2017年の目標は『勝負』です☆
東京でお買い物♪ポイントは接客力☆
2015年06月27日 (土) | 編集 |
久々のアップ~

火・水は仕事でした。

木曜は4カ月ぶりに東京でお買い物。

いつも通り平日30分100円・最大でも1500円の池袋西武特約駐車場へ10時ちょいに到着。

いつもなら合羽橋とかへ先に行き池袋の買い物は最後だが、昼食を考慮して時間もちょうど良かったので先に池袋西武へ。

ここの目当ては夏向けのブラ&スポーツブラのバックロスで透けづらい色。

まずは3階下着売り場。
サイズ難民の私だと宇都宮だと色・デザイン合わせて4・5個からしか選べないが、ここは都内でも最大級の売り場と品ぞろえの池袋西武。
多少デザインではないのあるが、選択肢はあるのがイイ!(笑)
そして、店員さんがしっかりしていて当たり外れが無いのがイイ
今回の店員さんかなりの実力で見立てもすごく良かった
試着するときに初めからパッド外してくれたし。これは初めて!「外すことも出来ますよ」といわれるけど。
「お客様はパッドが必要ないと思いましたし、その状態で試着してもらうのが一番ですから」と、すごく気が回る人だった♪
接客重視している・客もそのつもりだろうし、試着室に店員を呼ぶブザーも付いてて便利
ブラとショーツをセットで2組購入。

気分良く、8階スポーツ売り場へ。
しかし残念ながら同じワコールなのにCW-Xのスポーツブラのバックロスタイプで透けづらいベージュはそもそも私のサイズの商品が存在せず~
CW-XのスポーツブラはS・M・Lだけでなくカップ数もAB・CDと2サイズ刻みであってすごくイイんだが、
なぜかバックロスタイプのベージュは小さいカップ数しかない。。
いくら東京でも元から存在しないものは買えない・・・

前回ここでストレートタイプを購入したとき私はSのEFでもバックロスのが動きやすいと思ったし
宇都宮の店舗の店員なら迷わずEFを薦めるし実際にSのEFをすでに持っていたが
「バックロスのが確かに動きやすいですがお客様に合うサイズはSのFGです。サイズが合ってる方が絶対に動きやすいです」
と、当時接客した店員に勧められ実際に両方試着してみるとその通りで、サイズが合うSのFGを購入した。
その後前に宇都宮で購入したEFはあまり着なくなった。
やっぱサイズが合うのを着た方が気もちがイイので~
だから残念だけど、仕方がない。
なにより、店員さんが無理に他の商品を薦めないも良かった☆

ビックカメラへ。
コンポがMD・カセットなどは平気なのにCDだけがだんだん飛びまくりになってしまった。
宇都宮だと実物も無く説明できる店員もいないが、やはりビックカメラ池袋本店。商品も販売員も充実☆
「CDなどディスクものは簡単に壊れる消耗品」ということで私と店員の意見が一致(笑)

DSCF2727.jpg

一致したのでCDのみ(もれなくラジオ・IPOD再生付)コンポ購入。後ろにあるのがCDが壊れたミニコンポ。
これまた店員と意見が一致した、引出型より手入れがしやすい上オープン型。
録音するときは店員に確認をしてヘッドフォンジャックで今あるコンポにつなぐ。その為のコードも購入。

一度車に荷物を置き、再び池袋西武へ。地下食料品売り場で目の保養と観察したのち外に出て昼食。
昼食後合羽橋へ。

合羽橋での目当ては瓶の蓋とチョコのテンパリングする機械。
瓶の蓋はいつも通り回ったが店舗が無くなっていたので買えず・・・・
合羽橋も店舗も商品も入れ替わるので仕方ない。
物分かってるし送料かかるが、ネットで買うかあ~

チョコのテンパリングする機械も扱ってる店舗は無かった
今年2月に嬉しい悲鳴で大量注文あり、生産性・効率性・向上性を考え本やネットで小型のテンパリングする器械が約20万円であったので、実物を確認したかった。
ウォーマー(テンパリングしたチョコを維持する)は2店舗であった。
片方が外国製のメーカー1機種のサイズが3つ。
もう片方が同じ外国製と象印の2機種。
ウォーマーだと価格は9〜10万円ほど。
2機種あった店舗で眺めていると店員が声かけてきて、私がテンパリング機に尋ねるとその人はあまり詳しくなかったが
それを見てた別の店員がスっと「ウォーマーでもテンパリング出来るみたいですよ」とそばの棚から1冊の本を取り出す

DSCF2726.jpg

また画像横になってるが(笑)
この本の中には画期的な方法のテンパリング方法やタイトル通りショコラティエの技術・知識・経験に基づいたものがたくさん
そしてこの本をスッと出した店員の接客力も秀逸
接客力で分かったことは、この手の機械・道具は一年中同じ価格で、餅つきやベーカリーとかと同じでモデルチェンジもない。
チョコの機器はどうしても外国製・メーカーが多いが、実際に実物を見比べるとウォーマーとしての機能を考えると
魔法瓶メーカー象印の方が作りが良く保温性も高そうだし明らかに光熱費は安そうだった。
本の中で一流のショコラティエが使ってたのも象印のウォーマー。
問題は本のなかで5㎏のチョコ使ってたが、さすがにその量は~
とりあえずその本を購入(2500円)、あとで自分で少量でもせめて1㎏でもいけるのが調べてみることにした。
「まだ時間有るので(繁忙期・チョコづくりに適した時期)、ゆっくり検討してみてくださいね」とその店員もにこやかだったし(笑)

この店員のおかげで選択肢や道具活用のヒントをもらった☆
他にもやっぱり大切なのは店員の接客力!
これはネットショップではいくら頑張っても無理。
実際に対面して直に商品があるからこそ出来るもの。
東京の店員にもハズレもいるけど、やはり数をこなしている=経験値が高いのは違う。
たまに買い物は東京でしたいと改めて思った。

で、オッサンズにお土産も買った

DSCF2728.jpg

池袋西武で虎屋の一口羊羹。
他の和洋菓子店は見た目が華やかの多かったが、とらやの並びは隣がカステラの福砂屋とかシンプル・ザ・ベストの店ばかり!
でも、やっぱり、買うにも自分で作るにもシンプル・ザ・ベストが結局一番美味い。
シンプルだからこそ、素材と技術と経験の差がハッキリ出る!
やはり、虎屋の羊羹、これぞ老舗!職人がしっかり練り上げた味がしますわ~
それでいて、紅茶・コーヒー・はちみつとか味を増やして今風なのも取り入れる。
すごく勉強になった!

何百年も飽きられずにあちこちのデパ地下で一等地であり続ける虎屋恐るべし〜

あと自分用に1個だけ池袋西武限定の高木シェフプロデュースのキットカット買った。
いちじはすっごい並んでて限定300個だからオープン時〜午前中でないと買えないのが、
もう飽きられたらしく、夕方5時過ぎでも余裕で買えた(笑)
1個300円と高いので迷ったけど、話題として試しに買って食べたが、確かにチョコは良質の使ってるの分かるけど~
所詮キットカットはキットカットだった(爆)
もう買わないなあ~
普通のそこらで売ってるキットカットのほうが落ち着くし、美味いと思った(笑)

↑の本でショコラティエの白岩さんが
「1㎏数千円のクーベルチュールも一箱100円のチョコレートもそれぞれに役割があり異なる美味しさがあると思います」
うんうん。そうだよね〜
キットカットは一箱100円の美味しさの役割なんだよね☆





ゆめかおり
2015年06月22日 (月) | 編集 |
DSCF2723.jpg

土曜に久しぶりに赤サフでゆめかおりで、テーブルロールの配合でレーズンパンとクルミパン焼いた☆

自家製酒粕酵母だと酒粕酵母が美味いのか・ゆめかおりが美味いのかよく分からなかったので、赤サフでみると。
ゆめかおりは以前使ってた教室の北海道産強力粉より給水率が高い!
同じ配合だと水分量が足りない。
粉自体も旨味と甘味がある。
結論として、すごく良い粉だ

DSCF2724.jpg

今朝は、よつば生協のカタログで「ゆめかおり使用パイシート」というのがあったので購入してみた。
『解凍せずにそのまま照り卵して200℃のオーブンで20分ほど焼いてください」と袋書きにあったので、
照り卵の代りにグラニュー糖パラパラふり、200℃のオーブンで17分

DSCF2725.jpg

手振れしてるが、ボリュームある膨らみにサクサクに焼きあがった~♪

クロワッサンを想像してたんだが、これもう商品名どおりパイ生地!
パン用強力粉で、原材料(ゆめかおり・バター・塩)のみなのに、このサクサク
タカサゴという会社のパンどれ食べてもハズレがないどこか大当たり多いが、それだけ技術も知識もあるんだろうけど、国産強力粉だからちょっともちっと感あるけどサクサクっとしたパイの食感出せるってスゴイ

ゆめかおりは県内のパン屋だと食パンに使ってるのよく目にするが、もしかしてオールマイティで使える~?
パイ生地で使えるってことは、フランスパンも美味しく焼けたりするの??
吸水率高く旨味も強いから、フランスの配分高く吸水率高い粉に近い???

気温上がってきてるし、ゆめかおりでフランスパン焼いて試してみるかな〜

ノンホモだから2層☆
2015年06月19日 (金) | 編集 |
1週間ぶりのブログ~

土・火・水は仕事だった。
毎度のごとくシフトが待てど出ない・・・
12月から早番遅番になってから、一応3週間分づつシフトが出るようになった。
が、いつも2・3日前、ようは前回のシフトが終わるギリギリにしか出ない。
これは私が2年前の2月に入ってからずっとである。
前回なんかは、前のシフト内に出来ず「とりあえず前回通りに来てください」という有様。

で、今回やはりシフトはでない。
今週私は水で終わりなので、そこで出ないなら閑散期だし夏休みだと思い行かないでイイかと思ってたが、
水曜の15時過ぎに社長が作業場に来たので社会人として
「あの~、次のシフトまだ出てないんですけど~」
「あれ、おやちゃん今週もう来ないんだっけ?木曜までに出せばいいと思ってた

はあ?木曜までに出せばいい?
そんな考えだから、毎度毎度ギリギリなんだよ!!!
社会の常識として、シフトというのは締日があって、2週間前は当たり前、最悪1週間前には出すべきでしょ!!
そんなんだから、社員がトロトロ仕事するんだし、怒れないんだよ!

喉元まで出かかったが、私は大人で常識と良識がある社会人なので止めた。
しかし、そおゆうふうに言われたことは配達のおじさんにしっかり愚痴った。

で、私が請求したので「急いで作ります」と帰るギリギリの4時半頃に次の3週間分のシフトは出来た。

ま、この調子なので「その日都合悪い」とかいえば好きに休めますけど~


職場はそんなで自宅は

知人から知人の知り合いの苺農家がハウスたたむ最後に収穫した苺のおすそ分けを貰った。
たたむ前の最後の苺なので損傷が激しいというか熟れすぎというか~
ジャムにするほど量は無いので、軽く煮込んで苺ソースにしたのが月曜。
それに合わすのに家にあった材料でミルクゼリーを作った

DSCF2721.jpg

分かりづらいかもしれないが、ノンホモ牛乳なので生クリームが浮いて2層になった!
乳脂肪分を高温殺菌で破壊した牛乳ではこうはならない。

2層が嫌な場合は氷水で固まるギリギリまで冷やして型に流せば大丈夫だが、
これはこれでありでしょ~♪

牛乳に生クリームを加えたのでなく、元々牛乳に含まれていて一番良い状態で保存されていた生クリーム。
全然違う

俗にいう牛臭さの要因の一つは、高温殺菌による乳脂肪分破壊酸化・劣化だと私は思う。
破壊した乳脂肪分を守ろうとして吸収に役立つタンパク質も使われると本にあった。
だからお腹の弱い人は高温殺菌牛乳を飲むとゴロゴロし、「本当の牛乳は日本人に合う」という本の本当の牛乳である低温殺菌牛乳なら平気なんだろう。

お菓子の科学によると、生乳に近いほど凝固率が高いらしい。
低温殺菌ノンホモ牛乳なら、凝固剤(ゼラチン・寒天など)の量を控えられるし、プリンでも早く固めることが出きる=加熱時間が短い=スが入りにくいということ。
誤魔化しの生クリームも加えなくていいし、そもそも生クリーム入りだし(笑)

我が家はノンホモか低温殺菌か瓶入り牛乳なので、「牛乳が臭い」と感じることはない。
紙パック入りだと、牛乳は臭いを吸収しやすいので紙パック臭さがあるけど、それは牛乳臭さではない。

シンプルなものこそ、素材が重要☆
で、残念だったのがゼラチン。
ゼラチン21がなかったので、どこでも買えるハウスのゼラチン使ったら微妙~
全く合ってなかったのねぇ~!
2015年06月12日 (金) | 編集 |
昨日は夫と那須どうぶつ王国に行ってきた。

行きっかけは先月に宇都宮動物園に行ったときに夫が
「那須どうぶつ王国の方がイイなあ~」
私もその意見に同感。
ってことで行ってきた。

ここは動物園というよりふれあい広場&ショー・イベントだけど。
全てのショーやイベント見るとなると開園時間内楽しめるのでお得感あり☆

DSCF2717.jpg

那須どうぶつ王国といえば、数あるショーの中でも「ザ・キャッツ」猫だけのショー

画像分かりづらいが、奥のつり橋を猫渡っている。
他にも玉乗りや柱を一気に駆け上る。
初めて最前列に座ったが、猫が膝の上渡ったり、協力で旗持つとそこを猫がジャンプ

DSCF2718.jpg

カピバラの森というとこでは、通路に普通に入れ触れる。
一部の動物や鳥や水辺の生物を除けば、ほとんど触ることができるし、触れなくても間近に見れる☆

帰りに那須アウトレットへ。

梅雨に入り、雨が多くなり、日頃は自転車で通勤してるが雨の日はバス。
雨の日に履く雨靴が欲しいのだが、車大国宇都宮ではブーツや長靴はあっても雨靴は皆無
+サイズ難民の私だと東京で買うしかないかな~と思っていたが。
CLOCSでとりあえず間に合わせで購入

DSCF2719.jpg

雨靴ではないが、これなら濡れても大丈夫。
が、サイズがデカい!ゆるゆる〜だった。。。

22.5㎝だが、足の指が長いためにワンサイズ上の23㎝を日頃買うしかない私。
アウトレットだからか不明だがCLOCSはサイズが1㎝刻み。
23㎝を履いたらガバガバ〜
22センチでも ゆるゆる〜
21㎝だと長さはちょうどイイが足の指が足りず。。。

迷ったが、とりあえず目先無いと困るので22㎝を購入。
で、今日、地元百貨店のショッピングセンターでつま先用クッションを購入した。
色んなサイズや素材や形があり、実際に試着(装着)出来る見本があり試してみると
襲撃の感動のフィット感!!

私、いままでどんだけ自分の足に合わない靴を履いてたんだ~!!!

あまりの感動と驚きで思わず持ってる靴全部の分購入しようかと思ったが(笑)
とりあえずまずはしばらく試してからにと、上の黒のつま先に入れるタイプと下のスポーツクラブの靴に使う分も購入

DSCF2720.jpg

どっちをどっちに使っても好みの問題だが、透明のは指の下あたりからセットすつもので
スポーツクラブとかだと、足の指が自由な方が合ってると思ったので。

分かっていたがさらにハッキリしたが、日本人は幅広・甲高といわれるのに、私の足は全く正反対だということ。
厚みも3段階ほどあり選べるが、店舗で試したら一番厚いものがよりフィット感あったので私は幅が狭いだけでなく甲も低いらしい。

服は多少サイズ合わなくても大きな問題にならないが、靴や靴下とかが合わないのは大問題

足が疲れる・痛い、やがて体の他の部分にも支障が生じる。
運動とかしても、自分の身体能力を生かせない、さらに怪我をする恐れ大。
学校の上履きも指定の靴も縦はまあなんとかなっても常に幅はゆるかった。
スポーツクラブでも日常生活でも、子供の頃からきっと私はフルパワー出力で体を動かすことが困難だった。
足に靴が合わないから、常にセーブしてないと危険だから。
それはそれでまた疲れる。
かといって、オーダーで作るような靴まではいらない。

このつま先用中敷きは500~700円くらい。
価格的にもOK☆

ある意味フルパワーで動けない方がイイんじゃない〜?
それでフルパワーじゃないんかい?
という、声も聞こえてきそうだけど(笑)
饅頭はこし餡
2015年06月08日 (月) | 編集 |
DSCF2715.jpg

注文の饅頭20個今朝作った~ (実際作った総数は24個)

依頼主が粒餡のが好きらしいというので、パンダが粒餡・肉球がこし餡。

チョコとか油分を含むお菓子なら前日仕上げだが、和菓子は『朝生』当日中に食べるものがほとんどで。
饅頭も賞味期限的には3日くらい持つが、無添加だと翌日には固くなる。
なので朝製作。

ただ和菓子の場合洋菓子より時間がかからないものが多い。
饅頭も生地作るのに、黒糖さえ溶ければあとは5分もかからない。
生地が出来れば分割→包餡で、蒸し時間は11〜12分。
このくらいの量なら1時間ちょいでいけるだろう〜と思ってたら、落とし穴が

粒餡はめちゃくちゃ包餡しづらかった~
べたつくし。
こし餡は自分で作ったものだったが、粒餡は冨澤で初めて試しに購入したものだったが、
練り上げが甘くゆるい。。。

でも、粒餡から先に包餡したので、蒸し器が27㎝の蒸籠2段だとゆったり入れると12個を蒸してる時間で
残りの12個のこし餡をゆとり残し包餡し終わって、ロスタイム無でした。

先にこし餡包餡してたら、蒸し時間(11分)で粒餡12個包餡するの厳しかった気がする。

そういえば、職場で紅白饅頭が白がこし餡で赤が粒餡だが。
そもそも着色料が入る生地はゆるいので割れがちだが、それ+粒餡がこし餡に比べやわらかいので割れる率が断然高い!
和菓子屋でその状態なので、家で作ってもやはり同じ。

饅頭はこし餡なんだな~
粒餡は包餡向かない。
包餡するとしても、大福とか包餡後熱を加えないもの。

粒餡を使うお菓子って、どら焼き・たい焼き・今川焼とか包むでなく挟むものがほとんどなのは、そういうことなのかも~

とういうことで、教室メニューで饅頭は全てこし餡に決定〜(笑)

包餡しやすいように、あまりしっかり練り上げた粒餡にしても今度は固くて美味くないしねぇ

本黒糖と加工粉黒糖
2015年06月05日 (金) | 編集 |
黒糖を使うとき、本当は塊の黒糖を使えば風味があり美味いが、利便性で粉末黒糖を使っている。

が、その辺で売っている粉末黒糖は表示を見ると黒糖100%ではない。
この前ビートグラニュー糖を冨澤ネットショップで買うさい、黒糖100%の粉末があったので購入してみた。

試しに家にあるのと比べてみた

DSCF2712.jpg

左が商品名「八重山本黒糖」  右が商品名「加工粉黒糖」
画像だと分かりづらいが実物は明らかに色が違う。
どちらも原材料は沖縄産。
八重山本黒糖はさとうきびのみ。
加工粉黒糖は粗糖・糖蜜・黒糖。

香りはもちろん黒糖のみの方がある。

黒糖饅頭を使って比較してみたら、水を加えて溶かすと本黒糖はサラッとしていて加工粉はどろっとした感じ。
本黒糖のほうが水分多いのか生地がゆるめになった。

DSCF2713.jpg

しかし、蒸しあがると全く変わらない~(笑)

食べてみると、加工粉の方がしっとり。
これは、グラニュー糖と上白糖の違いに似ている気がした。
粗糖や糖蜜が加えてある分しっとりしてるんだと思う。
実際に黒糖饅頭はしっとりさせるために、黒糖だけでなく上白糖や水飴など加えるレシピもよくある。

どっち使っても原材料は沖縄産のみなので特に問題はないし、
本黒糖は自分で水飴とか加えて調整したほうが、黒糖饅頭を作るならイイと思った。
加工糖は、黒糖饅頭を作るなら元々糖蜜とか入ってるのでそのままでもイイ感じ。

黒糖を追求するなら本黒糖だけど、手軽でその辺で買えるということなら加工粉かな〜
ようやく決まった!
2015年06月04日 (木) | 編集 |
2日(火)に出勤したらシフト3週間分出ていた。
月曜に出たらしい。

勤めてから2年と3ヶ月毎度のことなんだけど、きっと今後ももう治らないだろう。

で、肝心のシフトは今週はこれまで通り週3。
そして残りがようやく週2勤務になっていた~!

でも、中学生来るのを全く考慮してないシフトだった。。
中学生来る日なんか平日にパートさんそんな必要ないのに。
社員がお盆前に夏休みを交代で入れてるのだから、パートは土日に集中させるべきだと思う。

最近、シフトと業務内容が乖離してて、仕事がはかどらない・終わらないか、人が余ってやることがないかのどちらかである。
シフトを作るのと同じく、日々の仕事のタイムスケジュールも作るべきなのに〜

ま、これも、これまでいて、治らないと分かってるけど~

でも、はあ〜、やっとこれで自分の時間が持てるぅぅぅ!!!!

で、決めました。
6月気合入れて根性入れて頑張って、自宅教室7月1日開始。
今度こそ!ホントにホントになるようにします!

予定と目標として

自宅教室のメニュー色々考えるだけは考えたが、メニューは、必要最低限に絞る。
7月スタートなので、夏向けにまず重点を置く。
たぶん職場もお盆除けば閑散期なので、夏の間に秋からに向けての焼き菓子(オーブンもの)のメニューを試行錯誤する。

さあ、明日から頑張るぞ~!(笑) 
オーディナリーライフ
2015年06月01日 (月) | 編集 |
本日から6月!

早い!!

このままではさすがにマズイ!

が、最大の要因の職場が。。。。
30日に出勤したときに、なんと6月のシフトがまだ未定!

とりあえず前回通り来てといわれたので、私の次の出勤日は明日の火曜。

勤務はじめて、2年3ヶ月。
常にシフトはいつもギリギリまで出ない
何の予定も立てられない。
たぶん、いつまでたっても直らないでしょ。

もういい加減ヒマになるし、6月は中学生が職場体験で来るので雑用はやらずに済む。
だから、時間が取れるはずなんだが、シフトが決まらないことにはどうにもこうにもならない。

結論として、今の職場は確かに和菓子屋で参考・勉強になることも多いし+出来そこない食べ放題お土産特典あるが
これから先、細々ながら自宅で教室やっていく+注文製造するとなると、この状態では不可能。
現にいつまでたっても自宅教室開講のめどが立たない。

辞め時を真剣に考えねば!


そんなありえない状況でテンションが上がったのは、30日帰宅すると渡辺美里30thツアーのチケットが届いていた。

電話予約の時は振り込み順に座席を割り振っていくということで座席未定だったが
届いたチケット見たら 1階6列のど真ん中
ファンクラブも何かしらの優先予約でないのに、この場所は驚異的〜

まあ、場所が宇都宮でなく那須塩原市黒磯文化会館ってのもあるんだろうけど。
いつも県庁所在地の宇都宮なのに、なぜに栃木県最北の駅がある黒磯?
宇都宮ICから黒磯ICまで約30分、自宅からトータルで約1時間。
電車で何か行ったら帰りの電車は無いかもしれない(笑)

9月6日なので冬季じゃないからいいけど
美里は昔コンサート行ったときに自分で「天才ならぬ天災女と呼ばれてる」といってたが、ホントに西武球場とか野外は雨の確率が高い。
宇都宮に引っ越してきた年に宇都宮文化会館に来たときは、確か12月9日。
その日は宇都宮に初雪が降った日だった
9月だから、さすがに雪は無いだろうけど、台風とかくるかな~?(笑)
まあ、それでも絶対行くけど!

4月に発売された30周年記念アルバムのタイトルは「オーディナリーライフ」
普通・平凡な日々・日常。
すごく良いタイトルで中身もすごく良い

9月6日までには、私のオーディナリーライフも整ってますように頑張ろう☆

そして、今日はサクサク動いている。
利用者やサイトの点検とか何かがどうかしてるのか不明。
でもサクサク動けば問題ないので、こちらは現状維持。