡を作ってみても白小豆が黄味がかりで手亡はピンクがかりって小豆より早く柔らかくなった。
感じも業務用というか市販されてる白餡ぽい仕上がりになった。
やっぱ、プロは手亡使ってるんだな~

これで何作るかな。
とりあえず今日は漉す作業で疲れたのでおしまい。(笑)


昨日は夫と隣市のウォータースライダーとかある大きなプールに行って来ました。
久々の晴天で夏らしい陽気でまさにプール日和
それは良かったんですが、うっかり日焼け止め塗り忘れた後肩部分が~
海に行った時もそこは塗り忘れてたんだが曇り空とじゃだいぶ違った。
次行く時は忘れないようにします。。

IMGP0726.jpg

プールから家に帰ると、カタログギフトで選んだ「千疋屋ギフトセット」が届いていた。
普段全く縁がない店なので試しにどんなもんか頼んでみたんだが、ひどいです
黄桃とフルーツポンチには「着色料(ラック)」他にも酸味料とかもあり。
杏仁豆腐は原材料に杏仁の文字が無くただの牛乳寒。
ざくろ果汁も糖類・酸味料いり。
唯一まともだったのが栗渋川煮くらい。(原材料:栗果肉・砂糖・洋酒)
これじゃスーパーで売ってる缶詰やチルドパックと変らない。
いくら店頭で扱ってる果物が高級品だとしても、ギフト商品だから手抜きしてるとしか思えないし、
手抜きしてもイイと考える心がもうダメです。
たぶんこれ5千円くらいする商品だと思うんですがその金額でこれは詐欺だと思います。
『千疋屋』だから、というので注文したり購入して贈り物にされた人を裏切ってます。
これで一生縁が無い店になりました。

しかも、私が食べれるの栗渋川煮だけじゃーん!!!
おっさんズにもあんま食べさせたくないんだけど、これどうすっかな~


IMGP0724.jpg

ミーナに食わすわけにもいかんしな~


テーマ:手作り和菓子
ジャンル:趣味・実用
海に浸かった
2009年08月08日 (土) | 編集 |
昨日は10年ぶりに海に浸かってきました。

北関東自動車道の茨城県側が全面開通し、今まで茨城の海まで約3時間かかってたのが約1時間になったので、今年は結婚してから一度も夫と海水浴をしたことも無いし久々に今年の夏は海に行こう!

と、思ったのだが天候がこんな状態で。。
中々行けず。
夫の次の休みが12日なので、とりあえず曇りならGO!だったんたが。
昨日は朝からけっこうな雨。
でも茨城は晴れてるかもしれない。
と雨天決行。
高速に乗り茨城近づいてきたら雨も上がりうっすら明るくなったので何とかなりました。

が、海は冷たかった
「本日は波が高いのであまり沖に出ないでください」
な状態でホント海に浸かったって感じだった。
私はまだ平気だったんだが、夫が鳥肌立って若干震えがちだったので1時間ほどで終了。

ま、気分を味わったってことでイイか。


帰りは大洗サンビーチ近くのアウトレットに寄った。
佐野や那須に比べると良い意味でこじんまりしたアウトレットだった。
面積も狭いが、2階建て構造で逆に楽に見やすい。
店舗数は案内によると80店舗ほどで充分。
身の丈にあった経営な気がした。
しかし海のそばの為かやたら水着を扱ってる店が多く、
全体的にどこも明るく海辺のリゾートみたいな色・柄のものが多く、
どこのアウトレットでもお馴染みのブランドでも他所では見た事がない華やかな商品が多かった。


アウトレットの斜め向かいにある温泉施設にも寄った。
ここは当初寄る予定は無かったが海の家の温水シャワーでは砂が完全に落ちきらず、
「どこか日帰り温泉施設とかないかな~??」
と、探したら10年以上前に来た頃は無かった立派な新しい施設があった。
常連らしい地元のお年寄りの方々もいたが大半の客は私達と同じく海水浴帰り。
家に帰るまでに砂落としてさっぱりしたいもんね~☆


とりあえず、海は行ったので次はプールだ!
でかいプールは海よりも冷たいので天気良くなってほしいなあ~
粉寒天は天草じゃない?!?!
2009年08月04日 (火) | 編集 |
IMGP0714.jpg

昨日はパン研修会後半でした。

前半が4時くらいまでかかったが後半は3時くらいで終ったし、クロワッサンとか手間かかるもの無かったので少し楽だった。

前半に比べ、ライ麦・胚芽・米粉・黒米入りとかヘルシーで食事系パンが多いんだが、
写真であるメロンパン・チョココロネなどの菓子パンや惣菜パンから消えていき、
今見事に健康的な食事パンが残っております(笑)
これはきっと私1人で消費することになるんだろうなあ~


研修会の帰りに教室近くの雑穀屋でみつ豆用の赤エンドウ豆を購入。
そこでいくつか新たな発見があった!

貴重な糸寒天がそこにあった。
寒天ブームのときに棒寒天が品切れになったときに代用で仕入れたのだが
「糸寒天ないんですか?」と一度使った客からのリクエストにより常時置くことにしたそうだ。
『この寒天美味いな~♪』と、おっさんズでも違いが一口食べると分かるくらい歯ごたえとかの食感だけでなく風味自体が違う。
寒天にも立派な味が存在するのだ☆
一度使うとその美味さにリピーターが続出するのもうなずける。

そこにはご立派な棒寒天も1本140円で存在した。
「分量の棒寒天は昔からある長いのです。短いのじゃダメですよ。でも最近短いのしか売ってないのよね~」と、黒かん作ったとき和菓子の先生が言ってたが、そこにあった棒寒天はスーパーとかであるのと太さが違うというか本当にご立派な体格のもので、
『これは和菓子屋さんが使ってるものですから。手抜きして安く作るためのスカスカのと違いますよ』
そうだろうな~
もう見た目が前々違うもの。
これで作ったらまた一味違う美味さがあるんだろうな~
糸寒天無くなったらこの棒寒天を買おう!
ついでにここの糸寒天も買って使ってみなくっちゃ!

そしてさらにここで驚きの事実が明らかに。
粉寒天は今原料が天草じゃないですからね~

え?寒天なのに天草じゃない????
たしかに言われてみれば、そうなれば味が違うのも値段も違うのも納得いく。

私が家で使ってる粉寒天は教室で使ってるのと同じものと、宅配で同じメーカーが特別に国産原材料で無漂白と袋にわざわざ書いてあるものなんだが、
そもそも流通してる寒天で国産原料を使うと採算が合わないらしい。
タイミングよく先週金曜に宅配の会報に寒天メーカーのインタビュー記事が掲載されてその辺の事情が書かれていた。
それが値段の差なんだと思う。
スーパーで売ってるのに比べ教室や宅配の粉寒天は価格がけっこうお高い!
昨日のekkoさんのコメントから考えると安く販売されてるものは漂白みたいなもんをされてる可能性が高い。
だからわざわざ無漂白です!って表示をしてるのかも。
ちゃんとした原料使ってきちんとした製法で手間かけてればそれなりのお値段が発生するのは当然。

なのでうちの粉寒天はそこらで売ってる粉寒天で作ったものよりはるかに美味いし、凝固力も高い。
市販品の粉寒天より少ない量で同じ固さになる。
なんでか不思議だったんだけど、原材料と製法が違うんだから商品名は同じでも中味が違うものなんだから当たり前だ。
それでも糸寒天と比べるとまた風味も食感も違う。
これは工業寒天と天然寒天の製法の違いだと思う。

そうなると、ゼラチンやアガー(カラギーナン)も同じ事なんだろうな~
メーカやものによって値段がピンキリだし、同じ分量でも前々違うもんなあ~


糸寒天は汁物に加えたり色んな料理に使っても美味しいよ♪とも教えてもらった。
この店小売もするけどプロ相手の商売がメインなので行くと何かしら参考になる話が聞ける。
全体的に値段だけみれば豆も寒天などもネットや道の駅など直売所より少し高いけど、
素人目に一目見てモノの違いは分かるし、市内でこれだけ色んな種類の豆などの商品を眺められるところはない。
ためになる話も聞けるし☆
いくら時代がすすんでも、やっぱり対面販売が一番だ


IMGP0710.jpg

金曜日はクッキング教室に行って来たのだが、サラダは良くある材料で家でも量を増やして作ろうかなあと思うが、クレソンのビシソワーズとシーフードパイ包メレンゲのせクリームソース添えってすっごくお洒落で美味しかったけど、おっさんズが食わないと思うし夕飯がこれだと私も食べた気にならないのでやらないな~(笑)

やっぱり夜はしょうゆ味のおかずに漬物に味噌汁にご飯です☆
テーマ:手作りパン
ジャンル:趣味・実用
糸寒天使ってみた。
2009年08月02日 (日) | 編集 |
教室で習った黒かんを作ってみた。

棒寒天が家にないので糸寒天を使ってみた。

IMGP0711.jpg

糸寒天を使うのも見るのもこれが初めて。
「最近長い棒寒天売ってる店も少なくてね~」と和菓子の先生が言ってたが、
糸寒天は製菓専門店でもお目にかかることは少ない。
これは宅配で去年たまたまスポットであって珍しいし1度試してみようと購入して半年以上家で眠ってたままのもので。(笑)
賞味期限3年あり、まだまだあるので大丈夫ですがね。

初めて使うので糸寒天の袋に同封されてた紙にある通り、水に3時間つけて戻した。

IMGP0712.jpg

この状態で食べられるそうでサラダや和え物にどうぞ。とあった。
原料海藻だしこんな感じのが海藻サラダにある気はする。

でも作るのは黒かんなので、ちぎって分量の水に入れ溶かし、黒糖加え溶かし、粗熱取ってから型に流し冷やす。
これは棒寒天や他の寒天の扱い方と一緒。
棒寒天と比較すると早く綺麗に解け、溶け残りはほとんど無い。
粉寒天と比較しても初めが固形な分解けたのが確認しやすい。

寒天は種類やメーカー・商品によって量が違ってくるので、量をどのくらい使うか考えた。
棒寒天1本が約8gらしいので同じ量で8gにし、後は教室の分量と同じ水400gに黒糖50g。

IMGP0713.jpg

冷蔵庫で冷やしたものをカットした。
見た目は黒糖の違いもあるので教室のと色が少し違うが、もっとも大きな違いは弾力!
切るときにもう感じた!
そうこれこれ!私が求めていたのはこの弾力☆
教室で作ったのは棒寒天のわりには粉寒天みたいな感じでイマ一つもの足りなかったが、
これは老舗の甘味屋さんで豆寒の寒天とかの味♪
糸寒天は最上級の寒天と呼ばれることもあるらしいが、それ分かる!

粉寒天で同じ固さくらいの固さにするのは出来ても、この寒天独特の風味と弾力は出ない。
粉寒天だとこの分量の水だと1gで同じような固さになると思うが、寒天を使う量もあるのかな~?
黒糖入れる前の寒天を溶かした状態の色が、甘味屋の寒天の色だったもの。
粉寒天だともう少し色が薄い。

これで、ところてんとか作っても美味いだろうな~♪
でも杏仁豆腐や水羊羹は粉寒天のが美味いな。
練り羊羹なら糸寒天でも有かな~

とりあえず次は豆寒しよっと。
えんどう豆買って来なきゃ!
テーマ:手作り和菓子
ジャンル:趣味・実用