2017年の目標は『勝負』です☆
柚子シフォン
2012年12月23日 (日) | 編集 |
DSCF2042.jpg

久々にシフォンケーキ作った。

作った理由は、
・教室で使うように直売所のマイバックスタンプカードいっぱいになった分を
小サイズ袋入り卵と交換して卵がたくさんあった。
・試作で余った卵白が冷凍庫にたまっていた。
・柚子が直売所で一袋大入りで200円でたくさんある上に金曜に宅配で冬至の為柚子があった。

そんなことで柚子シフォンになったのだった。

教室向けメニューではないので、膨張剤(重曹・ノンアルミBP)は不使用。
粉は教室オリジナルの米粉。
柚子皮を生地に入れ、仕上げに柚子果汁で作ったアイシング。

柚子のイイ香りが広がって美味しそう~


世間はクリスマスですが、あえてクリスマス用のケーキは作りませーん。
クリスマス終わってから、売れ残りのセール品で何か作ろうと思っている(笑)

いずれにしてもこの時期に苺のケーキは絶対に作りません。

派遣の仕事で県南へ行った帰りに、闇夜に浮かび上がる苺のビニールハウスを見た
それはエゴと欲望と温室ガス排出して自然破壊でしかない

いくら品種改良が進もうと、所詮一晩中ガンガン電気を照らしボイラーで無理やり温度を上げて時差ボケさせて栽培してるんだから。
苺の旬は初夏であって冬であることは決してないのがよく分かる。
その光熱費がのっかたのが12月の苺の価格なのだ。

ヨーロッパのクリスマスのお菓子で苺がのったのありませんから~
それが当然。

何度見ても、闇夜に浮かぶ上がるビニールハウスは不気味で嫌な気持ちになる…

どっかのテレビ局で「こうしてクリスマス用のケーキの苺が栽培されています」と報道しないのが不思議でならない。

きっと、スポンサーや商業主義で放送出来ないんでしょうけど。

テーマ:手作り洋菓子
ジャンル:趣味・実用
やはりギリギリでした~(笑)
2012年12月18日 (火) | 編集 |
明後日20日の教室のレシピ作製とHPのアップ終わった~

やはり今月もギリギリでした(笑)

ただ、いつもと違ってメニューは2週前には出来ていて、さらに来月(1月分)も青写真は完成していた。
詰めと確認作業とレシピを作製するのが遅かっただけ。
少し進歩しました。

DSCF2039.jpg

初梅巳タルト」最終的に12月はこうなりました↑

初梅のほうは生地はういろうで成形だけの問題だったので1回作って終わったが、
巳タルトの方は5回作りました。
1回でほぼOKみたいな感じだったんだけど、微妙に色々変えてたらこうなりました。
今日は小麦アレルギーの人がいるので、米粉で作ってみました↓

DSCF2041.jpg

これは生地の確認だけだったので、普通のタルトにしました。
そろそろ普通のを作らないとオッサンズ(特に愛媛出身の夫)から不平不満が爆発しそうだし(爆)


今年勢いで教室始めて、初回以降相方が体調の都合で離脱するということもありましたが
まずは1年間通して続けることが出来ました。
相変わらず内輪の生徒二人・たまに教室関係が遊びに来る状態ですが、
とにかく1年続けられたことは、自分で自分を誉めてあげてイイと思ってます

色々ありましたが、この経験をバネに来年再来年と頑張って行きます。

さらに次の目標として、2年後くらいに自分の城をかまえたい。
始めるには借りてやるのがベストでしたが、続けていくには自分の城を構えるしかない。

1週間ほど前に目をつけていた近所の喫茶店跡地の家賃がいくらなのか尋ねてみたら
「内部がかなり老朽化してて貸せる状態ではないのよ。更地にすると税金がかかるから物置代わりに使ってるだけでだから。ごめんなさいね…」
残念ながらゲットすることは出来なさそう

それならばとネットで自宅周辺の物件情報を調べてみたら
最安値2万7千円~・周辺相場3万5千円でマンションなど一部屋借りられるらしい。
床に穴というので貸テナント物件だとさらに高くなってしまうのだが…
製造販売をまずはあきらめ、教室と道具販売だけなら
福祉プラザを午前午後2コマ(1500円+2000円)を10日借りれば3万5千円かかるのだから、
自分専用の部屋なら自由に教室を開講出来るし、堂々と宣伝もうてる!
3万切る家賃で借りれば、頑張れば採算が合うかもしれないし、それくらいの採算合わせられないようでは福祉プラザ借りても続けていけないと思う。


その目標を達成するには、まずはだ!
なので来年からはもう少し働いて資金集めします。
バカみたいに働いてメニュー考えたりスキルアップしたりする時間が無いと本末転倒なので
目安は1か月4万円で2年で100万弱。
そのくらいなら実現可能でしょ~?

現在年末の派遣の仕事しながら来年からの職探し中でーす。


でもぉ~
そもそも宇都宮の食品製造販売するのに床に穴が必須ってどうよ。
本とかネットとかで自宅で菓子・パン製造して販売してますとか、直売所・道の駅で手作りとかあるけど
どう見ても床に穴はない。開けられるはずがないし。
それでもそこの自治体では許可下りてるんだし(無許可でなければ)
現に同じ教室仲間の福島県では床に関する事項は無いそうだし。
きちんと衛生管理出来てれば問題ないはずでは??
返って床に穴ないほうが衛生的な気がしなくもないし~
資金がたまる頃に法改正して床に穴なくても製造販売鵜の許可が宇都宮市でも下りるようにならないかなぁ~
テーマ:手作り和菓子
ジャンル:趣味・実用
1月のメニュー
2012年12月11日 (火) | 編集 |
またまた1週間ぶりのブログ~

最近月3日前後しか派遣の仕事してないのに、12月は土日はほぼ仕事。
他にも色々あったら・・・
パソの電源を4日ぶりに入れた。

その色々の一つ自分の教室のメニュー作り。
目標は4月まで福祉プラザ調理室予約したので、
4月分までのメニューを今年中に青写真を完成すること!


まずは1月のメニュー↓

DSCF2026.jpg

薯蕷饅頭打ち菓子

薯蕷饅頭は普通に薯蕷饅頭なんだが、打ち菓子はひとくふうしてみました。
着色料の代わりに苺パウダーを使ってみた。
打ち菓子は食感を楽しむだけで味は甘いだけなので私は有りだと思ったのに、オッサンズにはウケが悪かった
『苺はチョコレートにしろよ』だそうだ。
確かに苺チョコ美味いけど、和菓子教室ですから~
食材にチョコ使っても、チョコだけだったらチョコレート教室じゃんねぇ
2月のバレンタイン前にやってもイイけどさ。
テーマ:手作り和菓子
ジャンル:趣味・実用
新システム利用してきた
2012年12月04日 (火) | 編集 |
10 ブリオッシュ

昨日は新システムを利用して天然酵母パンを習ってきました。
ブリオッシュです。
ブリオッシュといえば、小さいのが乗ったア・テートが市販で見かけるのがほとんど
家で作るのもやっぱりブリオッシュらしいアーテートばかりだったけど
丸めただけのムスリーヌも可愛い
ア・テートよりボリューム感も出てイイ♪
新たな発見だわ☆
成形の簡単だしね(笑)

でも別にブリオッシュを作りたかったわけじゃない。
とかちの酵母を試してみたかったのだ。
天然酵母パンコースは教室オリジナルの生種起こしが必要な酵母を使うんだけど
2回だけ市販されているとかちの酵母を使うメニューがあってその一つがブリオッシュだっただけ。

とかちの酵母だけを使うコース(3回セット3種)も別にあるが、そこまではやりたくない。
ちょうど新システムで好きなとこだけ出来るのを利用した。

とかちの酵母は予備発酵が20分ほど必要で、あとは白神酵母と同じくらいの発酵時間。
白神みたいにやわらかく甘っぽい感じはなく、生地も味もイーストの近い感じだった。
これはこれで手軽に天然酵母でありだけど、私はやっぱり生種起こしの天然酵母の方が好きだなあ~
ということで次回は1月に通常のオリジナル酵母のメニューを試すことにした。


DSCF2023.jpg

今日は自分の教室の今月のメニューの試作。

前々回の日記では紅白羊羹だったが
干支菓子のタルトの中が羊羹なので両方羊羹だとちょっと…面白くない。
紅白のういろうにしてみた。
お正月の和菓子なので梅の花。
ここでは乗せてないが仕上げに金箔を飾る予定。

DSCF2013.jpg

もう1品の巳タルト
これは一昨日日曜に試作。
最初のとココア生地の配合を変えたら、ほぼ綺麗に模様がついた
前回は小豆こし餡だった中も白餡に変更。
この方が蛇ぽいかな~と思ったんだが、見た目はいいが味は小豆こし餡の方が美味い!
小豆こし餡に戻そう。

このタルトの最大の問題点は型。
普通は天板1枚で焼くんだが、一人1枚だと1品ならいいが2品2000円だと分量が多すぎる。
本家でもタルトは2人一組で天板1枚作って半分こだ。
そもそも福祉プラザのガスオーブンは業務用サイズで天板がさらに長い!
1枚で4・5人分焼けてしまう。
どうするかぁ~?と考えて、わら半紙で天板半分サイズの型を作ってみた↓

DSCF2012.jpg

内側にはクッキングシート。
↑上の巳タルトはこの自家製紙型で焼いてみたんだが、これならOKでしょう~?

和菓子のタルトだけでなく、洋菓子のロールケーキもこれでいけそうだ☆

あとはもう1回小豆こし餡で作りなおして今月のメニュー完成しそうだぞ。

テーマ:手作りパン
ジャンル:趣味・実用