月香茶会分室ブログ

2017年の目標は『勝負』です☆

Entries

糸寒天使ってみた。

教室で習った黒かんを作ってみた。

棒寒天が家にないので糸寒天を使ってみた。

IMGP0711.jpg

糸寒天を使うのも見るのもこれが初めて。
「最近長い棒寒天売ってる店も少なくてね~」と和菓子の先生が言ってたが、
糸寒天は製菓専門店でもお目にかかることは少ない。
これは宅配で去年たまたまスポットであって珍しいし1度試してみようと購入して半年以上家で眠ってたままのもので。(笑)
賞味期限3年あり、まだまだあるので大丈夫ですがね。

初めて使うので糸寒天の袋に同封されてた紙にある通り、水に3時間つけて戻した。

IMGP0712.jpg

この状態で食べられるそうでサラダや和え物にどうぞ。とあった。
原料海藻だしこんな感じのが海藻サラダにある気はする。

でも作るのは黒かんなので、ちぎって分量の水に入れ溶かし、黒糖加え溶かし、粗熱取ってから型に流し冷やす。
これは棒寒天や他の寒天の扱い方と一緒。
棒寒天と比較すると早く綺麗に解け、溶け残りはほとんど無い。
粉寒天と比較しても初めが固形な分解けたのが確認しやすい。

寒天は種類やメーカー・商品によって量が違ってくるので、量をどのくらい使うか考えた。
棒寒天1本が約8gらしいので同じ量で8gにし、後は教室の分量と同じ水400gに黒糖50g。

IMGP0713.jpg

冷蔵庫で冷やしたものをカットした。
見た目は黒糖の違いもあるので教室のと色が少し違うが、もっとも大きな違いは弾力!
切るときにもう感じた!
そうこれこれ!私が求めていたのはこの弾力☆
教室で作ったのは棒寒天のわりには粉寒天みたいな感じでイマ一つもの足りなかったが、
これは老舗の甘味屋さんで豆寒の寒天とかの味♪
糸寒天は最上級の寒天と呼ばれることもあるらしいが、それ分かる!

粉寒天で同じ固さくらいの固さにするのは出来ても、この寒天独特の風味と弾力は出ない。
粉寒天だとこの分量の水だと1gで同じような固さになると思うが、寒天を使う量もあるのかな~?
黒糖入れる前の寒天を溶かした状態の色が、甘味屋の寒天の色だったもの。
粉寒天だともう少し色が薄い。

これで、ところてんとか作っても美味いだろうな~♪
でも杏仁豆腐や水羊羹は粉寒天のが美味いな。
練り羊羹なら糸寒天でも有かな~

とりあえず次は豆寒しよっと。
えんどう豆買って来なきゃ!

コメント

NO TITLE 

これは私も良く作るけど粉寒天なんです。

ずーと前に黒柳徹子さんが、「黒糖寒天は美味しいから作ってみて」
と作り方をTVで言っていて、それがきっかけで作るようになりました。

今度は「糸寒天」で作ってみたい。
弾力を味わいたいわ~。
  • 凸DEKO 
  • URL 
  • 2009年08月02日 18時45分 
  • [編集]
  • [返信]

NO TITLE 

ほうほう・・・〆(゚▽゚*) メモメモ
いや~博識だね~
おいらみたこともない

NO TITLE 

糸寒天、先日富沢商店で見てちょっと悩んだのですが
使い道が特になく
(みつ豆を作る予定もなく...)買わずに終わってしまいましたv-356
そういえば袋にみつ豆の寒天に、と書いてあった気が。
同じ「寒天」でも形態で食感とか変わるんですね。
使い勝手の問題くらいだと思っていたので勉強になりました。
  • ショコラ 
  • URL 
  • 2009年08月03日 16時01分 
  • [編集]
  • [返信]

NO TITLE 

初めて 見ましたv-22

黒かん 美味しそう
  • チータン 
  • URL 
  • 2009年08月04日 08時56分 
  • [編集]
  • [返信]

NO TITLE 

うちね、天草から寒天を作るのよ。
天草もね、海で取ってくるのよ。
水でさらして干して脱色して白くして・・・・、これ時間が掛かるわけ。

それから水で煮溶かしてその溶液が冷えて固まると寒天よ。
ところてん突きの道具もあるよ。

って、さも自分でやるみたいに言ってるけど、担当は母です。
磯歩きも山歩きも大好きな家族なので
こういう作業も大好きです。

母に感謝!!

自分ちで作る寒天はとても磯の香りがします。
市販の寒天に馴れちゃってる人は気になるかも。

私は市販のが物足りなくって・・・・。

みつ豆の寒天も同じく作ります。
そろそろ、水羊羹も作らなきゃ~!!

黒寒ね。やってみるわ。

☆凸DEKOさん 

普通のこおゆう寒天だとかけるのは黒蜜ですが、これは本体が黒糖使用なのでかけるのは白蜜です☆
うちは洗蔗糖で作った茶蜜でしたけど~(笑)

粉寒天もピンからキリまであるんだけど、
糸寒天は弾力だけでなく風味も違うんですよ!!
「この寒天美味いな!」って、夫でさえ一口食べて気付きましたから。
戻す手間はあるけどぜひ糸寒天試してみてくださいね♪

  • おやちゃん 
  • URL 
  • 2009年08月04日 13時30分 
  • [編集]
  • [返信]

☆さそりさん 

博識というか、食べ物に対する執着心というか、勉強はしないがこおゆうトコには学習意欲あるだけなんですよ~(笑)

そして昨日発見しました!
教室近くの雑穀屋で糸寒天売ってるのを。。。
こんな近くにあったのね~(爆)

  • おやちゃん 
  • URL 
  • 2009年08月04日 13時32分 
  • [編集]
  • [返信]

☆ショコラさん 

同じ寒天でも形態が違うと食感だけでなく風味も変るんですよ!
「この寒天美味いな!」と、おっさんズでも味の違いに気付きましたから。(笑)
糸寒天おすすめですよ♪

昨日雑穀屋で仕入れた情報によると糸寒天はサラダの他に吸い物に入れてもイイそうです。
さらにココで粉寒天など他の寒天の違いの理由が少し分かりました。


  • おやちゃん 
  • URL 
  • 2009年08月04日 13時35分 
  • [編集]
  • [返信]

☆チータンさん 

私もこれが初めて見た糸寒天だったのですが、昨日近くの雑穀屋にあるのが判明しました。(笑)
これでこれからは必要なときにすぐ購入出来ます♪

  • おやちゃん 
  • URL 
  • 2009年08月04日 13時37分 
  • [編集]
  • [返信]

☆ekkoさん 

天草から手作り寒天なんて素敵e-420
ほんと、ekkoさんち、お母様は何でも作っちゃうんですね~!!
それはさぞ美味しい寒天なんでしょうね~♪♪
うらやましい!!!

うちで作る寒天はとても磯の香りがします。
> 市販の寒天に馴れちゃってる人は気になるかも。
>
> 私は市販のが物足りなくって・・・・。

この謎が昨日解けました。
市販の粉寒天とかは原料が天草じゃないらしいです!
それじゃあ、当然ですよね~

良い寒天はすごく手間がかかり採算が合わないものらしいです。
だから今市販で本物の寒天は糸でも粉でもすごく貴重なものみたい。


  • おやちゃん 
  • URL 
  • 2009年08月04日 13時41分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

右サイドメニュー