2017年の目標は『勝負』です☆
ことし初です。
2009年01月12日 (月) | 編集 |
久しぶりのブログだ。

2週間ぶりだ。

気付けば1週間くらいパソコンの電源も入れてなかった。。

すでに新年明けてて、昨日は鏡開きだったのに忘れた。。
どうせ真空パックの鏡餅なので今日後で食べよう。

体調は少し良くなったが、まだ全快には遠いらしい。
どうも風邪ではなく、やはりアレルギー系みたいなので全快するためには耳鼻科に行かなくてはならないみたいだが、行きたくない。。
行きたくないけど行かないとならんので予約を取らないとならぬが、
アホな奴らが決めたハッピーマンデー制度のせいで今日は取れない。
私みたくアレルギーとかで大きな病院でないといけない人には全く大迷惑だ。
デカイ病院は担当する先生が週1・2回しか出ず、それが月曜だったりするとどうゆう事態になると思っているんだ!!!
ただでさせ年末年始で休みだったのに、ふざけてる。
ちなみに私の担当は月・金だ。。。
もう最低である

全快ではないが、それなりに普通に日常生活は送ってはいる。

先週の木曜は今年初の教室でチョコレートだった。

IMGP0400.jpg

ココアまぶしが、紅茶のパヴェ
ハートの金箔のんせが、オランジェット
緑のが、抹茶のパヴェ

チョコレートは楽しい♪

習うまではボンボンショコラなんて興味なかったが、やってみると奥深くて面白い!
焼き菓子や冷菓とかとは全く違う別ものなんだなあって思う。
パティシエとショコラティエは別の職種というのは本当なんだと実感する。

今回は初めてホワイトチョコを外側に使ったけど、テンパリングのやり方は一緒だけど固まり方や感じがまた全然違う!
扱いやすいようにコーティングチョコみたくカカオ油脂を加えるのだが、こうすると固まるのが早い!
コーティングチョコに油脂を加える理由がよく分かる。

IMGP0401.jpg

これは別の本を探すして本屋に行ったがそれは無く、たまたま目にして購入したのだが、
中々興味深く面白かった。

詳しい内容は読んでもらわないと分からないのだが、
タイトルどおり「本物の牛乳」とはノンホモ・パスチャライズのことで、
うちで宅配で取ってる牛乳もこれで、そっとおいとくと生クリームが分離するタイプのもので
ノンホモとはホモジナイズされてない、乳脂肪分が均質化されてない牛乳である。

興味深い点は、牛乳飲んで下痢やアレルギー起こす人がノンホモだと大丈夫だったりすることが多いそうだ。
うちの夫も牛乳飲むと下痢するっていうんだけど、うちの牛乳で冷たいままコーヒーと混ぜて飲んでも平気だもの。

欧米では牛乳と定義されるのはこのノンホモで、日本の牛乳のほとんどを占めるノホモジナイズ牛乳は別の表記が必要だそうだ。

牛乳はよく飲まなくてもイイとか健康に良くないとかいう論議があるけど、
それはあくまでも、ばったもんの偽物の牛乳であって本物ではないのでは。

ホモジナイズするということは、乳脂肪の膜を破壊することでそれにより乳脂肪の酸化が起こり別の物質に変化するので、普通に考えてノンホモより体に悪いのは当然らしい。

うちの牛乳は置いとくと乳脂肪分が浮いて2・3日そのままにしとくと冬場は冷えるので固まりよーく振らないと中味が出てこない時あるけど、それは牛乳は成分を守ろうとする働きなのねって本読んで思った。
賞味期限自体は高温殺菌のが長くもつけど、開封すると乳脂肪が破壊されてないノンホモのが劣化が少ないらしい。

ノンホモのほうには少し前に話題になったラクトフェリンもちゃんと含まれてるがそれもホモジナイズされると破壊されちゃうらしい。

それに、そもそも味が全然違うもの~!

この本では、消費者が安全や本物のというのもあるけど、美味しい牛乳を飲みたい・選びたいというのは当然の権利で、生産・製造者もそれが義務であるとあった。

お互い、権利や義務を主張するには責任をおわなくてはならない。

添加物の本読んだ時も、無添加なら不味くてイイというのは間違いとあった。

本物は安全安心で美味い!
これでなくてはならない。

チョコ教室の帰りに「市販で簡単で手に入るもので手作りできる」という話題が出て、
市販で簡単に手に入るものが本物でなく、ばったもんっていうのはどうなんだろうって?

他の人のブログで、市販のチョコ食べると具合悪くなるけど、ちゃんとした製菓用のチョコで手作りしたのは大丈夫ってあったけど、これも牛乳と同じで、本物は大丈夫でも偽物はダメなだけどチョコ自体は悪者じゃない。

いくらお母さんの手作りおやつでも添加物たっぷりの材料やばったもんで作ったものって、違くない?
それに添加物たっぷりのは誰でも失敗せずに作れるけど、美味くないもん!

おせちやジャムや漬物で、糖分控えめ塩分控えめの代わりに保存料とか使ってるとかってどうよ?
逆に不健康だよ!

そもそも、そこらで売ってる牛乳のほとんどが、本物でなく偽物というかばったもんばっかりってトコは問題でしょ?
安けりゃイイとか価値観の問題もあるから全部を無農薬や有機にしろとは言わんが、
普通のスーパーでも半分までいかなくても3分の1くらいは安全安心の本物を扱わなきゃいけないんじゃないの?

牛乳だけでなく、身近に手に入る食品が本物でなくばったもんばかりってのが一番の問題でしょ。

この本では、情報の公開というのを訴えているが、知らなければ選べないし選ばない。
知らないで知らされないでばったもん買わされてるのは違う。
知った上でどちらを選ぶのは自己責任。

本物は牛乳でもチョコでも扱うのにちょっとコツがいるけど、
それも自然の恵みをありがたくわけてもらうわけなのだから感謝して丁寧に扱わなきゃね!


コメント
この記事へのコメント
チョコレート

美味しそう~

娘が 頭使うと???

カラダが 欲してると 言いますv-22

牛乳の本も 興味あります

早速 見つけてみよう~

お嫁さんと おんなじ名前なんですね!!!
2009/01/12(Mon) 15:30 | URL  | チータン #-[ 編集]
まだ全快してはいないんですね。
チョコの色がツヤツヤでとってもきれい。
食べるのがもったいないくらい!!
2009/01/12(Mon) 18:58 | URL  | のん #-[ 編集]
訪問ありがとー!
今年もよろしくでーす。

チョコレートたくさんで見てるだけで楽しくなるぅ~

食材も牛乳も安全なものを使いたいですね。
去年はたくさん問題が多く噴出し続けたしね。

おやちゃんの作るものは全部食材に気を使っていて
日本一安全かも(^O^)

では、また。
2009/01/12(Mon) 19:05 | URL  | キーフ #.oqjd2Uc[ 編集]
あらら・・・大丈夫ですか
  _______                      
 |:::|.______||   寒いので暖かくして風邪など  
 |:::||  □..|お天気..||    引かれませんように…      
 |:::|| (o・-・) ̄ ̄ ̄||            ∬    ∧,,∧   
 |:::|| (;;;__).雪が   ||        __目__(^ω^ )   
 |:::|. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|────-/ゝ========ヽと )──
       □~∞  、──/ ※ ※∧∧※※ヽノ~  
              \ ヾ _____(-_- )__ゝ\...  
                \_____ヽ,,),,)___ヽ

2009/01/12(Mon) 19:29 | URL  | さそり #7iSbDyII[ 編集]
牛乳、身近な飲料ですが家庭科で習ってかろうじておぼえてたのは殺菌方法に高温殺菌と低温殺菌の二通りあるよ~、ていうところまででしょうか^^;
口にいれるものですからどこまでも安全で美味しいにこしたことはないわけですが、こういう大事なこと、日常生活おくってるときにはわりと見落としてる、というかかなり気にせず生きてるな~、と改めて気付きました。
多くの人が、地産地消で質のよいもの、体によいものを考えてえらぶようになってくれば自然とよいものが増えてくるかも、とふと思いました^^
2009/01/12(Mon) 21:31 | URL  | 淡雪 #TY.N/4k.[ 編集]
こんばんはー
お久しぶりー(^^)/
元気ですか~ 元気じゃないって??
風邪じゃないのか 休んでても直らないね^^;

今日チョコ菓子作った^^
こんなにかっこよくないけど
1種類作るのにも温度管理とか大変だけど
イロイロ種類食べたいね

牛乳は親せきが牛乳屋さんでガラス瓶入りの買ってる
ガラスだと匂いしなくていい^^
脂肪が上にたまる牛乳好きでたまに買うけど高い^^;
安全はただでは買えないか

今年も宜しくです
2009/01/12(Mon) 21:35 | URL  | sudohoge #sSHoJftA[ 編集]
チョコ、おいしそう~( ̄ー ̄)

カカオに油脂ってツヤだしのためだと勝手に思っていたのですが、早く固める役割もあったのですね。

大病院って先生の担当日、決まっていますよね。
年末年始のあとですぐに3連休だと
月曜担当の先生になかなかあいませんよね。
どうぞお大事にしてくださいね!
2009/01/12(Mon) 23:30 | URL  | ショコラ #ZoKXwrIY[ 編集]
今晩は。
具合大丈夫ですか?
チョコ相変わらず美味しそう・・・。
私が奮発して買った福袋のより美味しそうよ!!

牛乳でも何でもいいもの安全なものは高いですよね。
うちも最近アイスとかおやつちょこちょこ手作ってます。
娘の食いつきぜんぜん違う(笑)
吸い物もちゃんと鰹節で出汁取るとごくごく飲んでる。
たまに市販のお吸い物の元使うとあんまり飲まない。
食じゃないですが最近娘の乾燥肌?が酷く掻いて表面が鱗みたいに!
何だろな?病院行かなきゃと思っていてふと気づいたのが洗濯用洗剤・・・。
普段無添加粉石けん+重曹+仕上げのクエン酸だったのを最近旦那実家から貰った柔軟材入り洗剤使ってた。
粉石けんに戻しお風呂の石鹸も姉の手作りにし風呂上りに椿油でマッサージしてたら綺麗に戻りました。
小さい子供っていろんな影響がすぐに出るんだと思いましたよ。

2009/01/13(Tue) 01:55 | URL  | とめきち #-[ 編集]
☆チータンさん
分かる分かる!
疲れると甘いもの食べたくなるよね~v-22
チョコを一つ二つ食べたくなるもん♪

名前は同じでも漢字はたぶん違うかな?(笑)

牛乳の本興味深い内容でお奨めです☆
2009/01/17(Sat) 16:26 | URL  | おやちゃん #-[ 編集]
☆のんさん
ようやく半快くらいになってきました!(笑)
なので早速家でもチョコ作りました☆

そうそう!
今、亀ちゃんが遊びに来てるよ~e-247
2009/01/17(Sat) 16:29 | URL  | おやちゃん #-[ 編集]
☆キーフさん
うんうん。
チョコって見てるだけで楽しくなるよね~e-343

牛乳に関わらず安全ってのもあるけど、本物を知らなくて偽物が本物と勘違いして色々誤解してるってのが問題だと思います。

私が作るのが日本一安全ではないけど(笑)
やっぱり、手作りが色んな意味で一番ですよねe-420
2009/01/17(Sat) 16:32 | URL  | おやちゃん #-[ 編集]
☆さそりさん
「だいたい、お前風邪ひかないんだよね~」
と、夫に言われました(笑)

まあ、その通りなんだけどさ~
それって、基本頑丈すぎ!ってことで微妙。。v-388
2009/01/17(Sat) 16:34 | URL  | おやちゃん #-[ 編集]
☆淡雪さん
うんうん。口に入れるもの、食べ物って大事なことで生きてく上で必要なものなのに無知なとこ多いですよね!
こおゆうことこそ、義務教育で徹底して教えるべきだと思います。

皆が基本的知識をちゃんと持ってくれば、色んな選択が発生して本当に本物のものが近所のスーパーでたくさん並ぶようになるとイイですねv-22
2009/01/17(Sat) 16:37 | URL  | おやちゃん #-[ 編集]
☆sudohogeさん
そうなんですよ!
風邪じゃないから寝てても薬飲んでも治らない。
耳鼻科に行けば簡単に回復してきた(笑)

そうそう!チョコって1種類だけでも色々大変だよね~
でも、どうせなら何種類も作りたい!
やっぱり、誰か助手が必要だな。
チワワでもミーナでも無理だし、やっぱり人の手か~(笑)

私も牛乳は絶対ガラス瓶入りv-237
お菓子に使うのは紙パック入りは絶対ありません。
匂いも味も全然違うもの~v-22
2009/01/17(Sat) 16:41 | URL  | おやちゃん #-[ 編集]
☆ショコラさん
カカオに油脂に限らず、こおゆうちょっとした科学的根拠って知ってると知ってないとじゃ大分違うよね!
日本は技は盗むものって感じだけど、外国は科学的な知識教えてさらに技術的な面を教えてくと聞いたことあります。
職人でなくても家庭での手作りも「何でこうなるのか?」って大事だと思うし、これは学習の基本だと思いますv-22

大病院は担当の先生が毎日じゃないし、コロコロ変わったりするのが難点ですよね~
私の場合アレルギーがあるのであんまり小さいトコだと対応出来ないので、元の祝日に戻して欲しいです。
2009/01/17(Sat) 16:47 | URL  | おやちゃん #-[ 編集]
☆とめきちさん
うんうん。
うちのおっさんズも、細かい味覚とか普段全く無いくせにイイ材料で作ると食いつきが全く違うよ~(笑)
やっぱり誰が食べてもその違いは明確なんだねv-237

そうそう。この本でも筆者はドイツで暮らしてるときは子供が牛乳大好きでゴクゴク飲んでたのに日本に帰国したら牛乳飲んだら吐いたり下痢したり大変で、ドイツと同じ基準の本物牛乳、ノンホモ牛乳にしたら全然大丈夫になったってあったよ。
子供は敏感なんだよね。
大人になると汚れてきて感覚鈍くなってくるんだろうけど、やっぱり長く摂取すれば良くないよ。
2009/01/17(Sat) 16:52 | URL  | おやちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック