2017年の目標は『勝負』です☆
ダメでした~
2015年03月27日 (金) | 編集 |
3月26日に自宅教室開始(受付出来る状態)予定でしたが、ダメでした~

前回のブログに書いたが、まあ職場のほうが完全人手不足でして・・・いろんなことがぐちゃぐちゃですわ・・・

とりあえず、今日 午後 13時〜 らでぃっしゅぼーや
                15時〜よつば生協

片付けながら HP作成する予定。

ほんと、予定ばっかりですけどぉ。。。

予定は未定ってホントですわ。

今は洗濯して乾燥機回しながら、豚の角煮を調理保温鍋にいれたとこ。
ながら作業中。

とりあえず、HPだけ作成してアップしちゃえば引っ込みつかなくなるし形だけは出来るんで〜(笑)
今日まず頑張れば、4月1日からはやれると予定でなく確定にしたいっす。


予定が未定になってる別の要因が、最近色々お店で買って食べるということに目覚めた。

自分で作るのと教室で習ってたのと今の職場でロス分をお土産とか、食品添加物の有無を確認しないと食べられないとかで、あまり外で買って食べるということがなかった。

食べるのも勉強というか参考になるというか
食べるの好きだから見るのも楽しいし♪
新しいのを発見・発掘しようかな~とか
新しいお店や以前から気になってたお店に行ってみよう!とか
なんか、目覚めたって感じかな (笑)

9時半頃、銀行に行った帰りに銀行裏手に少し前にオープンしたベーグル専門店に寄ってみた。
新聞の栃木版にちょっと前に紹介されてて徒歩6・7分なので1回覗いてみたかった。

DSCF2682.jpg

並んでる商品見た瞬間 「これベーグル??」 って思った。
よくあるベーグルとは見た目的に少し違う。
持ってみると、ズシッとものすごい重量感!

ベーグルの他にも、重目な感じのレーズンやクルミや全粒粉いりぽい食パンと、リュスティックみたいなのがあった。
後はベーグルのみで、種類は豊富。
まずはプレーンとちょうど焼きあがったモカ生地のチョコクリーム入りを購入。
焼き立てなので早速家に帰り食べた。
重量感あったから重いのかと思ったが、焼き立てだからか食べるとふんわり感があった。
他にもカレーチーズとか気になるのあり、近所なので何度か行って色々食べてみようと思った。

DSCF2683.jpg

昨日、北海道物産で買ったロイズのアーモンドチョコレート。

私は生チョコがロイズに限らず好きでない。
ポテトチップチョコも夫が物産展とかあるとたまにもらってくるので食べるが、自分では買わない。
他のチョコ派生商品も触手がロイズに限らず伸びない。
だが、北海道物産展などであるロイズの商品は私の触手が伸びない商品ばかりだったので縁がなかった。

が、今回この他に板チョコが5種類ほどあった!
120gとボリュームがあるが、価格は350〜400円しないくらいでお得!
王道のミルクチョコにアーモンド入りを購入。

これは当たり
アーモンドが大きくて食べごたえあって素朴でシンプルだけどそれだから美味い♪

なにかでロイズは元々大き目の板チョコを作ってたとあって、それなのに見かける商品は派生商品ばかり。
普通の板チョコが食べたいな~と思ってた。
ショコラ専門店でも、数年前から板チョコ(タブレット)に力いれてるって専門誌とかで紹介されてるし。
やっぱり基本で王道の商品が一番☆
「定番が美味いか不味いかでお店や職人の実力や良さが分かる。

ロイズといえば、生チョコが有名だけど〜 私は生チョコより、板チョコがイイ!
しかも安いし(笑)

美味しいものや幸せってそんなものだよね



  
苺のショートケーキ
2015年03月23日 (月) | 編集 |
DSCF2680.jpg

21日(土)は夫の誕生日だったので、夫いわく 「誕生日じゃないと丸いケーキが食えない」ので
昨日の22日(日)に苺のショートケーキを作った。

ホントは誕生日の21日に作るはずだった。
前日に生産直売所で苺を購入、生クリームもナカザワの45%を購入し準備していた。

が、土曜が仕事が終わったのが19時
定時は9時〜17時で、早く終われば早く帰れるが、ここんとこ早く終わるどこか早くても18時。。。。

繁忙期で忙しいのもあるが、要因は人手が足りない!
ここ1ヶ月ちょっとで女子社員3人全員辞めてしまったのだ。
そりゃあ、辞めたい気持ちも分かる。
私も同期もベテランのパートさんも全員一致で『私が20歳前後ならとっくに辞める』
12月に新店舗が増えてから尋常じゃないもの社員の労働時間の長さ。
男子は女々しいので辞める度胸が無いだけで、女子は見切りをつけられるので辞めた。
それだけ。

だけど!パート・社員全員一致で 『辞めるにしたって社会人としての常識を考えろ〜!!!」と。
去年4月に高卒で入った子は1月いっぱいで突然辞めた。
去年2月に入った子が3週間ほど前に体調が悪いといって休み続け2週間ほどまでに「辞めたい」と電話があったらしい。
高卒で入り4年くらいいた子は10日ほど前に胃腸炎になったとずっと休んでいて電話をかけても全く音信不通らしい。
正式に辞めたとはいってないらしいが、もう戻ってくるはずはないだろうし、戻って来ても皆が今までどおり接することはない。

私だって12月から早番遅番とか仕事がぐたぐたぐちゃぐちゃ状態で大混乱だったが『GWまでの辛抱だ』と思ってるのに。
1年で最も忙しい時期に突然辞めるって・・・・ありえない

でも仕方がない。
残された人だけでやるしかないので、今までは社員さんの仕事だったのがパートさんが出来そうなものはやるしかない。
だから帰れない。
パートさんは19時で上がっても、きっと社員さん達は仕事が終わるまでまだまだ帰れないし。

そんなので、私の教室再開予定の3月26日は無理そう
でも、せめて4月1日までにはHP作成して、いつでも教室予約を受け入れられるようにはしたい!

さておき、今回の苺のショートケーキは12㎝のデコ型で作った。

型ものはパンでもお菓子でも大きい方が美味しいので、18㎝で焼いて半分だけデコとかもしたが
やっぱりデコケーキは丸い方が可愛いし豪華
家族3人で食べるとなると日持ちもしないので食べきりで12㎝にした。

12㎝でも私が持ってるデコ型は高さは18㎝も15㎝もほぼ同じ。
型ものは横幅より味に差が出るのは高さ
横幅が大きくて高さが低いものより、横幅狭くても高さがあるほうが美味いの焼ける☆

12㎝だと卵が1.5個分なので、卵3個で2台焼いた

DSCF2675.jpg

配合は基本中の基本、卵1個に粉30g・砂糖30g、バターは無。

甘さ控えめとか軽さを出したいとかで粉や砂糖を少なくしたりもしたが、
結論として、必要最低限でなく基本分量でないとちゃんとした美味いスポンジは焼けない。
粉や砂糖を減らすと、キメが粗くパサついて、頼りなくて萎む・縮むでデコに向かない・耐えられない。

甘さや軽さなど食感は配合でなく、使う材料を変えればイイ!
上白糖なら、しっとりした食感と焼き色がよくつく。
グラニュー糖なら、あっさりした甘さと軽さ。
コクとクセを出すなら、粗糖など茶色い砂糖。

粉も同じ薄力粉でも同じ産地でも同じメーカーでも商品によって全く違うので、いつくか使って好みのものを見つけ使い分けるのが理想。

これは、北海道産のビートグラニュー糖と薄力粉ファリーヌを使用。
ビートグラニュー糖は私の定番だが、ファリーヌで初めてスポンジ焼いたが、すごく出来が素晴らしい

いつもは底に敷紙するが側面は紙をだと紙に沿って焼き上りがしぼんでしまうのでバターを塗り粉をはたくが、
生地にバター入れないのに側面にバター使うって変だと思ったので側面にも紙しいたが、すっごく上りが良くて紙敷いて正解。
せっかく膨らむ力があっても型より上には成長出来ないので。

DSCF2673.jpg

しっかりオーブンで膨らんだ上に、型から出しても紙を側面に使ったのに凹まない・縮まない。
それでいて、すごくやわらかでしっとり。

DSCF2678.jpg

『粉がお菓子をおいしくする スイーツと小麦粉のメカニズム」という本を最近買って読んだが、
基本はタンパク質が少ない薄力粉が水分の吸収率が低く、中力粉のほうが高い。
粒子も強力粉のほうが粗いが、最近は日本は製粉技術が高いのでキメの細かい強力粉とか色々あるとあって
フランスは中力粉の産地でフランス菓子やパンは中力粉のほうが合うとかあったが
なんとなくピンときたのがあった

同じ北海道産で同じメーカーのファリーヌとドルチェで同じ配合で黒糖饅頭を作ったら
タンパク質量が1%高いドルチェのほうがでろでろで、蒸し上がりが食べるとどちらもふんわりやわらかく美味かったが、生地がでろでろな分ドルチェは形がだれていた。
水分の吸収率が違うんだろうなあ~と思ったが、本読んで家にあった他のお菓子の科学とか読んでみて
「あれ?タンパク質が少ないファリーヌが水分の吸収率が高いって???」

私が作ったものから推測して、ファリーヌは国産薄力粉として低たんぱくだけど吸水率が高い。
今ままで使った薄力粉の中では私の作りたい好みのイメージに一番合う気がする☆

吸水率高いから、バター入れなくてもデコしなかったスポンジを今日食べたら、そのままでもしっとりして美味かった♪
食べて思ったが、苺のショートケーキは日本生まれのケーキ。
同じく日本生まれのロールケーキの元が愛媛銘菓のタルトで、タルトの元が南蛮渡来のカステラ。
きっと、スポンジも元はカステラだったのでは?
フランス菓子じゃないから、バター生地に入れなくても、スポンジにシロップとか打たなくててもイイんじゃない。
私はバターもシロップも無い方が優しい味でふんわりしてて好きだ♪

DSCF2679.jpg

生クリームとイチゴだけをサンドした。

「苺たっぷりですっごい贅沢なケーキだよね~♪♪」と、夫は嬉しそうに食べていたが
12㎝で200mlの生クリーム1パックと苺ほぼ1パック。
そりゃあ、贅沢なケーキですよ〜(笑)
洋菓子店で買ったら相当高いし、まず売り物では無理でしょうねぇ
家で作るからこその贅沢品でーす

そんなケーキ作ってる間に何かやってる奴が

DSCF2677.jpg

袋にはまってもがいてました~(爆)

ケーキ食べるときは、生クリーム舐めたくて騒いでたけど。
新装・「花柄羊羹」
2015年03月20日 (金) | 編集 |
教室メニューの試作。

花柄羊羹をリニューアル。

IMGP1389.jpg

最初に試作したもの。
5㎝セルクルで4種類の花の抜き型。

羊羹は細長い型のが見栄えもするし、作るのも抜くのも楽そうなトヨ型を使ってみた

DSCF2663.jpg

抜き型も合羽橋で昨年購入した桜の花びら大小を加え白〜ピンクで微妙に3色にしてみた。

DSCF2670.jpg

このほうが断然可愛い!と思うんだが、いかがでしょうか?
これはルール違反というか論外でしょ~!!!
2015年03月18日 (水) | 編集 |
合羽橋で新しく購入した型を試してみた

DSCF2650.jpg

左側の黒いのが、猫の練りきり型3点セット+謎のドレッジ付。
比較対象として右が習ってた教室オリジナルの梅の型。

このシリーズは他にも花とかあってレンジで使える器もあるらしい。
初めてこれを見たのは冨澤ネットショップで2000円くらいで気になったんだけど、実物確認出来ないのでいいやと買わなかった。
先月合羽橋で1600円で売っていて、3種類でこの値段なら試しにと買ってみた。
さらにおじさんは100円まけてくれた。

が、開けてみて安っぽい
安かろう悪かろうって感じ。
教室オリジナルと比較して、スカスカ。
作りもちんけで、これでホントに出来るのか?と不安になった。

しかも取説で、別売りのレンジ専用容器で練りきりを簡単に作れ、型に入れドレッジですり切るとあった。
えええええ!!!!それありえないでしょぉぉぉ〜!!!!

練りきりってこなしって上生菓子って中餡入れて包餡するのに、ドレッジですり切ったら中の餡出ちゃうでしょ~
そもそも取説には中餡を入れるって書いてないけど・・・
レンジでそもそも練りきり作れないし。
あくまでも、「練りきり風」か「こなし風」

料理研究家が考案した、家庭でも簡単に手軽に和菓子をということだけど、根本的に何か間違っている。
さらに驚いたのが

DSCF2651.jpg

ルミアカップに入らな〜い

もうこれは論外でしょ~!!!
ありえません!!
和菓子は地域で色々微妙に違ったりもするが、日本全国どこでも特注品以外はこのルミアカップに入るのが当然で常識で普通で当たり前でそれ以外はない。
和菓子の箱というのは、このルミアカップが入る数で、和菓子4箱・和菓子6箱となっている。
ルミアカップに入れないものでも、基本中の基本の分量の中餡30gに3つ種生地の饅頭や大福などなら、ちゃんとこの箱に同じ数だけ収まるようになっている。

しかも練りきりで上生菓子でこのルミアカップに収まらないって・・・・・

DSCF2652.jpg

肉球と招き猫はルミアカップに収まったが、いかんせんこれはダメだ
作りが悪いから、梅と違って綺麗に出来ないし。
素人というか初心者ほど、こんな道具は使ってはいけない。

まともな道具も買ってます。
梅の型の上に乗ってる蝶々の抜型。
こんな小さくて職人さんの手作りなのか800円くらいした。
抜型はけっこうイイ値段するけど、壊れるものでないし、やっぱりあると仕上がりが違う!

DSCF2656.jpg

画像分かりづらいけど、菜の花(左)の上に乗ってます。
前は菜の花だけだったんだけど、今の職場で抜型で抜いた蝶々乗ってるの見て可愛い~♪これはパクろう!と合羽橋で蝶々の抜型買いました(笑)

蝶々、蝶々、菜の花にとまれ♪
菜の花に飽きたら桜にとまれ♪

ということで、右は桜。
これは細工棒で成形。
上のルミアカップでは黄色の花芯つけたのもあるが、花芯ないほうが私は桜ぽくってイイなあと思ったんだけど。
どうでしょう?
実際の桜ってそんな中心に黄色が目立たないって私のイメージなんだけど。
花芯がないほうが優しい感じがした。

これは、教室用メニューの春の練りきりの予定。

猫は季節感ないので定番メニューで使おうと型を買ったときは思ったんだけど、
これだと微妙~
使っても、肉球だけだなあ。

結論。
道具は本当に良いもの買いましょう!
大事に使えば一生ものですから。
テーマ:手作り和菓子
ジャンル:趣味・実用
酒粕酵母パン焼けた☆
2015年03月14日 (土) | 編集 |
DSCF2647.jpg

酒粕酵母パン焼けた〜♪

本日の夕食がクリームシチューだったので、ミニクッペ風にしてみた。

配合はテーブルロールのリーンな生地。

DSCF2648.jpg

ちょっとべたつき気味だったが、切ってみるとなかなかイイ感じ☆

食べてみると、「砂糖の量間違えました~?!」ってくらい甘味がある。
しっとっりしてるというか元の酒粕触ったときに「保湿成分高そう~!酒粕とかから化粧品つくれるの分かる」と思ったんだが、パンになっても美容液配合してますか?くらい保湿性ある感じ。

アミノ酸など栄養価が高い酒粕といわれるが、さらに製造元の蔵元からいわせると『成分の濃さが違います』という品評会用の大吟醸の酒粕。
その違いをまざまざと感じさせる味わい
酒粕の栄養価が全部はないだろうけど、食べた感じだと他の酵母やイーストのパンより栄養価も高そうな気がした。

白神酵母が天然のトレハロースがあるから甘味があり砂糖や油脂を控えめにして作れるというが、
白神酵母よりはるかに甘味も旨味も保湿性も上。
なので、フランスパンには向かない。
それ以外のリーンなパンだとスキムミルクや油脂は必要なさそう。
生クリームやハチミツとか添加した食パンの形をした菓子パンでなく、粉と少量の砂糖と塩と酒粕酵母だけで高級贅沢食パンは焼けそう。
菓子パンや惣菜パンなら文句なしに合いそう。

液種を作るのに5日。
粉を3回足して元種を作るのに3日。
普通の酵母起こす平均くらいの時間だった。
1日目の勢いだとすぐに液種出来そうな気がしたんだけど、よく考えたらこの時期の室温でよく5日で起きたのだった。
他のレーズンとか果物とかだったら1週間~10日かかっても厳しいし発酵器のお世話になるしかない。

液種がちょこっと余ったので、うちのある本に「元種起こさなくても時間はかかるがストレート法で作れる」
別の本に「酒粕酵母は元種を起こさなくても作れる」とあったので、試しにやってみた

DSCF2646.jpg

ホントに時間はかかった。
上りが悪い。
1次発酵に発酵器に8時間は計いれたにかかわらず丸1日。
(元種のほうは一次発酵3時間、仕上げ発酵1時間)
時間的にこれ以上置けなかったので、とりあえず焼いてみたら倍くらいには膨らんだ。
発酵不足気味なので小ぶりだが、それなりに出来ていて、食べてみると味はさほど変わらない。

液種が出来て冷蔵庫で保管した3日目のを使ったので、これが出来たてのもっとも元気の良い状態の液種だったら上りが良かったかもしれない。
今度作るときは先に液種でパン作ってから、残りで元種を起こせば無駄なく効率よく作れそう。
ストレート法のが材料が液種・粉・砂糖・塩だけなので絶対楽だもーん☆


DSCF2649.jpg

今日の私の朝食のよつば生協で取った宇都宮のタカサゴというパン屋のチョコスティック。

国道293号をさくら市方面に向かって行くと、タカサゴというパン工場(会社)があるなあとそこを通るたび見るが、地元なのにスーパやどこかで売ってるのを見たことがなくて、どこか大手の下請けなのかな~?と思ってたんだが。
地産自消を推奨するよつば生協で初めて商品を発見!
よつば生協の定期便にもなる食パンなどはここが作っていて、地産自消だけに朝焼パンを当日配送してくれるらしい。

そっかあ、まともな商品を作ってるパン屋だからスーパーとかそこからで見かけなかったんだあ
なるほどねぇ。

入会お試しで食パンを食べたときは、ホシノ天然酵母使ってるけど悪い意味で天然酵母臭さやクセがなく食べやすくて普通の食パンぽいなあと思った。

で、このチョコスティックを食べたら あまりの美味さに驚いた!!

今まで色んな店のホシノ天然酵母使ってますパン食べたけど、文句なしの断トツ№1!
ホントに驚いた。
何も知らずに食べたら天然酵母、ホシノだってまず思わない。
国産小麦で胡散臭い材料を全く使わないでクセが無く、それでいて素材の旨味を良さを生かしてこれだけの菓子パン作れるってスゴイ!!

「天然酵母使ってます」「国産小麦使ってます」とうたい、安心安全なんだからちょっとくらい酸味があっても重くてそれが天然酵母で国産小麦だから仕方ないでしょっていうパンも多いんだけど、これは安心安全は天然酵母も国産小麦も当たり前・さらにプロなんだから商品なんだから美味しくって当たり前って感じた。

これ4本入りだったんだけど、あまりの美味さに朝から一人で一袋食べちゃうとこでした(笑)

相当な技術とノウハウがあって、手間暇かけて作ってるんだと思う。
安心安全だけでなく、大量生産が出来ないんだと思う。
だから地元なのにそこらで見かけなかったんだと思った。

しかも値段もリーズナブル。
食パンもチョコスティックも200円ちょっと。300円しないんですよ。
良心的過ぎるっっ!!

工場で直売してないか、今度通ったときよおおく見てみよう。

このレベルには到底届かないけど、家でも「自家製酵母で作ってます」ってだけでなく
「自家製酵母で見た目もよくて美味しいパン作ってます」って少しでも近づけたらイイなあ~
テーマ:手作りパン
ジャンル:趣味・実用
色々作った。
2015年03月09日 (月) | 編集 |
3日ぶりにパソの電源入れた。

3日間作ったもの

DSCF2636.jpg

金曜は久々に酒粕酵母。

3月頃にしかない大吟醸の酒粕酵母。
しかも買いに行ったら、定番と季節限定の大吟醸酒粕の2種なのが、品評会用のさらに上の400gで1000円という酒粕があった。
値段の差は物の差だそうで、滅多に並ばない酒粕だそうなので、これはここで買わねば!

定番でもスーパーとかで売ってる酒粕に比べたら比べものならないほど上質なんだけど
この品評会用のは別格!!!
触った感じが全然違う!
化粧品が出来そうなの分かる!(笑)
旨味=成分が濃い=発酵力高いらしく

DSCF2637.jpg

1日置いただけで泡がぷくぷく。
これは出来上がりが楽しみ♪


土曜日は仕事だったが、帰ってからシフォンケーキ作った。
賞味期限がせまった250g入りのドルチェが80gほど余ってたのと、足りない分はファリーヌを20gほど足して久々に20㎝のシフォン型。
材料使い切りで全卵で作ること多いが、タルトで卵黄だけ1個多く使って余った卵白が1個冷凍庫にあったので
全卵4個+卵白1個。
油は米油。
膨張剤は不使用。

教室で習ったレシピや市販のレシピだと20㎝の型だと+卵白2個が多いが、
それだとこれぞシフォンケーキってくらい型からはみ出るほど膨らむが、
その分フワフワだけどキメが荒くて口の中の水分を奪うことになる。

全卵で作るとしっとりするが、シフォンケーキとしては物足りない。

+卵白1個ならどうか?と思ったとこ

DSCF2641.jpg

ちょうど型くらいまで膨らんでイイ感じ♪

DSCF2642.jpg

一晩冷まして翌朝型から外してみても程よい。
食べてもフワフワしてるけどきめ細かくしっとりもっちりで美味しい♪

しっとりもっちり感は米粉でしか出せないと思ってたけど、小麦粉でもドルチェやファリーヌなどなら出せた。
しかも米粉と違い小麦粉なのでしっかりしてるので必要以上にへこまないし型崩れしない。
やっぱり、粉の違いって大きい!

昨日、日曜はほぼ半日肉球チョコ

DSCF2645.jpg

夫のホワイトデー用のお返しと他2件の発注分合わせて44個。
12個×型を5回転させ、57個作った。
ピンクチョコは余っても困るので少な目なので60個にならず。

今回、家庭用の機器で脱気しようとナイロンの袋購入したんだが・・・

DSCF2644.jpg

シールは出来るが(左)、専用の袋(右)のように脱気は出来ず・・・・・・

そういえば職場でもシーラーと脱気する機械は別だ。
実店舗やネットショップ開くなら専用の機器購入するが、現状家電量販店で買える以上の高価な機器はいらない。

確かに10日ほどまでに作って脱気したもの見ると劣化はしておらず効果あるんだけど~
合羽橋で見たら高かったんだよねぇ~
どこかで安売りしてないかな~
あればあったでフィルム切るよりバリアナイロンの袋をサイズ違いで用意したほうが便利だもん。

なぜか、うっかりして1個だけ棒を忘れてしまった(笑)

DSCF2643.jpg

これはこれで可愛いかも~

食べづらそうだけど(笑)
家では出来ないでしょ~
2015年03月06日 (金) | 編集 |
ひな祭り繁忙期も終わり、まずは所用の片づけてと、さっき医療費控除をしてきた。

宇都宮市はマロニエプラザという場所が会場で、毎年行くが係員がつくと待ち時間が長い。
医療費控除だけなので自分でパソコン入力作製会場へ。
分からない場合は係員に質問が出来るが、ほぼマニュアル見ながら画面通りやってけば普通にパソコン使ったことあって日本語圏内の人なら出来るはずなんだが・・・・・
そこはパソコン。何かがどうしたのか不明だが『入力金額がオカシイです』みたいなエラーメッセージが表示される。
係員が原因不明で税理士さんだと思うがその人呼んで電卓で計算してもらうと、入力ミスはなく数字はちゃんとあっていた。
なのでエラーメッセージ無視して次に進み作成終了。
並ばず待ち時間も無ので完成して提出すれば終わり。

『国税庁のホームページで自宅に簡単に申告出来ます♪』
なんて、テレビCMとかDMなどでいうけど、自宅で一人でやってちゃんとあってるのに謎のエラーメッセージ出たら何が悪いのか分からない。
結論として、自宅で簡単には出来ない。
申告会場に行って、パソコン普通に使えれば今回みたいな問題発生しても簡単にすぐ出来る。


コメントにも書いたがひな祭りは終わっても桜餅や草餅の各店舗の発注数はそれなりに多い。
追加注文の数が少なくなっただけ。
「ひな祭り終わったのにぃい!!なんでだよぉぉ~!!」
と、社員は愚痴ってたが、まあ世の中そんな捨てたもんじゃなかったってことでしょ☆
桜餅や草餅は春の和菓子で、ひな祭りだから食べるもんじゃないってことがよく分かってるお客様がたくさんいたってこと。
特に和菓子屋の常連さんはそうなんでしょう。
ひな祭り期間は常連さんでなく、何かイベントのときだけ来るお客さんが来たに過ぎなかったんだと思う。

3月3日の朝のテレビ番組でひし餅の意味を説明していた。
緑は草。
白は雪。
ピンクは桃。
雪の下には草が生え、雪の上には桃が咲き、早春をイメージしたお菓子だと。
雛あられも同じ3色ですもの。

コメにもあったけど、雛あられにチョコが入ってるとかケーキだとか食べるとか。
確かに子供が喜ぶお菓子ではないかもしれないけど、それはやっぱり間違っている
ひな祭りは女の子の健やかな成長を祝う願うものなのだから、その意味を商売繁盛・利己主義に置き換えてしまっているだけ。

ハマグリのお吸い物やチラシ寿司にも白酒にもちゃんと大切な願いと想いがこもった意味がある。

クリスマスのケーキだって苺ショートなんて日本生まれのケーキ食べるなんて、外国でクリスマスを本当に大切に神聖に思ってる人達からすれば冒涜。
そもそも日本だって初夏の果物の苺を無理やりボイラーガンガン炊いて夜中ライト当てて人口的に作ってるなんて、ただの自然破壊の環境汚染。
エコでなくエゴ。

それでは、本当に大切なもの大事なものが消えてしまう。

そんなことを心にとめながら、ひな祭り繁忙期も終わったし、次のピークのお彼岸までのシフトも出たので
自宅教室3月26日開始するように準備をしていかねば!

本当に大切なもの大事なものを壊す消すのでなく、温故知新で伝えていけたらとイイなあ~
ひな祭りに食べるもの
2015年03月02日 (月) | 編集 |
結局誰にもインフルはうつらず、夫も大したことありませんでした。

職場はひな祭り繁忙期で、一人の社員が朝から晩まで桜餅を焼き続けているという悲惨な状態
今日は13時くらいで800個くらいあれば大丈夫だろうと焼き終わったが、15時締め各店舗の発注数見たら
「全然たりないじゃーん!!!」と悲鳴があがってました。

私の働いてるとこは、桜餅は俗にいう関東風で、関西風というのは道明寺という商品名。
ちなみに道明寺は今日たまたま私が並べて数えたときは460個くらいだった。
比較すると桜餅のほうが一日の実質販売数だと3倍くらい売れてるんじゃないかな~?と思う。
桜餅と同じく売れるのは草餅。

ただ不思議というか納得いかないのは桜餅や草餅ってひな祭りに食べるものじゃないでしょう~????
ひな祭りって『ひし餅』や『雛あられ』なんじゃないの?
雛人形の7段飾りとかだとひし餅と雛あられは飾る場所あるし。
だいたいの節句なのに、ってオカシイ!

職場の周囲に聞いたところ、宇都宮なのか栃木なのか知らないがこの辺だとひな祭りに食べるというし
スーパーのチラシとかでも同じく推奨している。

でも、それって商売上の話で、やっぱり元々ひな祭りに食べるお菓子ではないと思う。

ひし餅も雛あられも色はピンク・白・緑で、この色に意味があるのであって。
桜餅や草餅って単に春の和菓子てだけ。

ひし餅や雛あられじゃ儲からないし地味だからそういうふうにどこかでねじ曲げて差し替えたとしか思えない。

柏餅で味噌餡が発祥なのに、味噌餡を作るのが面倒だからとかで味噌餡を置かない作らない店が増えて、味噌餡の柏餅の存在すら知らない食べたことないという間違った話になってしまったのと同じなんじゃないの?

それはさておき、桜餅と道明寺でなぜ桜餅が人気なのかと?いえば。

私が思うに、好き嫌い置くとして両者の絶対的違いはまず素材。
道明寺はどこの店だろうとスーパー・コンビニだろうと、原材料は道明寺粉だけ。
どこのを食べようが甘さが色が違うくらいで同じ。
桜餅は、桜餅の元祖発祥といわれる東京の店は小麦粉のみで色も白で薄く焼いて桜の葉を3枚使い一年中販売してるそうだが、上新粉・餅粉・白玉粉などの米粉を合わせもっちり系、浮き粉や片栗粉などで透明感出したものなど店によって生地が異なる。

さらに道明寺は正直誰にでも作れる。
レオンなどの包餡機でも出来るし、家庭でレンジで作ることも出来る。
道明寺粉がすでに火が通ってる粉だから製法がいくらでも簡略化しようと思えば出来る。
饅頭などに比べ包餡も簡単、ただ手がべたつくだけで。

桜餅はものすごく高度な技術を要する。
和菓子教室で習った中でも最も難しいし、たぶん和菓子屋の職人さんの中でもハイレベル。
同じ大きさ・厚み、そして焼色をつけずに焼かねばならない。
職場でも昨年3月までは当時の工場長、今は一番年数が長い社員さん二人が担当。
社員さん頑張ってるし毎日長時間焼いてるから上手くはなったが、まだまだ昨年まで担当していた人に及ばず。
商品としての販売のレベルは十分にあるけど、そのレベルになるには数年かかりそうな気がする。

生地も卵とか油分が入らず段々分離するらしく最初と最後では状態が違ってくるので、そこが職人の勘が必要なとこで生地の状態を直すか手早くするかしかない。
なので、どら焼きとかなら業務用のミキサーで一気に大量に作るが、家庭にでもあるような27㎝くらいのボールまでの量しか一度に作れない。

巻き方もくるくるってとこもあれば、私の職場は半分に二つ折り、風呂敷包みいたいなのもあるし
見た目も味もお店によって職人さんによって違う。

食べるだけ買うだけで作るのとか全く興味なくても、そおゆうのどこかで伝わるらしい。
他のお菓子でも機械で大量に生産するものより、手作業でしか作れないお菓子のほうがやっぱり美味しい

関東風といいながら、焼いて作る桜餅は技術的問題だと思うけど置いてある店が少なくなっている。
桜餅は職人さんの腕の見せ所のお菓子で、職人さんだからこそ作れる和菓子。

さらに、草餅がそこに並べば3種類買うなら問題ないが、草餅買えば道明寺でなく桜餅との組み合わせになるでしょう〜
もう1種類かうなら全く別の焼き菓子とか買いそうだもん。

道明寺しか扱ってない店が多いからこそ職人技の桜餅が扱ってる店に来る客ならそっちを選ぶでしょう〜

でも、私はひな祭りには桜餅も道明寺も草餅も違うと思うけど(笑)