2017年の目標は『勝負』です☆
年末ですから
2015年12月24日 (木) | 編集 |
またまた久々にパソコンの電源入れた。

だって、もう年末ですから。

仕事ある日は、食事・風呂・寝るで終わるし。

仕事ない日は、掃除・洗濯にやらねばならない所用やって終わるし。

28日から31日までずっと仕事だし。
終わるまで帰れないし。(はたして終わるのかも怪しい。。。。)

なので、たぶん年内、もしかしてパソの電源入れないかもしれない。

ということで、また来年もどうぞよろしく!(笑)
チョコウォーマー その後
2015年12月17日 (木) | 編集 |
追加購入したチョコウォーマーだが、購入店に電話したら「着払いで送ってください」とのことで
早速月曜にクロネコで着払いで送った。

昨日の水曜、仕事から戻るとチョコウォーマーが届いていた。
箱を開けてみると、コードの根元部分を閉めて戻ってきた感じ。
『Martellatoチョコレート保温器のお取り扱いについて』という紙は入ってたが、どうしたのかは何も分からない。。。

で、さっき電話してみると、コードを締め直して、他も外して確認したとのこと。
ついでなので取説が外国語で読めないので確認したい点をいくつか聞いてみた。
連続使用時間・予熱などなど、これらを聞けば後は自分で使ってみて色々試してみるしかないのどの機器買っても同じこと。

さらに、確認したのは本当に故障した場合はどうするのか?
「部品がいくつかうちのほうであるので送ってもらえれば大丈夫です」
おお!これは安心!
やっぱり外国製でなくデカくても日本製日本メーカーの象印にすればよかったかも~ってチラッと思ったけど
販売店がメンテナンスをしてくれるのであれば問題無。
街の電気屋ならぬ、そこが合羽橋の中でも洋菓子外国製の機器扱い品揃えナンバー1の店舗なんでしょう。

これで近ければもっとイイんですけど。

職場でも機器が調子悪いとか何かあると、すぐそこの宇都宮本社の包餡機で世界シェアほとんどを占める『レオン』はすぐにやってくる。
とゆうか、市内だから営業がてらか挨拶がてらかよく見かける。

これが東京にしか営業所がないとかのメーカーだと、呼ぶだけで出張代がかなりかかる!
なのでギリギリまで電話かけながらあーじゃないこーじゃないやっている。

買うときも重要だけど、それなりに長く使うものとか高価なものはその後が大切。
いくらネットが進んでも、実店舗の、それで近くのとこが一番だよね~☆
マドレーヌで違いがハッキリ!
2015年12月13日 (日) | 編集 |
DSCF2796.jpg

冷凍庫に長らく眠っていたバターを年超さないうちに使ってしまおうと、マドレーヌとクッキーを焼いた。

マドレーヌはやろうやろうと思って試せずにいた、薄力粉のファリーヌ(左)と中力粉のクーヘン(右)で粉以外は全く同じ配合で比較してみた。

焼きあがった見た目が明らかに違う!
ファリーヌは家で素人が作ったマドレーヌで、クーヘンがお店の職人が作ったものぽい。
お菓子にあった粉を選ぶというのを本で読んで実際に実践してみると明らかに違った!

作る段階でもクーヘンはさっと粉が馴染みダマになる心配がない。
「未熟なスタッフでも中力粉に変えるだけで作業性が変る」と本にあったが、ああ〜なるほどなあ~こういうことか!

ファリーヌも薄力粉では形が維持できる力がある粉なんだけど、バターたっぷりや重い生地に合うのは中力粉だったのねぇ~

本によればフランスで使われる製菓用の粉は日本でいう中力粉に近い。
だからフランス菓子やヨーロッパの菓子は中力粉のほうが合うらしい。

食べても、ファリーヌもそれだけ食べれば美味しいけど、クーヘンと比べると膨らみが少なく横に間延びしている。
焼き菓子は横より縦が大きくて嵩があるほうが美味しい☆

クーヘンは北海道産小麦粉だが、国産では珍しい灰分が高い。
フランスの菓子・パン用の粉に近い感じだな~と私は思ってる。
シフォンとかロールケーキや和菓子ならファリーヌのように低たんぱく低灰分の粉が合うけど、
バターなどの重い生地には灰分が高い粉のほうが合うんだと作ってみて思った。
焼色も綺麗に出るし☆
前にフランス産のエリクチュールを使ったが、少し違うが価格はクーヘンのが安くやっぱり国産てのもイイ☆

DSCF2794.jpg

残ったバターはクーヘンでクッキーにした。

これら作ったの金曜で今日は追加購入したチョコウォーマーと前のと2台でチョコ作ったんだが。。。
うーん。
前回の倍以上の1㎏のチョコだったせいか、前回3時間ほどで溶けたのが3時間半〜4時間くらいかかった。
まあ、量が増えればそうだよね。

ただ問題はミルクはそれで溶けたんだが、ホワイトがいかんせん時間がかかった!
ミルクと同じ1㎏が5時間以上かかった。
さらに状態がよくない。。。。。。。。
ミルクは状態が普通に上げ下げのテンパリングより良かったのに~
ホワイトが相性が悪いのかな~?
本の見本もスイートだったし。
ホワイトってそもそも流動性悪いチョコだし。

なので作業打ち切り!
この判断は正しかった。
この状態で続けてもロスが出るだけ。

ホワイトは上げ下げ上げのテンパリングしてからチョコウォーマーに入れるしかないのか?
まあ、それでも温度が維持出来るのならテンパリング1回で済むし。
次回はそれでやってみよう。

で、それ以前に気になったのが追加購入したほうのチョコウォーマーのコードと本体の接続部分があまくゆるい。。。。。
最初に買ったのと比べると派遣で家電量販店で仕事してた私から見ると、これ不良品では???
なんかそのうち抜けちゃいそうだもーん。。
さっき購入店に電話したら、日曜は休みでした~

もしかしてこれが原因か?
ホワイトが追加購入したほうでやったので。

原因追求として明日とか電話する前に追加のでミルクで試してみようと思っている。

チョコレートは溶かしても、固めておけばまた使えるので全く問題ない。
サイド使うときにまたテンパリングすればいいだけ。
1種類のチョコだけで固めた場合は形やツヤが悪ければ何ででもやり直しが理論的はきく。
まあ、食べちゃうので型で抜いたのは戻しませんが(笑)

ここのFC2ブログの運営側の不手際などで管理者ページにブログのページ経由しないとログイン出来ない状態なのも困っている。
動作が遅いのは年中なんだけど。
最初の頃はそんなことなかったんだけどなあ~
自分である程度テンプレートやプラグインカスタム出来るので他より軽めだったのにぃ~

年末で職場も忙しくなってきたし。
もう何かと大変ですわ。
チョコウォーマー
2015年12月07日 (月) | 編集 |
前回のブログで東京で購入した新しい道具でチョコレート作ってみた

DSCF2791.jpg

薄手の肉球型
可愛い~♪
一口サイズで実物の猫の肉球サイズぽくって食べやすくってイイ
ホワイト・ミルク・スイートの3種類。

DSCF2793.jpg

シリコンの肉球型でミルクでマカデチョコ。
これは食べごたえ有!
口に入れればクーベルチュールチョコなので溶けるけど、ボリュームあり!
シリコン型なのでマットな感じでツヤ感はでない。
そしてチョコモールドと違い抜きづらい。
焼き菓子とかに使ったほうがいいかな~

DSCF2792.jpg

私の定番肉球ロリポップ
ホワイト×ミルクも作ったけど、画像はスイート×ミルク。
1個だけ棒を付けるの忘れたしまった
まあ、これはこれで可愛いけど(笑)

そして何といっても威力を発揮したのがチョコウォーマー
半年前に合羽橋行ったときに『チョコウォーマーでもテンパリングできますよ』と薦められ
説明で使われた 『ショコラティエの技術』 旭屋出版 2500円 の本を購入して実際に試してみた

DSCF2789.jpg

ミルクを700gほど入れた。
本は象印10ℓの使って前日夜にセットし翌朝一で作業できる状態になっているとあった。
私が購入したのは外国製の3.6ℓ。
どのくらいで溶けるか知りたかったので当日チョコを入れてみたら、この量なら3時間で溶けた。

DSCF2790.jpg

そして本にあった通りにテンパリングの常識が覆った〜
当然のように温度を上げ下げしてたのが、最終段階の使う温度でゆっくり溶かすだけ。
それなのに温度を上げ下げするより、はるかに状態の良いなめらかさ

購入した店舗でメモリは目安なので温度計で確認してください。
本では最終的に自分の目で触れて確認すること。
溶けた状態見た瞬間に『違う!すごいなめらかで綺麗!』って思った。

これは9万円の価値絶対有
それ以上の作業性・品質向上の価値ありありですよ~☆☆☆☆☆

その証拠に固まるのが速い!
ゴムべらに付いたチョコがすぐ固まる。
型から外す時にさらによく分かる!
逆さにしただけで落ちてくる。
きちんとテンパリング出来たチョコは型離れが良くすぐ固まるのだ。
当然見た目も口どけも良い☆

今までは一気に流すしかなかったが、使う分だけ少しづつとり流すことが出来る☆
チョコウォーマーの本来の役目は温度を保つことだから。

これはスゴイ!素晴らしい!

で、ロリポップで2種のチョコとか使うと当然もう1台必要なので、購入した店舗に電話してもう1台買いました。
木曜に着払いで届くことになっている。

ネットで検索したら象印しかなく、しかも価格が合羽橋より高く、よく分からない。

やっぱり実店舗が一番☆
電話一つでにこやかに親切でスムーズに対応してくれました
ドーンと買いました
2015年12月03日 (木) | 編集 |
月曜は東京でドーンと買い物してきた

DSCF2784.jpg

いつもどおり台車持参で合羽橋~駐車場のある池袋までゴロゴロ転がしました(笑)
完全にその姿は商売人(爆)

家に着いたら夜10時くらいで火・水仕事だったので本日木曜に荷物ばらした。

昼頃つけばイイかな~と10時過ぎに家を出発したら蓮田SAで早めの昼食とっても2時間かからずに池袋西武特約駐車場に到着。
常に渋滞の板橋ジャンクションも空いていて新幹線使うより明らかに早い!
料金も高速代・ガソリン代・駐車場代と新幹線・バス代は同じくらいなので荷物積める分絶対車のほうが得で便利☆
さらに、遅く空いてたのかと思ったら翌日の新聞に『圏央道開通で流れが変わった』とあり、
確かに!東北道で圏央道に出入りする車の量多かった!
首都高の池袋へ向かう5号線は東北道と中央道・東名をつなぐ道だから、東京に用事が無ければ圏央道を通ればイイ。
帰りも渋滞全く無くスムーズで、圏央道開通の恩恵あり☆
ますます東京での買い物は車が便利になった。

まずは合羽橋で買い物

DSCF2788.jpg

ミニサイズのガラス瓶と予備の蓋。
このサイズは合羽橋でないと売ってない。
あると便利で重宝なサイズ。

この後クロネコで12番の箱を買う。

DSCF2787.jpg

種落としと置台

職場で羊羹や水まんじゅうをこれで落としてるの見て、ジャムもこれで入れたら効率良さそうと思った。
職場のもっと大きくて両手持ちだが、実物を持ち比べた結果片手にした。
あちこちの店で扱っていたが置台も売ってたのは1店舗のみで、種落としの値段は最安値じゃなかったけどそこでセットで購入。
店舗の人も言ってたが置台が無ければ意味ないもの~!
この店舗は合羽橋に行くとほぼ何か和菓子関連の道具を買うとこで、うちにある焼印とかほぼここのもの。
和菓子に関しては品揃え接客も良く、私はここが一番☆

DSCF2785.jpg

今回の最大の目的のチョコウォマー
9万円ほどしました~
思い切りました!!
やっぱり作業効率・品質向上考えると絶対これは必要必須!
扱ってる店が2店舗しかなく、前回行ったとき別の店舗で象印を薦めらて確かに象印のほうが作りはいいが
いかんせん容量が大きく最低量が2㎏。。。
こちらの外国製は全部でその店舗では4サイズあるらしく一番小さいの売れてしまい在庫があった2番目のを購入。
メイドインイタリアとあるのでたぶん取説がイタリア語なのか全く読めない(笑)
まあ、電源と温度調整つまみしかないので大丈夫だろう。

これを買えば型も増やさねばと

DSCF2786.jpg

左の肉球ロリポップはネットショップで新たに1個購入。
ついでにロリポップ棒を500本。

合羽橋で購入したのが、一口サイズ薄手の肉球型3個、シリコン型2個。
ロリポップは大きくて可愛いけど、一口サイズもあったほうがちょっとつまむにも商品構成的にもイイ☆

ジャムとか煮るときに暑いので長いゴムべら。
業務用の耐熱性のロングミトン。

他にも包材など購入。

合羽橋の帰りに乗り換えの日本橋コレドの冨澤商店を覗き、ちょっと一休み

コレド日本橋・ほうじ茶カステラ
ほうじ茶カステラ・ほうじ茶付。
時計を見たら私はどうやら3時間以上合羽橋をうろいてたらしい。

池袋に戻って車に荷物積んでから、東急ハンズとサンシャインで買い物

DSCF2783.jpg

一目ぼれししてしまった黒猫フリースボアトレーナー。
画像分かりづらいが耳も付いててめちゃくちゃ可愛い~♪

さらにビックカメラで6千円くらいのCDラジカセ購入。
台所で音楽聞く用。

まあトータルで14万は使ったでしょうか。
いやあドーンと買いましたよ。
でも必要なものばかりだし。

どんどん作ってさばいて原価焼却しようと思ってまーす!(爆)