2017年の目標は『勝負』です☆
計るのが一番!
2016年10月31日 (月) | 編集 |
にっこりジャム

本日も残りのにっこりと格闘して昨日と合わせて、こんくらい梨ジャム完成☆

にっこり ヨーグルト

ヨーグルトで試食☆
まず、甘い!
だけど甘ったるいとかでなく、濃厚で芳醇な甘さ

去年初めて梨ジャム作ったときもそうだが、梨は糖度と格闘(笑)
今年の梨はさらに良品で糖度がすっごく高くて、通常果物の50%の砂糖でジャム作るのが、梨の糖度が高すぎて25%で作った。
その分、ぎゅっと梨の甘さと旨みが濃縮
すごい贅沢な梨ジャム
蜂蜜の代わりに厚切りトーストに乗せたら美味しそうかも~♪
よし!厚切り食パンを明日の仕事帰りに買って帰ろう!

以前はジャム作るときはトロミとかは温度計で確認していた。
錦玉寒やフォンダンとか砂糖と水だけならそれで大丈夫。
ジャムの場合は、元の素材の糖度や酸味や水分量などなどあってトロミはOK!でも、超・超甘くてジャムじゃなくて蜜か飴になる時も。。。
なので、糖度計を導入。

ジャムに限らず、ある程度の範囲内に安定したものを作るには計るのが一番!
重さを量ったり、時間をはかったり、プロ向けや専門性高い本とかほど基本計るようにレシピに書かれてること多い。
家庭用でも素人や慣れない人が作るからこそ、計るのが一番!

『錦玉寒は102℃まで煮詰める・または糸が引くくらいまで』と和菓子教室で習ったときいわれたが
糸が引く加減って個人の感覚の差があるし、そもそも作業の手早さとか別の要素も絡む。
数字化してるほうが目安になる。
計ることは経験はいらない。
はかり・温度計・タイマーはどこにでも売ってるし、お菓子とか作る人は最低はかりは絶対持っているはずだ。

前回、職場の若い社員さん達のことかいたが、私は立場上パートなので余計なこといわないように日頃はしている。
が、聞かれたら答える。

「プリンがなんで固まらないのかな~?」
「どら焼きやマカロンがなんで大きさがいつもバラバラなんだろう~?」

「温度が高いんじゃないの?卵の凝固温度や牛乳のタンパク質が固まる温度は何度でしょう?」
「マカロンの生地を作るたびに比重を計ればイイんじゃないでしょうか?」

だいたい答えは、計れば解決する場合が多い気がする。

もちろん計りは目安でしかないので、目視や触った・混ぜた感じで最終確認はする。
でも、まずは基本計る!
商品として売る以上一定の水準で基準値でなくてはならない。

そして家庭で作るにも仕事で作るにも、上手に美味しく出来たほうが楽しい♪嬉しい♪

どこだって、失敗して見た目悪くてまずかったらまずヘコむつまらないし、空しいし、悔しい!


計らなくて済むのは、生まれつきの超天才か本当に本物の知識も経験も技術もある職人さんだけ。
そんな人は世の中にはほとんどいません。
私もたぶん一生無理だと思うので、まずは計ります(笑)


贅沢な梨ジャム
2016年10月30日 (日) | 編集 |
前回の梨ジャムの続き。

今回のにっこりは糖度が高く実がしっかりしてるので、梨1個分ををフードプロで荒くくだいて加え調整。

そしたら、なんとなくイイ感じ♪

結果、梨2㎏に対し、砂糖が26%くらいだった。

糖度計で確認して、糖度60%くらいで火を止める。

通常どの果物でも正味1㎏+砂糖50%で1個90gのジャムが10個前後出来るのだが、
今回の梨ジャムは砂糖が通常の半分くらいだったからか、梨約2㎏で12個しか出来なかった。

梨の中でもにっこりは高価なので、かなり贅沢な梨ジャム

そもそも私は砂糖だけで煮詰めてトロミを出すので、その辺で売ってる市販のジャムより同じ体積で重量があるジャムになる。

いつからか、低糖とか煮詰めが甘いだけのゆるゆるのジャムというよりソースかシロップみたいなのよく見かける。

前回のブログで職場のカボチャプリンのついて書いたが、
やわらかさは好みだし作り手のセンスだし、それは人それぞれだと私も思う。

ただ問題なのは、職場のカボチャプリンの上の生クリームは初めからゆる~いクリームが乗ったものでなく
絞り袋で絞ったデコったクリームが崩れて、あたかもゆるいクリームを流した状態になってるからだ。
崩れたクリーム』と『ゆるいクリーム』は全くの別物である!

さらにいつも大問題なのが、クリームがそんな調子なのでカボチャプリンの配合がそもそもゆる~いので毎度「固まらない~」と騒ぐこと。。。

でも、まだ騒ぐだけマシだとは思う。
夫がもらってきたものとか、ホントに最近全く固まっていないプリンもどきがよくある。
そこからすると固まってないと騒ぐだけ、一応その辺は理解してるんだな~とは思う。
ちなみにカボチャプリンは今年の新入社員か去年入社社員の若手の担当なのでまあ多少は色々あってもそれも経験。
積まないと学ばないし覚えないし、成長につながらない。
少し生クリーム入った配合の方がスが入りにくいのでイイけどギリギリのゆるさのやわらかさで固めるのは相当慣れた人で職人技なので、若手向けではない気がする。

「なめらかプリン」の火付け役のパステルのプリンはちゃんと固まっているし、プリンとして成立していた。
生クリームが多めの配合のちゃんとプリンと呼べるプリン。
ただ、私の好みではない(笑)。でも正真正銘のプリンだし、好みは人それぞれなので有り

プリンと同じで、ジャムもジャムとして適度トロミがなくてはならないはずである。
そのトロミ加減は好みだけど☆
それがなければ、シロップかソースなんである。

そのトロミのつけ方が、『しっかり煮詰めてトロミを出す』のか、『ペクチンや凝固剤を使う』のかである。
後者は私は水増しジャムだと思っている。
ただ水増しだけど、その分糖度は低く出来る。
でも、ジャムとして保存食として、そもそも低糖度ってどうなの?って疑問である。

塩分控えめだけど、添加物が入った梅干しとか、もう何かが間違ってるとしか思えない。

プリンとかも凝固剤で固めてるのあるけど、それはやっぱりプリンではなく、ババロアかムースの親戚。
凝固剤使わないけど、固まってないのもプリンではないと思う。
カスタードクリームのお友達か親戚にしか思えない。

趣味で家庭で内輪で楽しんでるだけならいいけど、商売としてプロとしてお金を取るのなら、キチンとしたものを提供するのが当然だと思う。
それが職人

作る・食べるだけでなく、文化や伝統を本物を伝えるという大切な使命がプロにはあるはずだと私は思う。

私もまだまだ職人はほど遠いはるか向こうだけど、少しでも近づきたいな~とは思っている。

思ってるだけで、いつ、どこまでいけるのかは全く分からないけど(笑)
林檎に梨に葡萄
2016年10月29日 (土) | 編集 |
シナノスイートコンポート

煮崩れなかったシナノスイートをコンポートにした

にっこりジャム試作

その後は、昨日仕入れてきた梨(にっこり)でジャム試作。
去年の経験を踏んで、にっこりに対して40%の砂糖で煮詰めていき糖度計ったら70
梨が去年より糖度が高いらしい。
そして去年より実がしっかりしていて煮崩れしにくい。(にっこりだから豊水より実がしっかりしている品種なんだけど)

粉やナッツ類とかは多少は変わるが、毎年通年そんな大きく変わることはない。
果物はその年によって、糖度・酸味・硬度などなどマチマチで大きく差があるのも珍しくない。
なかなか難しい~もんである。

柿・林檎と梨ときて、どうやら今年の果実は実がしっかりめ傾向なのかも~?
そういやブルーベリーも皮がしっかりめだった。

だんだん学習能力というのがあり、初めから大量に仕込まなくなったので、ここから修正・改善だ!!

梨のあとは、そのまんま食べるには美味いが食べづらい葡萄のべりーAを加工しようと思ってたが
まずは梨を先になんとかするか。

今年は夏頃からとにかく大収穫祭状態である(笑)


昨日、梨園行くときにリクエストの菓子を買うために職場の本店へ行った。
宇都宮の中心部再開発事業で本店は仮店舗で狭いスペースに商品を並べていて見づらかった。
仮店舗だから仕方ないけど、全商品が横一列に並べられるショーケースがあれば見やすいし選びやすいのな~って思った。
基本和菓子屋なのでそんな商品数めちゃくちゃ多いわけではないし。
いつも工場だから値段とか分からなかったから、包装待ちしてる間に価格チェック。
全体的にリーズナブルである。
上生は全て1個250円、ほとんどの菓子は110~160円くらい。
県内の同じ規模や個人店の和菓子屋と比べて50~100円くらい安いと思う。
日頃の最近の工場の状態考えると、これで儲けあるのかな~?と疑問が(笑)
東京じゃないのに薄利多売は無理だろうし。
でも、やっぱり本店は雰囲気が『ザ・本店』ってオーラが違うというか、他の店舗が近くて便利でもやっぱり本店!って気持ちは分かる!
金沢に行ったときも「やっぱり本店巡りがおすすめですよ♪」と麩専門店の本店の店員さんがいったけど、その通りだったし☆

で、その中でひときわ高めで場違いなものが、県産中山南瓜を使用した期間限定カボチャぷりん。
1個330円だったと思う。
これは今風の私的にいうとカラメルもなくて・やわらかいとかなめらかでなく、ただゆるいだけのプリンの名を名乗ってる菓子である。
極めつけは上に乗っている生クリーム。
配達のおじさんが店舗から「プリンの上の生クリームが崩れてると苦情が多いくて困る!」と言ってたが、
私が見る限り、これはホイップしたのを絞ったのでなく、初めからシフォンやガトーショコラに添えるようなゆる~いクリームを乗せただけだった。

工場の若い社員さん達や近頃の世間の皆様方は『やわらかい』の意味と『ゆるい』と『なめらか』を間違えている!
私パートなのであまり余計なこと口出さないようにしてるけど、時々あまりにもひどいときは、かる~く遠回しに「違うんじゃない?」っていうんだけど、それ以上は社員でない以上は言えない。
言えないけど、コンビニや新興勢力じゃないんだから、これは130年の老舗の本店にふさわしくないよな~

これは人間でいうと、メタボロコモなプリンだと思う。

人間でいうと『やわらかい』は2種類。
①脂肪でたぷたぷでぶよぶよ・ぷよぷよのお腹や二の腕や、筋肉がなく痩せていても下っ腹ぽっこり・背中やおしりはでろりんこの、やわらかさ。ようはメタボ
②柔軟性があり可動域が広く、しなやかでなめらかな、やわらかさ

かたい』も2種類
①運動不足やスマホ病とかでコリコリで、柔軟性も無く可動域が狭い、かたさロコモ
②適度でしなやかな筋肉があり、引き締まった体の、かたさ。菓子とかでいえばコシがあると表現し、凝固剤の量によって少なければふるふる・多めならぶるぶる
とした弾力を指す。

やわらかいもかたいも、①と②は両方セットである。
筋肉があるからこそ柔軟性があり可動域が広いのである。
ロコモだからメタボになるのである。
片方だけでは成り立たない。

プリンの固さや生クリームの配合とかは好みだけど、プリンというのは型から出してちゃんと形を維持できるものだと思う。
寒天やゼラチンで固めたお菓子も同じ。
日常生活レベルやスポーツによって求められる筋肉や柔軟性や脂肪の割合が違うのと同じ。
型から出せるというのは=最低限の日常生活レベル

職場のカボチャプリンは贅沢に高級食材の中山南瓜使って手間かけて作ってるけど、
型から出すのは不可能だし配合的にもかなりメタボってる。
そして上の生クリームは配達のおじさんが怒るのも店舗から苦情出るのも当然。
これが他所の会社の店舗のなら『職人がいないかチェックする人がいないんだろうな~』だけど。
手間かけて材料費かかってるのを知ってるだけに、ありえないというか悲しいというか空しいというかやりきれない気持ちになった。
正直、無い方が130年の老舗の和菓子屋本店ふさわしい気がする。

とりあえず、自分はメタボでロコモにならないように、ストレス解消と趣味と日常でこれからスポーツクラブに行ってくるけど
私の誕生日なんですけどぉ~
2016年10月27日 (木) | 編集 |
昨日は私の誕生日だった。

父がケーキを買ってきたのだが、3人家族なのに毎度のことだが5個あった。
うち3個は中が生クリームたっぷりの果物数種類+上にもデコで生クリームがどんと乗ったフルーツロールケーキ。
1個がチョコガナッシュの中央にバナナのココア生地のロールケーキ。上に生クリームちょい+フルーツのデコ。
もう1個がオペラ。

「好きな食べてイイ」というが、どう考えても一人1個は必ずフルーツロールケーキを取らないとダメでしょ~?!
仕方なく食べ始めたが、半分弱でギブアップ(T_T)
で、オッサンズが苦手で食べないだろうオペラをとりあえず食べた。
残りは夫に押しつけた。

だって私、生クリーム苦手なんだもーん!!!

実は子供の頃は甘いのが苦手だった。
特に生クリームたっぷりや偽物黄色いモンブランとかわけわからないバッタもんは、全くうけつけなかった。
自分で作るようになってから、本物は食べられるようになったし、本物は偽物と違い美味い♪というのも分かった。
でも、生クリームどーんでたっぷりは得意ではない。
だから、ぐちゃぐちゃのでろでろのプリンもどきも、生クリームタワーのパンケーキも絶対ありえない

うちは誕生日じゃないと丸いケーキ(苺ショートのデコケーキ)食べられない

以前夫に言われたが、その理由は旬じゃないときに苺のケーキは作らない。
そして、私が生クリームドッカンが苦手だからである。

このFC2ブログでもWOの時も、生クリームまんま盛りのケーキを作ってアップしているのは夫の誕生日の苺ショート以外ほぼ無いはずである。

もちろん、ガトーショコラやシフォンケーキにゆる~くたてた生クリームをつけて食べるのは美味しい♪
チョコガナッシュやムースとか生クリームを使って作るお菓子も美味しい♪
美味しいと感じるのはあくまで適量で適材適所に使って素材の持ち味を生かしたものに限るのだ。

不必要な生クリーム盛りや、素材の品質の悪さや知識や技術の無さを誤魔化すに大量に生クリーム使った菓子は全くうけつけないのだ。。。。

そりゃあ~誕生日にケーキ買ってきてくれる気持ちはありがたく嬉しく受け取るが
40年以上も親子やってるのに、わざわざ私が苦手な嫌いなのを、私の誕生日に、しかも毎年買ってくるんだ~!!!ぅ(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁ~~~~ッ!!!!!!

そして、この購入先の近所のケーキ屋は父が買ってきた日本的な洋菓子ちっくなのもあるが、オペラのような本格フランス菓子なのも珍しくたくさんあるのだ。
モンブランは土台はちゃんとメレンゲだし、きちんとした知識と技術のある職人さんがいる店なのである。
季節的に栗や林檎とか旬の素材を使った美味しいケーキがたくさんある店なのに、
なんでわざわざ一年中あるようなケーキで、私が苦手なものを買ってくるんだからあぁぁぁぁぁ~!!!!

私の誕生日にかこつけて、自分が食べたいの買ってきただけじゃん!

旬を大切に。
安心安全、素材重視。
プロの職人ならばそれなりの知識と技術を重視。
定番と王道が好きな私の誕生日なのにぃ~
納得出来ないし、罰ゲーム状態じゃん

ちなみに幼稚園からの友達が誕生日プレゼントに送ってくれたのは、有機栽培のトマトジュースセットだった(笑)
誕生日プレゼントぽくはないが、十二分に私の好みとかを把握しているセレクトである

今後のことを考えて、どこかでオッサンズには警告しておこうと思う。
シナノスイートも煮崩れない
2016年10月25日 (火) | 編集 |
『ニコチノイド不使用の栽培を応援するのにオーナーになりませんか?』
よつば生協で今年の初めに、長野県のアップルファームさみずのオーナーを一口千円~で募集していた。
オーナー特典として、林檎が送られてくる。
特典はともかくとして、千円くらいなら頑張って努力している農家さんを応援しようと申し込んだ。
先週の金曜にオーナー特典のシナノスイートがどーんと大玉が12個届いた

近所のスーパーで小ぶりのシナノスイートが1個198円。
多少形が不揃いだが、農薬使用を控えて栽培し大玉サイズでこの数って。
しかもすっごく美味い
オーナーのほうが得じゃん(笑)

美味しいうちに食べるのが一番☆だが、大玉で数が多いので加工してみることに。
まずは1個でジャムの試作

シナノスイート

シナノスイートも煮崩れなーい

1個で試して良かった~(〃▽〃)
煮崩れない確定下地点で、レーズン足して修正。
それでもかなりあまいのでヨーグルトとかと合わせるか~

で、すぐに食べない分は、ブリザーブに決定


土日は仕事だった。
この土日は日本で唯一の自転車のツールドレースのジャパンカップが開催され宇都宮に一年で一番人が集まる。
土曜の市中心部のクリテウムでは5万人。
日曜の市郊外の森林公園でのメインレースでは8万人以上の観客。

職場は中心部なので、ちょうど土曜の帰りはレース終了時刻と重なり大混雑!
大通り横断出来ないし、同僚とイタトマで女子会やって少し引くの待った。

日曜は郊外なので関係ないはずが、なんだか午後から表が騒がしい。
『城址公園で爆発事件があったんだって。一人心肺停止だってよ。ヘリが4・5台回ってるよ」
配達から戻った人がいった。

一同、ええええ~!!!???
「宇都宮なんかでテロ?」
「そんなわけないって!」
「いたずら?」
「そういえばパンパンって音したよね」

職場から城址公園は徒歩10~15分ほど。
前日のクリテウムや秋の運動会とかでパンパンなるので何とも思っていなかったが、
ヘリの旋回の音が聞こえる聞こえる。。。
パトカーもけっこう通ったかも。

家に帰ってテレビでニュースみたら、爆発は3カ所で起きていた。
1カ所はかなり遠い容疑者の自宅。
2カ所目が城址公園。
3カ所目が職場から徒歩5分のコインパーキングの車

テレビでどっかで見た場所だな~と思ったら、スイーツパスポートでミニパフェとパウンドケーキのセット食べた店の横じゃん!
映像だとすっごい黒煙が無風だったのか真上に勢いよく上がってた。
風向きによっては、職場まで煙りきたんじゃないの~?
確実にスイートパスポートの店はしばらく営業出来ないと思う。。。(T_T)
城址公園イベントあって人がけっこういたらしいが、前日の土曜だったら1歩間違ったら大パニックだったかも?

何の事情があるか分かりませんが、他人に迷惑かけては絶対ダメ!
ましてや命や身体に危険を及ぼす行為なんて絶対にしてはいけません!



電話で解決
2016年10月20日 (木) | 編集 |
富沢に電話した。
パスワードを発行してもらい解決☆

今回の理由は前回と同じくサイトリニューアルらしい。
個人情報保護のために、パスワードは持ち越して記録しないためだそうだ。

リニューアルでご迷惑かけたので、買い物に利用ポイントが300。
クーポンでパン用北海道産ブレンドが一袋もらえたので、結果として得したのでいっか(笑)

明日チョコとか届くけど、2日前からまた気温が上がってちょっとチョコには向かない。。。
考えると、その前に購入してチョコ作ってたらファットブルームを起こしてた可能性大なので
その面でも、結果OKってことで☆(。>ω<。)ノ
やっぱり電話だよねぇ~
2016年10月17日 (月) | 編集 |
一気に朝方は寒くなった。
秋が無い栃木、まさに夏が終わったらすぐに冬って感じである。

涼しくなったので、そろそろチョコレートでもと。
まずは道具と材料。

DMでプレゼントクーポン届いてたので富沢のネットショップ。
が、ログイン出来ない!
何度やっても「パスワードが違います」と表示される。
問い合わせメール数回したが返信メール来ず。
が、DMはまめにやってくる。

富沢はリニューアルするたびというか、たまにこの状況になる。
何でか知らないが、またか~(*`皿´*)ノである。

こんなときは、ラチあかないので電話するか、実店舗で買う、の2択。
ホントに実店舗出来てよかった~と思うが、実店舗は先週東京行ったときにあちらの店舗チェックしたが、やはり宇都宮店は若干扱いが少ない。
少量欲しいだけ買うには便利だが、チョコとかある程度量買うのだとネットのほうが便利なんだよなぁ~

どっちみち今週は火・水・土と出勤なので来週までに入手出来ればイイので、電話しよう。
どうせならクーポンでもらえるものはもらっておこう(笑)

肉球ロリポップモールドを作業効率・生産性・品質向上のため、買い足そうとT-FOODSのネットショップへ。
チョコレートモールドはド定番以外は常に扱って無く期間限定でまだ無かった。
今日9時頃メール問い合わせしたら、午後1時前にT-FOODSから電話があった。

「11月中旬から下旬に入荷予定です。価格は例年通り。入荷数は10個ほど」

仕事が早い!(((o(*゚▽゚*)o)))
T-FOODSはメール問い合わせや注文時に通信欄に何か書くと、必ず電話をかけてきて応対する。
必ず当日中である。

富沢とか違いプロ向けでロリポップの棒は『一つ100本入り』とか量が多いので本当に大量に欲しいときにしか利用しないが、そこがプロ向けなのか応対はピカイチ

メールは便利だけど、一方通行。
電話なら質疑応答出来るので確実。

もちろん、一番は店頭だけど
2番は、確実なのは電話だよねぇ~

しかし入荷数10個って?
初回入荷かも知んないけど、少なっ!
同じシリーズでハート3連とか使ってるチョコレート専門店は雑誌で見たが、肉球は私は市販品見たことはない。
希少価値があって商品としてはイイかも☆

どこか他で売ってないか?とネットで調べたが、私が調べた結果は本当かは不明だが扱いはT-FOODSだけらしい。
それ以外は直接イタリアのCF社のホームページから購入するしかないらしい。
英語版もあり、日本で買うより半額で買え・送料入れても数によるんだろうけど1個あたり千円ほど安かったと購入者のブログがあった。
私もホームページ見たけど、英語版あっても絶対無理!無理!(笑)
電話無理だろうし(爆)

親切丁寧で仕事が早い電話で解決の日本が一番☆

サツマイモ
2016年10月13日 (木) | 編集 |
スイート薩摩

もらいものとかでサツマイモがたくさんあるのでとりあえず蒸した。

蒸す・焼く
きっと、間違いなく、これが一番美味いサツマイモの食べ方だ。

けど、こんなに大量には美味くてもちょっとぉ~

で、加工。

教室で習ったもの、市販の本のレシピ、職場とか色々参考にしながら、家にあるもので作った。

蒸したサツマイモを熱いうちにマッシャーでつぶす。

熱いうちにバターを混ぜる。

あら熱とれたら、白あん混ぜる。

味見して、甘さ少し足そうとちょい蜂蜜混ぜる。

さらに卵黄混ぜる。

固さ見ながら牛乳混ぜる。

絞り袋で5㎝セルクルに入れオーブンで焼いた。

照り卵は商品なら絶対するが、家で食べるだけだし、卵を1個使うことないのでやめた。

芋蒸し

照り卵無しでもそれはそれなりに素朴でイイかも。

画像は回転するの忘れたので見づらい。
HPなら直すが、ブログだからやり直すの面倒なのでそのまま(笑)

これはこれで美味いが、やっぱりサツマイモは蒸すか焼くがやっぱり手間かからず一番美味いよな~と思った(笑)
けっこうこれ手間かかってるのに、蒸しただけ・焼いただけに味でかなわない点が手間かけ損した気になってしまったのだった(爆)

今の時期、芋・栗・南瓜を使ったお菓子花盛り。
いろんなパターンあるけど、つぶす・ペースト状にするのでなく菓子にするなら、小さめ角切りや栗の甘露煮とかごろっと入れるのが私は美味くて手間もかからずでイイと思う。

よし!
次はシンプルに焼き芋にしようっと!
合羽橋道具祭り
2016年10月10日 (月) | 編集 |
合羽橋ゆるキャラ

合羽橋道具祭りに行ってきた。

一度行ってみたいと思っていた。
近々東京で買い物したいと思っていた。
だが、祝日だし前後仕事だしで迷ったんだが、合羽橋道具街のHPでセール情報見て、えい!行ってしまえ!と行ってきた。

いつも平日だというのもあるが、すごい人だった。
日頃合羽橋で見かけない種類の人達もけっこういた。

参加している店と全く通常営業している店もあった。
参加している店舗は店頭にセール品並べてるとこと、
さらに店内にもセール品や店内一律何%引き、
店内は通常通りという3パターン。

完全な不参加の店舗もあり、店閉まっていた。
なぜ分かったというと、和菓子の袋や箱など包材を扱ってる店舗がニイミ側に2店舗あったのに発見出来なかったからだ。
他の店舗で「饅頭包むのの別サイズありますか?」と聞いたら、「この先に専門に扱ってる店がありますよ」と返答されたので閉店したわけではないはず。
まあ分かる気はする。
普段合羽橋に縁が無い人達がたくさん来るときは商売にならないし、祝日だから休みなんだろう~
でも、私は見たいものがあったんだけどぉ~

道具祭り買い物

今回の合羽橋での買い物。

チョコレート用。
放射温度計レーザーポイント付。前日の楽天で最安値で6474円だったが、馬嶋で通常6100円が10%引き。安い!
プラボール・使い捨て厚手絞り袋大・小各50枚入り。
テンパリング用に金属ヘラ。

和菓子用。
焼き印。
饅頭包む一番小さいサイズのポリシート1000枚入り。
抜き型3個。

必要最低限だけ購入の予定が、食材関係の店頭で「ウォールナッツオイルが400円です」に思わず1本購入(笑)
400円じゃ絶対買えないもーん!
数量限定ぽかったし。
白のごま油が通常価格より100円か200円安くなっていて車じゃないからどうしようかと迷ったが、これは即決!

合羽橋のあとは、クオカと富沢の実店舗をチェック。
チェックだけで何も買わず。
実店舗よりネットショップの方が商品数がグッと多いし、ネットクーポンあるので他に必要なのはそっちで。

池袋でビックカメラ見て、池袋西武の催事の北海道物産展見る。
規模は宇都宮東武の倍でお客の数はさらに倍の倍だった(笑)

大型書店をチェックして、池袋東武の催事の日本の職人展らしきものでこれを購入

池袋東武

和菓子の漉し器の盤の最も細かいメッシュくらいのが重ねてあって、売れちゃって最後の一つだった。
見た瞬間!これはイイ!と思った☆
「出汁を取るのも、卵を漉すのも、ひじきとか洗うのもイイし、手入れも楽だし丈夫だし、私も5年使ってますよ~♪」
店員さん大プッシュ!だったけど、見ただけで分かる!
これは便利そう~
これだけ目が細かければ、ペーパータオルもさらしの布巾も必要無さそう。
職人技なのに、価格は4千円くらいとリーズナブル☆
「ザルに4千円~??」とかいう人もいるだろうけど、これだけのものなら絶対安い!
長い目でみたら、ペーパータオルいらないゴミも出ない、布巾も洗わなくてイイとエコ☆

気温も急に下がってきたので、お菓子作るには良くなってきたし。
あとは購入した道具を使いこなすだけ(笑)
林檎ゲット♪
2016年10月06日 (木) | 編集 |
2016林檎

今年も長野から林檎届きました~♪
紅玉&シナノドルチェ
あいかわらず紅玉デカい!
シナノドルチェも立派!

新鮮なうちに紅玉はコンポートにした

林檎コンポート

紅玉は煮崩れない。
だからイイ☆

何度か紅玉でジャムを試みたが、煮崩れないのでダメだった。。。
フードプロかける・裏ごしするとかすればジャムぽくなるかもしれないが、
そこまでして作っても、ザラッとして微妙なジャムになるだろう。

煮崩れないからコンポートにぴったり☆

紅玉無いときに、別の林檎でコンポートにするつもりが煮崩れてジャムになったこともある(笑)

何事も適材適所。

シナノドルチェは生食で美味しくいただきました♪
焼きはガツンと!
2016年10月03日 (月) | 編集 |
バターロールもどき

ようやく画像が正しい位置になった(笑)

金サフの賞味期限が怪しいのでバターロールを焼いた。
まだまだ全然使えそうだな。

家で焼くとなぜかわからないが本とかの写真よりたいてい上がりがイイ☆
最終的にガスオーブンのせいだろうか?

パンは断然焼き色ガツンとが美味い♪

大手メーカーの家庭用オーブンレンジだと難しい。

でも、市販のパン屋やスーパとか小売りでよく見かけるのはガツンとはほど遠い白ぽい顔色が悪いパンが多い。

半年ほど前に見つけた職場の帰りに通るユニオン通りにあるパン屋はどれもガツンと焼き色ですごく美味しそう♪


先週そのパン屋でパン物色してるときにそのことをいうと、店員が嬉しそうに

わかります?わかります?うちのオーナーが白っぽいパンは生焼けぽくてネチャネチャして美味くないっていうんですよ~

うんうん。オーナーに同感!

そこのパン屋は菓子パンから食パンまで本当に綺麗な焼き色で久々にあれもこれも食べたくて選ぶのに迷う。

実際に食べると表面がガツンと焼き色つけてるので、中は適度な水分が守られてしっとり。
クロワッサンはガツンと焼くからこそ、当日はパリッとして、1・2日経ってもべったりぐったりしない。

焼き芋とか一部を除けば、肉もだけど表面はガツンと焼いて中の旨みを閉じ込めるのが絶対美味いはずである。

それも技術と経験である。

おたおたビクビク弱火で焼けば焦げるリスクはないが、必要以上に焼き時間が長くなり、表面はかえって堅くなり中もパサつくのだ。
パサつかなければただの生焼けだ。

菓子もたいていそうだ。
ガツンと焼いて適正な時間で火を通すからこそ美味いのだ!