月香茶会分室ブログ

2017年の目標は『勝負』です☆

うぐいす餅?

IMGP0075.jpg

うぐいす餅を作った。

材料は、餅粉・砂糖・水が同量の求肥に卵白ちょっと加えた雪餅生地。
中は粒餡。
上に、うぐいすきな粉なんだけど~
うぐいすが緑じゃない~
色あせ防止か中が見えない袋に入ってたパッケージのきな粉は緑色なのに、
中味はなんとなーく普通のきな粉より緑が微妙にかかってるものだった。。。

「なにこれ?きなこ餅」と、おっさんズから言われた。
まあ、私もそう思うよ。

ただのきな粉だったらひと手間かけずに求肥でよかったようなあ。
でも、ひと手間かかってる分だけ雪餅のほうが美味いからイイっか。

次、うぐいすきな粉買う時は中味が確認出来る袋に入ったやつにしよう!

久々定番。

IMGP0072.jpg

桜が満開といことで、桜アンパン作った♪
アンパンばかりだとなんなので半分はチーズ入り。
2個は綺麗に切込みからチーズ噴出したが1個は下から流出~
1個は何も起こらず。。
急に温度が上がったせいか夜間発酵かけたら朝起きたら生地がパンパンでオーバー発酵気味!!
ドライイーストならアウトですが、過発酵でも発酵不足でも何とかなるのがホシノのイイとこ(笑)
同じ時間発酵してもまだ気温が低い為上がりが悪かった4日前に作ったフォカッチャ↓

IMGP0067.jpg

どっちもパン生地はとっても美味しかった♪

使ったのは定番のホシノ。
定番のホシノ使うのはすっごく久しぶり!
私が最初にパン作りしたときに使ったのはドライイーストでなく定番のホシノ。
どうせ手作りするなら天然酵母!って思ったからだ。

パン習うようになって、習ったのはドライイーストなんだけど基本は一緒なので
基本覚えたのと当時は定番のホシノしか無かったが今はたくさん種類があるので
菓子パン・フランスパン・丹沢と使ってみたけど、どれも発酵力って変わらない気がする~
本とか人によると丹沢が一番ってあるけど、キチンと生種が起きてれば一時発酵時間ってほぼ同じ。

違うのは風味。

名前のとおり菓子パンはリッチな生地にぴったりだし、普通につかってもリッチな生地ぽくなる。
おっさんズには一番好評だった。
私も普通に美味いと思った。

フランスパンはリーンな生地向きだけあって、これが発酵力がしいていえば一番強い気がした。
クロワッサンにも向いてるそうなのでリッチな生地にも使えるし、菓子パン系以外はこれが使いやすそう。

丹沢は生地の扱いのやすさという点で安定感ある。
クセがないので天然酵母苦手な人でも大丈夫な感じ。

で、定番はやっぱり王道!!
安心感というかオールマイティ。
フランスパン以外がこれがやっぱり一番かも~☆

ホントは色々使い分けしたいけど、一袋500g入りがほとんどで。
今回使ったのは定番だけにある50g×5個入りのものだったけど。
少し割高でイイので、色んな酵母50g×5個入りのも販売してほしいなあ~

久しぶりの練習

昨夜は久しぶりのスタジオ練習。
たぶん今年初。

3月17日に予約してたけど、輪番停電とかで中止。
「3月の予約全部無くなったから~
と、スタジオオーナーが言ってました。
そりゃあそうだろうなあ~

色んなとこで商売あがったりになっている。

その前日水曜はチョコ教室。

IMGP0069.jpg

トリアングル・デ・ショコラ・オ・フリュイ・セック
うーん、長い名前だ
私的に訳すと、「三角具沢山チョコケーキ」でイイじゃないのか?
和菓子に比べてケーキってネーミングセンス微妙~
画像分かりづらいが、三角形のシャレー型にスポンジ・中にドライフルーツとナッツ6種類ガナッシュ。
試食用の先生が作った分をカットしたもの↓

IMGP0070.jpg

これは厚く切ってはいけないらしい。
おっさんズは言わなければ絶対3等分にする(笑)

隣は、クープ・オ・ショコラ”リア王
なぜにリア王?か全く意味が分からないけど、
チョコムースにクレームアングレーズソースがけ。
一つ一つはすごく味は良いが、味が単調でひたすら甘く飽きる。
これだけなら量半分以下で上のソースもいらない。
バナナやコーンフレーク、バニラアイスにポッキーとか加えるべき!
嵩も増えるし絶対美味いはず!
欧米人ならこれくらいでちょうどいいんだろうけど、ここは日本ですから。

IMGP0064.jpg

パソコンしてると邪魔しにくるミーナ。
かまってもらおうと背後でごろんごろんしている。

和洋折衷

ホシノ天然酵母で作ったパン生地発酵中。
まだ、しばらく時間かかるので昨日の教室の画像を↓

IMGP0061.jpg

昨日は通常のコースの和菓子。

左が柚子きんとん
右が苺袱紗
奥がチーズ時雨

先月やるはずだったのが輪番停電とかで今月にスライドした。
まだ苺があるので問題は無し。

柚子きんとんは王道和菓子だけど、苺袱紗とチーズ時雨は和洋折衷菓子。
袱紗生地の中は生クリームを加えた白餡と苺一粒入り。
チーズ時雨はプロセスチーズ入りのチーズ餡がベース。

今は和菓子でも洋菓子でも和洋折中菓子よくあるけど、
このメニューが出来たのはちょっと(かなり?)前で当時としては画期的だったのかも。

たまにはこおゆうのもイイけど、
私は和菓子でも洋菓子でも王道の定番が好きだな。
和洋折衷も基本は王道の定番があってこそ(出来てこそ)ですものね!

IMGP0053.jpg

1階で悪さをして父に怒られ2階に避難(逃亡)してきたミーナ。
ちなみに地震のときはコタツの中にいた。


3日連続で教室へ

3日連続で教室だった。

IMGP0049.jpg

月曜は通常コースのパン

右がタイガーブレッド、輪のほうがマロン・ド・クローンヌ

タイガーブレッドは上に上新粉ベースのトッピングが乗るのが面白い!
どんな風になるのかな~と思ったら、パリッとした表面と中のもっちり感がすごく良かった♪
フランスパン作るよりお手頃。
家でも作ろうっと☆

これが24回コースの24回目のメニューでパンはここで終了。
4回目が抜けてるので補習で半年後くらいに行かなくては行けないけど、
この上はしませーん。


IMGP0050.jpg

火曜は和菓子の単発。

バラ苑葉っぱのクッキー

葉っぱのクッキーは白餡入り抹茶味の和菓子風クッキー。
バラ苑に合わせて葉っぱの形だけど、家で作るならアイスボックスクッキーみたいにして成形だな。
その方が生地に無駄がない。

バラ苑は蒸し羊羹にかるかん生地を重ねたもの。
こちらは珍しい!
寒天使った羊羹は年中あるけど、蒸し羊羹は6年くらい和菓子習ってるけどたぶんこれで4回目くらい。
市販品でも蒸し羊羹ってほぼ見かけないし~
寒天を使ったものより優しい感じでたまに食べたくなる味。
上の生地も普通は浮島だけど、かるかんって合わせで使うの初めて。

上の柄は、かるかん生地を少し着色してバラとツルのつもりなんだけど、
こおゆうのって性格(個性?)が出る。
手前のカットしたのは先生が作った試食用で比べると色も大きさも違う。
だいたい私は何作っても、色は淡く、大雑把なのでデカイ(笑)
繊細という言葉はまったくありませーん。

IMGP0052.jpg

水曜はパンの単発。
さらに上はしなくても興味あるも単発は参加します。

おからをパン生地に使用したメニュー

左がドーナツできな粉をまぶしてある。
もっちりしててソフトで美味い♪
けど、家で揚げるの面倒なのでたぶん作らない(笑)

右はピザソースの代わりに手作り食べるラー油を使ったピザとカルツオーネ。
配合は違うが、おから入りでもっちりやわらかい生地は美味い♪
が、ピザは食べづらい。。。
食べるラー油もピリッとして美味いが、家で作るなら普通のピザソースのがイイなあ~


先月、地震の影響で2回教室が無くなったので、その分単発しちゃえと思ったらたまたま3日連続になった。

「家でうだうだしてるより、教室来た方が楽しいねえ~」
と、言った人がいるが、ほんとその通り!

やっぱり1人より皆で仲間で何かをするのは楽しい♪
しかも、趣味が合う人しか来ないんだから楽しいに決まってる。

だいたい、いつも来てるメンバー決まってるんだけど(笑)

何事も細く長く続けていくのはイイもんだ。


パンとか揺れても平気なときは自転車で行くけど、ガタガタになると困るとき他に用事あるときは車で行くが、
節電の為立体駐車場が半分しか開いてない。
「お客から全部開けろって文句言われるし、うちらも人減らせって言われるし・その分1人で全部見なくちゃいけないから大変なんだよね
駐車場のおじさんが大変そうだった。

建物もエレベータが3基のうち1基停止してて館内も暗いけど、
人がいならなくなるって死活問題。
教室だって先月は半分ほぼ閉鎖状態に近かったから先生達の仕事も無かったし、
私も地震の次の日の派遣の仕事吹っ飛んだし、今後もしばらく無いだろう。
私はいいけど、派遣会社が悲鳴が上がりそう。。もう上がってるか?

被災地考えれば、呑気に教室来れるって幸せなことだけど自粛してばかりじゃ経済が回らなくなる。
そうなると復興に必要な財源も出なくなるわけで。

節電や日常生活をこの機会に改めることは必要で当然だけど、そうでないことと見極めが大切。

練り羊羹

IMGP0048.jpg

久々に練り羊羹作った♪

まだ型に流したばかりで、もう少し冷やしてから抜きます。

この型は千筋羊羹舟といい、ひっくりかえすと筋目がつく。
この型1個で水羊羹ならこし餡500gの分量が出来る。
練りだと少し少なめ。
少量作るときは銀の仕切り板でサイズ調整。

水羊羹はよく作るが、練り羊羹はあまり作らない。

どっちが好きかといえば
暑い時は断然水羊羹だけど、普通は7:3で練り羊羹のほうが好き。

作り方も材料も道具もまったく同じだけど、違いは水羊羹は材料が混ざれば終りで練り羊羹は煮詰め練り上げる。
この煮詰め具合が難しい
水羊羹はほぼ同じように出来るが、練り羊羹は作るたびバラバラ~(笑)
教室で作っても皆バラバラの煮詰め具合になるのが練り羊羹。
練り羊羹は奥が深い!

マメに作れば分かるようになるだろうけど、練り羊羹ってマメに食べるもんじゃないよね~(笑)
水羊羹と違って日持ちするし。


よく行くスーパーで銘柄鶏肉が通常の半値になっている。
賞味期限が近いのかな~?と見ると、『福島産伊達鶏』
完全な風評被害だ!!(怒)
このスーパー福島が本社の大手で日頃よく福島産のものあるんだけど野菜は出荷停止の為ない。
これで鶏肉とかまで売れなかったら福島県民の生活はどうなるの?
しかも、これ横に並んでるブロイラーに比べ素人目に見ても質が良いのが分かるものなのに~

迷わずカゴに入れました。
だってお得だもの。
良い鶏肉が特売の安物と同じ値段で買えちゃうだよ。
これは買わなきゃ損でしょ?

福島だけでなく北関東の野菜とかもそうだけど、
日頃首都圏の台所を支えてる東北・北関東の農業・酪農・畜産を風評被害だけで敬遠するなんて恩知らず
誰のおかげで日頃の食生活があると思ってるんだろう。

このことだけでなく、ホントこおゆうときこそ人柄がでるよなあ。

HOME

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

おやちゃん☆

Author:おやちゃん☆
おやちゃんです。
「おやちゃんさん」の「さん」付は禁止です☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク