月香茶会分室ブログ

2017年の目標は『勝負』です☆

チョコじゃないもの

年明けてから家で作ったお菓子は、ほぼチョコ!

それ以外は、こし餡と白餡。

職場でも餡三昧なので、ここ数か月は餡とチョコしかほとんど触ってないかも~(笑)

で、チョコでも餡でもないものを作ることにした。

DSCF2818.jpg

柑橘寒

本当は伊予柑でくりぬいて器にして伊予寒と思ってたのに
チョコと格闘してる間に、夫に伊予柑を全部食べられてしまった

冷蔵庫にあった清美ジュースと具は夫のお客さんから届き伊予柑より2・3週間前からあるのに残っていた文旦。
文旦は水分は少く実がしっかりなので具向き。
伊予柑は果汁が豊富なので本体の予定でした。




500本突破!

ついに肉球ロリポップが500本突破!!
今年に入ってなので、自分でいうのもなんだが、たくさん作ったなあ~

数をこなすと、作業が早くなる・コツがツボが分かってくるもので
ロス率もだんだん低下していたが、別のロスが発生

速度が超えた!

ホワイトが固まる前に流してしまい、はみだしてしまった
作業速度がチョコの固まる速度を追い越してしまったらしい(笑)

ロスはうちで消費するのでイイけど。

でも、やっぱりたくさん作れば、やはりロスも出るので。
自分で秋ごろにネットショップ立ち上げてアウトレットにしようかな~と思っている。

たぶん、今期はこれでロリポップは終了だと思うが、万が一に備えて袋と棒を手配せねば!
残ってた+500本と600袋用意したのだが、もう1回何かあると足りない!
職場でもたまにあるが(本当は絶対あってはならない)、材料あるのに包材無いから作れないほど、お馬鹿な事態はありませんから~(爆)

20㎏突破!

DSCF2817.jpg

今日は猫の日だそうだ。
猫が犬の飼育数を抜くとか、猫ブームがきてるらしい。
それもあるのか肉球チョコ好評らしい
追加分昨日発送↑
さらに追加分と別口のホワイトデー分などでチョコをと冨澤宇都宮店で土曜にスイート・ホワイト・ミルクを各1㎏、
さらに予約取り置きで水曜の仕事帰りに受取りでミルクを2㎏。
ここまででここ2か月ほどで購入したチョコが22
20㎏突破!(爆)

粉は25㎏いらないけど、チョコなら買えるかも~(笑)

前回のブログで探してたクーヘン発見しました。
たくさんの情報提供してくれたショコラさんありがとうございました☆

楽天に出店していた北海道産の粉を扱っている会社が自社サイトもあり、そちらはサクサク動いた(笑)
クーヘンの250g入りもあり、他にもまさにプロ仕様の北海道産の粉がずらり!
使ってみたいのがたくさんあった。
が、5000円以下だと送料が800円かかり、現在他に入用がなく次回に持越し。
ビートグラニュー糖も扱ってて他より30円くらい安く、箱だとさらに安くなるので
砂糖購入時にいっしょに買う予定。

3月には東京行きたいと思ってるので、クオカの実店舗をチラッと見てこよう。

以前ブログにも書いたが、クオカはチョコは常に賞味期限が3か月未満のばかり送りつけてくる。
最後はミッシェルが残り1ヶ月のきて苦情をその度しても対応が開き直りの横柄で利用を止めた。
しかも元々かなり高額なチョコなのに。。。。。。。。。。。。。

他社サイトは半年以上賞味期限が残ってるのを送ってきた。
クオカは私が行った実店舗(東京の今は無き新宿三越店)でもチョコは3か月未満。
3か月未満はセール品、1㎏袋なら1000円引きや1ヶ月なら半額以下。
基本的に1か月未満は通ってた教室でも即返品交換である。
他のネットショップは通信欄に「賞味期限確認」とすれば、
電話かけてきて「いつまでですがこれで出荷してよろしいですか?」と確認してくれる。
JHCも一度手違いで1ヶ月の届いたときは、メールした当日に電話してきて
「申し訳ございませんでした。こちらの手違いでした。新しいのすぐお送りしますので、手元にあるのも良かったらそのままお使いください」
貰っちゃたら悪くないですか?というと
「古いのは戻されても売るわけにはいきませんから」と、クオカの人に聞かせてあげたいわ~と思った。

ちなみに、チョコレートの賞味期限は製造から2年。
賞味期限が製造から2週間の生クリームと比較すると、
残り3ヶ月は、生クリームなら2日未満。
残り1ヶ月は、生クリームなら賞味期限があと半日で切れる。
あと半日で賞味期限切れるような商品を平気で定価で送りつけてくるっておかしいでしょ?
スーパーの棚で当日賞味期限切れる商品を定価で買う・並べるって人います?

でもクオカは違う。
いいわけを並べご了承ください。
『品揃え多いんだから、賞味期限短くたってしょうがないじゃん』って方針だと思うことにした。
だから利用しないことにした。

だから、冨澤が売れない商品を廃版にするのは仕方ない。
他の業者も商品数にばらつきがあるのは仕方ない。

ミルクが予約取り置きになったのは、宇都宮店の通常の1㎏入りの入荷数が2袋しかないからだ。
通ってた教室も最初はカルマのデカイ1.25㎏だったのが、だんだん小さくなり別メーカーになっていた。
チョコレートをする人は1㎏入りが当たり前だが、チョコを使ったお菓子を作る人は200g入りとかで十分だからだ。

売れない商品を置いても賞味期限が短くなる。
その商品を購入する人もそれなら嫌だというと行き場が無くなり見切り品になる。
家で教室で実店舗で今日か明日に食べるなら特売で安いの大歓迎だけど、それ以外は困る。

別に予約取り置きでも、冨澤ネットショップだと8000円以上で送料無料だが実店舗はどんなに安くても無料♪
実店舗の店員さんもそこはアピールしていた(笑)
通常店舗に無い商品もネットにあれば取り寄せ可能なので、やっぱり近所に実店舗できたの大きい!
しかも、もう何もいわなくても賞味期限確認してくれるし(笑)
11月にオープンしたばかりなのに「いつもご利用ありがとうございます」と土曜はいわれてしまった(爆)

まあ、2か月でチョコを20㎏以上購入するって、大口客だよね~

クーヘンを探せ!

金曜は、らでぃっしゅぼーやとよつば生協がやってくる。
らでぃっしゅは今月からセンターの仕組みが改善されたのか以前より1時間くらい早く12時前に来るようになった。
よつば生協が15時~16時の間なので、時間がより空いたのはどちらかが早く遅くなろうがかち合う心配が減ったので良かった。

よほどの用がない限り、よつば生協が来ない限りは金曜は家にいる。
ただ今待機中でパソコンやっている。

冨澤のネットショップでチョコ追加するついでに他のものを色々購入したが
前回買って使って良かった分類上中力粉で北海道産なのに灰分が高く風味が強く焼き色がすっごく綺麗な『クーヘン』を買おうとしたら、知らないうちに1㎏は無くなっていた~!!!!
あるのは業務用の25㎏のみ。。。
さすがにそれはちょっと〜

確か冨澤の実店舗が宇都宮に11月にオープンして、最初に店舗の商品チェックしたときにはクーヘンはあった。
もしかして?宇都宮店ならまだ在庫がある?(売れ残ってる?)
水曜に仕事帰りに宇都宮店に行ってみたら、ありませんでしたー!残念。。。

店舗で確認したら11月に終売になり、他の店舗で在庫がないか調べてもらったが無いらしい。
無くなると問い合わせも多いらしい。
ネットショップも以前は口コミほとんど無かったのが、ないと増えた(私も書いた)
『1㎏復活希望』と

粉がお菓子をおいしくする』という本を読む前は私も灰分が高い中力粉の良さに気付かなかったが、一度その良さや薄力粉との違いに気づいてしまったらもう元には戻れない(笑)

どこかで入手できないか?と製造元の江別製粉のホームページみると小ロットではここでは入手は出来ない。
ここで分かった新たな事実。
私が今一番気に入っている薄利粉「ファリーヌ」と、薄力粉の冨澤売り上げ№1で製菓用で北海道産で知名度が高い「ドルチェ」と、探している「クーヘン」は、同じ「きたほなみ」という品種だった!

へぇ~☆面白ーい☆と思ったが、まずはどこかでクーヘンを入手出来ないか?と検索したら、
楽天で北海道産の粉を専門に扱ってるショップがあった。
が、フリーズしてどうにもこうにもならない。。。。

fc2も冨澤ネットショップも他のホームページやサイトもだけど
パソコンのセキュリティーソフトを上げると動作が遅くなるし、フリーズする。
特に楽天は酷い
まずほとんど正常に見れることはない。

こちらがパソコンが情報を読み取らせないぞ~!宣伝ポップもブロックするぞ~!
あちらが個人情報読み取るぞ~!!ガンガンスポンサー収入稼ぐぞ~!!
お互いがせめぎ合うのでフリーズしてしまう。

だから、冨澤の実店舗が宇都宮にオープンしたのは大きい☆
実店舗はフリーズしません(笑)
ま、たまに店員が知識不足でフリーズするけど(爆)
買い物は在庫があれば出来るので問題ない。
在庫なくても本部にあれば取り寄せ可能だし☆

やったらめったらフリーズするサイトは危険度が高いか?ドケチか?詐欺か?ってことだ。

私はセキュリティーを下げるつもりは全く無い。
基本ネットショッピングは好きではない。
が、クーヘンはほしい!

どうしたもんだろ~?

300個突破!

DSCF2813.jpg

バレンタインは終わったが、私はまだチョコと格闘中。
嬉しいことに、ありがたいことに、追加注文入りました
これは別にホワイトデーの注文が20個分ほど入っている。
なので、まだしばらく続く。

DSCF2815.jpg

今日は肉球マカデ↑と肉球ロリポップスイート↓

DSCF2816.jpg

今シーズン、ロリポップ用の棒を100本入り5袋購入。
今日、4袋めを開封。
昨シーズンの残りも少しあったので、確実にロリポップ製作300個突破

400個もみえてきたんじゃないの~?

チョコも合わせて14㎏用意したが、追加注文分足りないので11日ネットショップでスイートとホワイトを1㎏1袋づつ購入。

これだけ作るとさすがに色々勉強したり反省したりなんだかんだで要領も分かってきました。

知識も技術も実践あるのみ!
経験だ!というのを思い知らされた。

そして、それを可能にしたのは チョコウォーマー

それなりの道具の威力あり

その道具も材料も使い方も現場にあり

いくら情報化社会だ、ネットだ、スマホだいっても、本当に本物は現場。

1週間前職場で営業の名詞と簡易のカタログがあって
見たことも無い1.8ℓの小型でデザイン可愛らしく色も数色あるチョコウォーマーを発見!!
たぶん新製品じゃないか?と職場で話したけど
ネットと違い、あちらから売り込みに来るのが現場だもの(職場には別の商品を売り込みに来たんだけどね)

その新型がちょっと欲しいと思ってるが~
それは、よく冷静になって考えようっと。

これから

今日は6時半から2月15日で退職する餡場の人の送別会。

日付は少し前から決まっていたが、時間と場所を知ったのは今朝の8時過ぎ。。。。
先輩パートさんが電話くれて分かった。

毎度のことなんだけど~
もっと早く時間と場所も決めてくれないと、自分の予定が立てられない!
毎日職場に行ってるわけでもないし。
パート同僚の連絡待ちしなきゃならないし。

今日、追加のチョコ作ってたけど。
昨日の段階で送別会の時間と場所が決まってなかったから、どれくらい作るか私の計画立たず~
ホントはもう1回したかったけど、これから型から外して本日作業終了。
続きは明日か明後日だわ~

ただ職場の良いとこは、会費は全て会社持ち
新年会も全てそう!
パートは普段の昼食の弁当も会社持ち☆
なので、仕方ないとする(笑)

METROに行ってきた

食品衛生責任者の講習で知り合い仲良くなった人にMETRO(メトロ)に連れてってもらった。

コストコは誰でも会員になれて入れるけど、メトロは本当に商売人でないと会員になれない。

「許可証持って来てください」とか引率者も会員になるときメトロにいわれたらしい。

だけどコストコと同じく会員と一緒に入ることは出来る。
なので連れってもらい見学してきた。

『食のプロ専用卸売場』というキャッチフレーズ通りで外資系って感じ。
商品的にはあまりコストコと変わらない。
業務用で大容量。
メトロのPBがある。

コストコと違い飲食関係以外の商品は扱っていない。
材料や道具のみで、店内調理・加工品とかはない。
プロ専用の卸売なのだから必要ないのだろう。

製菓パン関係はほとんど扱ってない。
なので私にはあまり関係なさそうだった。

たぶん、ちょっとぶらぶらするなら断然コストコのほうが楽しい。
ただ、宇都宮、栃木県にはコストコは無い!
コストコあっても、コストコも製菓パン関係はないのであれば行くかもしれないが無ければ無いでも困らない。
宇都宮に鹿沼にできるって噂はあるが、できればイオンが嬉しいなあ~(笑)

板チョコ

白餡・こし餡は冷凍庫でお休みしてもらって、まずは注文の肉球チョコ作った

DSCF2809.jpg

注文の品以外に他の型も2種使ってみた。
チョコウォーマーあるので、並べられれば一気に色んな型を使って作るのが効率的で
一番良い状態のチョコも一気に使えるので品質も揃う。

DSCF2810.jpg

今季初の板チョコ型。
持ってる中ではただ固めて食べるなら、やっぱりこれが一番
板チョコの絶妙な厚さはやっぱり美味い
最終的にチョコレートは食べるなら板チョコに勝るものはない気がする〜

DSCF2812.jpg

本日作ったチョコを包装して並べてみた。

肉球ロリポップ用の袋がちょうど板チョコにもどんぴしゃ
これはイイ☆
すごくイイぞ~☆

少し考えた結果、チョコの来季の11月頃に自分でネットショップをやろうかな~と。
自分でやるので、肉球だけでなく他のチョコの型や種類を出来る範囲で並べたい。
板チョコはラインナップに当然欲しい!
袋が共通で使えるのはイイ☆

並べると分かるが肉球ロリポップはけっこうデカイ!
1個で市販の板チョコの半分近くの重さがある。
この大きさが見栄えのするし食べごたえもあるが、ちょっと食べるにはデカイ。
そこで11月に合羽橋で購入したのが、右端の肉球型。
裏合わせで4個入りで袋詰めしている。
これは一口で薄めなのでちょっと食べるにはイイ☆

その隣で、最初の画像で左上の型が1年位前に100均で購入したもの。
これも一口サイズ。
サイズは良いが、やっぱり100均でシリコンでペラペラなのが微妙。
シリコンだと艶も出ないので、同じくらいのサイズでチョコモールドが欲しいなあ~
ロリポップで大小あったほうがいいもの。


世間はバレンタイン。
私もこの注文はバレンタイン用ですが、私自身はバレンタインには参戦は基本しません。
終わった後の処分に参加して、それからがシーズン。
参加はしないけど、この時期だけの有名店や有名ショコラティエやパティシエのチョコが一堂にデパートにコーナーが出来るので興味があるので見には行く。

東武宇都宮百貨店の4階の特別コーナーに10日ほどまえに物産展で包丁砥ぐついでにいったとき
とあるベルギーに有名ショコラティエのとこで試食を出された

プラリネで有名で世界で賞も取った人のものなんですよ

たしかに食べたのはプラリネだった。
紹介のとこにベルギーとあるのに、ベルギーといえばチョコモールド成形が主流というのに珍しくフランス系の四角い形のチョコ。

ベルギーなのにモールドじゃないんですね~

いえプラリネですから!」

このハートのはモールドですよねぇ

いえ!プラリネですから

プラリネって中身だろ?私がいったのは成形だと突っ込みたかったが、仕方がないので

「プラリネも色んなナッツで作ってあるんですか?」

はい。プラリネですから

。。。。。。。。

その人見た感じ40~50歳ほど。
期間限定パートにしたって酷すぎるだろ~?????
たぶん、間違いなく、プラリネの意味も分かってないんだろう。
当然何も買わずにその場を立ち去った。

宇都宮東武だから許されるのか知らないが、池袋東武だったら大問題というか食品フロアマネージャーに怒られるというか
このことを友達に話したら「ええ、もうそれはお前はずっと包装だけしてろ!でしょ」
うん。私もそう思う。

その後包丁取に行ったときに新潟長野物産展ざっと見たら、ちゃんと現地の人が来てキチンと商品説明してくれたので少し落ち着きましたけど(笑)
だから、葡萄ジュース・茶・ジャムとか買いましたもの。

商品の品質も大事ですが、接客の品質も重要ですよね~

こし餡は作れる。粒餡は買うもの。

DSCF2808.jpg

今日はこし餡作った~!
やっぱり自分で作ると美味しい♪

和菓子を習うまでは粒餡派だった。
習ってからは作るのはこし餡がほとんどになった。

なぜだろうといえば。

私の通った教室で正規コースを卒業すると100くらいのメニューはある。
さらにその上と上と単発を合わせると、覚えてる・家で作ったは置くとして200前後の和菓子をやっている。
その中で粒餡は手で数えられるほどしか出てこない。

今の職場でも圧倒的にこし餡の和菓子のほうが品数が多い。

粒餡だと、大福・どら焼きに大判焼き(今川焼)・たい焼きとかしかパッと浮かばない。

大判焼き・たい焼きは家で作るってまあありえない。

どらやきも、あの銅板、和菓子用語で平鍋物は家で作るのはそれがないと無理。
ホットプレートとかだと、なんとなくでそんな感じかな程度。
そもそも粗熱が取れたら餡を挟む人がいないと良い状態にはならないと今の職場でよく分かった。

大福も餅粉や白玉粉で簡単に出来るが、お店の糯米から搗いて作るのには到底及ばない。

だから習うまでも習った今でも買うものは粒餡の和菓子なのだ!

水羊羹とかは絶対家で作るほうが美味い!
練り切りも出来立てが美味いので自家製が一番!
こし餡ものは家だからこそのがけっこうある。

そもそも、粒餡のほうが作るのも難しい!
潰し餡でも小倉餡でもなく、和菓子の粒餡は難しい!
だからか市販品でも粒餡はこし餡より高価。
「小倉あんぱん」とか大判焼きで種類に「小倉」ってあると、なるほど!って今は思う。

家庭で昔から作ってるのは、潰し餡か小倉餡だというのも和菓子を習って分かったし、和菓子屋で働いてさらに分かった。

で、結論。
こし餡は作れるが、粒餡はありがたく市販品を買う!(笑)
たま〜に作って、潰し餡が限界。

前回の白餡と今回のこし餡で何作ろうかな~?

Bean To Bar

今日から2月。
あっというまに年明けて1ヶ月経った!

居間にはとっくに出ていたが、本日ようやく私の部屋にもコタツ出した

DSCF2807.jpg

パソコンデスクでひざ掛けしながらより、断然というか比較にならないくらいに暖かい!!(爆)
もっと早く出せばよかった~
でも、でも、ずっと出してるヒマというか余裕なかったんだもーん。
宇都宮は1年の半分は冬(笑)だから、まだあと2か月は使えるし♪

コタツ出す前に白餡作った

DSCF2806.jpg

数か月前に北海道物産展で店員に勧められた豆を使った

DSCF2805.jpg

数ヶ月前なので豆の名前は忘れた。。。

好きなものを自由に楽しく作るにはまずは素材!土台が必要!
餡がないと和菓子は作れない!
予定として、火・水は仕事なので木曜に小豆こし餡を作るつもり。

チョコレートでは近頃『 Bean To Bar 』が増えてるらしい。

Bean To Bar とは自家製のチョコレートをカカオ豆から作ること。
カフェ&スイーツの記事でショコラティエが「最終的にはチョコレートから自分で作らないと自分の味は出せない」とあったが
市販のメーカーのチョコでは誰が作ってもそれなりに作れば同じ味になるからだそうだ。

確かに!

でも、これは家で作ろうと思っても、さすがに焙煎し粉砕し練り上げるとか工程が専門の機器が無いと不可能。

でも、和菓子なら餡はBean To Barは十分可能☆

和菓子だって、餡が自家製でなく市販品だと誰が作ってもそれなりに作れば同じ味だよねぇ

でも、常に餡を自家製というのも大変!
気軽に楽しく作るなら、プロが作ったお手頃で美味い餡をありがたく買うのは絶対有!

チョコでもだけど、ボンボンショコラの中身やチョコ菓子なら副材料入ってチョコまんまじゃなければそれなりに作り手の個性がある。

和菓子も饅頭とか大福なら生地とかあればそこに作り手の個性がある。

羊羹とか練りきりだと、ほぼ餡で構成されているものは、やっぱり餡も手作りした方が「作ったぞ!」感が出る。

教室で初めてこし餡作ったとき、私含め生徒全員が言ったのが

「これで水羊羹作ったら美味しそう~♪」

今日作った白餡は、これをベースに何か作るつもりで基本の並餡(生餡に対して砂糖60%)より甘さ控えめにした。
家で作る利点は、作りたいものによって出来上がりを変えられるとこ☆


昨日は前回のブログにアップした文旦1個で試しにジャム作ってみたが・・・・・・ダメでした

水分がほとんど出ないで実がしっかりで煮崩れない。
ジャムでなく甘煮になった(笑)

文旦の特徴を生かすなら、シロップ漬けとかにしてタルトやパイの上に飾ったらよさそうだ。
オレンジとかより苦みもあるので大人の味ぽくなりそうだし。
でも〜そんなお洒落なお菓子は私は作らないので、そのまんまバクバク食べることにした(笑)
作ってもゼリーだな

HOME

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

おやちゃん☆

Author:おやちゃん☆
おやちゃんです。
「おやちゃんさん」の「さん」付は禁止です☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク