月香茶会分室ブログ

2017年の目標は『勝負』です☆

ガーナの里

IMGP0044.jpg


先月、和菓子単発で習った「吉野の里」の抹茶をココアに変えて作ってみました☆

なぜココアかというと
中餡が、白餡にチョコチップ入りなのでココアのが合いそうだと思った。
抹茶で作るなら「チョコチップでなく大納言でもイイのよ♪」と先生が言ったのが合うと思う。

なので「ガーナの里」と命名!(笑)

生地がバター100gに薄力粉50gアーモンドプードル25g・卵黄2個・スキムミルク・粉糖とすっごくリッチでココア入りで中も白餡にチョコチップなので、もう洋菓子って感じ!
でも生地にも中にも白餡が入るトコが和菓子なんですが。でも和菓子ぽいトコはそこだけかな~?

家で作って一つ気づいたのは、これは後片付けがとても面倒である。まず計量が面倒だ。
和菓子でも上新粉・餅粉・上南粉などなど米粉もんを数種類混ぜて使うのよくあるが
米粉は奮わずに使えるのでボールに順に計量すれば済むし、そのまま水いれて混ぜて蒸せばOK!がほとんど。バターとかみたく室温に戻す手間も無いし。油脂・乳製品・卵も使わないの多いので洗うの楽チン☆
教室だとアシスタントの先生が計量・洗物など裏方作業全部してくれるので習って作って食べて終わりだけど家ではそうはいかない。

家ではチョコチップの代わりにクーベルチュールのチップ状の使い、ココアとの相性もバッチシで、
すっごく美味かった♪んだけど、次はもう作らないかも~
作って食べるまで大好きだけど後片付けとか洗物大嫌いなんだもん(笑)

「和菓子は難しそう~!手間かかりそう~」とか言う人多いし、私も習うまで思ってたけど
実際作ると、洋菓子に比べ手間も時間もかからないし、材料も道具も少なくて済むし、コストもかからないのが多い。
少し前からパン教室で同じクラスの人が家が近所というのもあり、たまに恥ずかしながら和菓子教えてたりするけど皆「こんな簡単に出来るんだ~♪」「早~い!!」とか驚きます。
饅頭や餅菓子なら計量から洗物まで1人でしても1時間で終りますから☆
最速は水羊羹の計量から完成まで10分!(冷やす時間は除く・寒天なので固まるけど)

家で手軽に日々作るなら定番の王道の和菓子が一番だな~と思いました。

なので、もちろん、5月5日は柏餅作りま~す

そして、もちろん、柏餅は味噌餡ですよ!

コメント

ガーナの里、すっごく美味しそうですね!
和菓子って食べるのは大好きなんですけど難しそうといいますか・・・
おやちゃんは簡単そうにチャチャっと作ってしまうんですね。のんも今度和菓子に挑戦してみようかな・・

追伸

すみません、うちの亀ちゃんがペぺ子ちゃんの所に
お邪魔してまして。

いつもうまそうなもの作ってますがおいら太る体質だからうまいうまいと食べてたらもっと肥えてしまうんだろうな~・・・

見た目は和菓子に見えないけれど
中は白餡でやっぱり和菓子なんですね!

そういえばあさっては端午の節句。
デパ地下でも和菓子屋さんが大盛況でした。

私も洗い物とか嫌いで...
そのせいか最近はまったく作らなくなってしまいましたv-356

★ ☆のんさん

和菓子は手の込んだ注文菓子以外はほぼ手軽に誰でもチャチャッと出来るんですよ!
なのでぜひ今度チャレンジしてみてね☆
暑くなってきたので水羊羹はホントに簡単なのでおすすめです♪

★ ☆のんさん

v-530亀ちゃん可愛いのでどんどん遊びにきてくださいね!大歓迎ですよ♪

ぺぺ子もたまにはどこか遊びに行かないかな~v-289

★ ☆さそりさん

我家は太ってる人今のトコいないです。
が、将来的には不安です(笑)

ただ1匹食えば食うだけおなかがたっぷりんなのがメタボ猫ミーナなんですが~e-251

★ ☆ショコラさん

見た目てきには焼き菓子ですよね~(笑)

中と生地に餡を使うとこが和菓子なんですが、
特に生地に餡使うのが一番のポイントです!
餡が乳化剤(レシチン)に似た働きをするんだと思うけど、昔の人は科学的根拠知らずに使ってたとこがスゴイですe-2

★ 追伸。ショコラさん

うちのバンドのリーダーの店もこの時期は一番忙しいそうです。なので端午の節句が終るまでスタジオ練習未定なり。

そうなんですよね~
お菓子作り、特に洋もんは計量や作るのに洗物たくさん出るでしょ~v-356
かといってワンボールに簡略しすぎても違うのになるし美味しくなくなっちゃうし。。
家では片付けまで考えないとね。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

おやちゃん☆

Author:おやちゃん☆
おやちゃんです。
「おやちゃんさん」の「さん」付は禁止です☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク