2017年の目標は『勝負』です☆
食パンとロールパン
2008年05月19日 (月) | 編集 |
今日はパン教室でした。

本日は「成形」ということで、食パンとロールパン

IMGP0059.jpg


上から、食パン、イギリスパン。下がロールパン。

イギリスパンは仕込み水が牛乳と生クリーム入り、砂糖・油脂も少し多い配合で、
通常のイギリスパン・食パン生地に比べ焼き色が濃い。
なので焼く温度も20度低め。
乳製品が入ると生地が締まるので普通に比べてちょっと重めかな?

普通の食パンは写真は無いが、同じ生地でイギリスパンも焼いて比べると
同じ生地でも同じ型でも蓋があるか無いかでまた食感が違う。

3種類比べると、乳製品は入る方が焼き色濃いのがよく分かる。

私は普通の食パンで蓋付が一番好み☆
これは、1.5斤型だけど、家では容量は少ないが一回り高さと幅がある1斤型使ってます。
一般的な1.5斤型はポップアップトースター・ホットサンドメーカーのサイズに合わない!
小さいんですよ~。かといって3斤型もいらない。だから真四角な1斤型がベスト☆
容量少なくても高さと幅あった方が美味い♪
私が端っこ好きなので1斤型のがお得な気もする♪

でもココで話題になったのは
家だとこんな焼き色付かないよね~
これは電気オーブンだから。
うちは去年5月にガスオーブンにしたら格段に違う!腕前うんねんでなくオーブンの性能の差。
電気は火力がガスに比べ弱いので温度を20度くらい高めにして、焦げそうなら途中で温度下げたり時間で調節しないと。
最近の上位機種だとセンサー感知で勝手にやるのあるけど、あれも取説メニュー通り以外のレシピ・型だと怪しい。
電気でもファンに上下のトリプルヒーター搭載なら小型パンかケーキならガスオーブンと同じ温度で3~5分長めで焼けるのも去年の機種はあったけど。

1.5斤型だと上だけ焦げるよね~」
今、大手家電メーカーで出してるオーブンレンジは一番大きいので1.5斤型蓋付が限界。
イギリスパンは厳しい。
シフォンケーキは17cmがギリ。去年工場で確認した。
「加熱水蒸気で上15~20cm空けて使用してください」ってのより
その15~20cm高さがあって、加熱水蒸気でなくオーブン機能自体の火力を上げた機種を開発すればイイのにと思う。
ケーキの型が入らないってお客様も多いし、
各メーカの上位機種買うような人なんですもの。料理する人対象のはずなのに~

オーブンレンジの実演したときは日報に必ずお客様の声(その欄もあるし)として要望・苦情、自分が使って気づいた点良い点悪い点を書くんだけど、ホントに真面目に読んでるか~?と疑問です。
少しでも今年の秋の新製品に生かされてるとイイなあと思ってます。


ロールパンはテーブルロール生地です。
成形が2種類で、焼き上がりを持ってみると一般的なロールパンの形の方が軽め、編パンタイプの方が重めでした。

食パンもそうだったけど、ガス抜き・丸め・成形で同じ生地でもだいぶ変わってくるし、
技術の差も工程が入れば入るほど出るので先生が作ったのは綺麗なんだけど生徒が作ったのは微妙に違うし、また作る人によって違うんですよね。
和菓子もそうだけど手作業が多いものって良くも悪くも個性が出るので面白いとこです☆

私はリーンなテーブルロールが作るのも食べるのも好きなんだど
おっさんズはリッチなバターロールが好きなんですよね~
まあ、あの人達は食べるの専門で、パンと言えば菓子パンですから(笑)


昨日の日記で書いた合羽橋で購入したガラス瓶35個洗いました。

IMGP0058.jpg


ちょっと画像暗いんですが、金蓋飾り無しにしたけど、よくある白い蓋の瓶と違うのソコだけなんだけど
それ以上に違う感じです。金蓋のが高級感というか絶対可愛い♪
値段は白でも金でも銀でも一緒なので見た目がイイ方がイイ!

ここで最大の問題はこの35個のガラス瓶をどこにしまっとくか?
とりあえず100均で買ったカゴに入れてます。
同じく20cmシフォン型・13cm紙型蓋付10個の収納場所も検討中。

まだまだ欲しいもんあるし、作りたいもんもあるけど
まずは台所の片付けだな~(笑)
テーマ:手作りパン
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
いい色だー
パン教室いいですね1度行って見たいです
ロールパンの下側周辺もいい色に焼けてますね
家も電気なので上火をつけたりけしたり大変です(^_^;)
リーンな生地は粉と酵母の風味を味わえていいですよね♪
2008/05/19(Mon) 19:44 | URL  | sudohoge #-[ 編集]
NoTitle
ずいぶんレパートリーが増えていいですね
いつもうまそうにゃ
2008/05/19(Mon) 20:26 | URL  | さそり #7iSbDyII[ 編集]
NoTitle
ガラス瓶

すご~いv-46
2008/05/20(Tue) 17:17 | URL  | チータン #-[ 編集]
☆sudohogeさん
パン教室はうちみたいな地方でもたくさんあってそれぞれ教え方違うのでどこに行くか迷いどこです。すどーほーげさんはブログからして初心者・簡単というとこより基本・本格って方が向いてる気がします。同じ教室でも先生との相性もあるけどね。

そうそう。下側って意外と焼けないんですよね~!
ガスは火力・熱回りが良いのでイイけど、電気は最上位機種でも元から下にヒーター無の多いのが問題だと思います。オーブンレンジが寿命が長いからもう少し各メーカー無駄な機能削って頑張ってほしいです。

リーンなパンは粉と酵母の風味の違いがよく分かりますよね~♪
教室はイーストだけど粉は国産良質小麦なのでやっぱり違うし、家で天然酵母で作るとまた違いますよね~
2008/05/21(Wed) 09:40 | URL  | おやちゃん #-[ 編集]
☆さそりさん
いえ、師範課は今まで習ったパンばかりでレパートリーは増えてないんですよ(笑)
一つ一つの項目を細かく学んで、今まではただ作るだけが、基本・基礎を復習し科学的根拠を知り、より良く美味しく作るということなんですが、全部はついていけません~(笑)
とりあえず何か一つは覚えるようにはなってますが。
2008/05/21(Wed) 09:44 | URL  | おやちゃん #-[ 編集]
☆ちーたん
ガラス瓶35個と他にシフォン型とか持って宇都宮に帰るの大変でした。帰るまでそれ持って合羽橋から新宿・池袋とさらに見て回りましたし。
35個でも多いかな~と思ったけど、これから梅、ブルーベリー、杏、リンゴ、さらに来年苺と色々考えたら100個あっても良かったかも(笑)でもそれだともう宅配ですね。
2008/05/21(Wed) 09:48 | URL  | おやちゃん #-[ 編集]
手作り
手作業が多いものは、お菓子やパン作りにもその人の個性が出るというのは面白いですね♪
家でも妻がジャムをよく作るので、こうしたガラス瓶があるといいと思いました。
タッパーに入れてるけど、ガラス瓶のほうが入れ物にニオイがついたりしないし、逆に入れ物のニオイがジャムにつかないので
いいでしょうね。
2008/05/21(Wed) 21:25 | URL  | 平成の不細工師 #cGyOxMpA[ 編集]
☆平成の不細工師さん
平成の不細工師さんは職人だから日頃から手作業の違いを実感してますよね!何でも手作業は作り手の個性が出るもんです。
見る人が見ると誰が作った菓子かパンって分かりますから☆

私もタッパーや冷凍出来る保存袋に入れるときあるけど、ジャムはやっぱりガラス瓶が一番みたいです。ちゃんと処理すれば開封しない限り1年くらい持つし、ガラスは臭いが付きませんものね~。
2008/05/24(Sat) 10:59 | URL  | おやちゃん #-[ 編集]
NoTitle
そうそう、やっぱりケーキもパンもガスオーブンに限りますよね!
これだけは以前、マイホームに必須条件だったのですが...
組み込んだため今の家には持ってこれず
しぶしぶスチームオーブン生活ですv-409
とはいえ、以前の電気オーブンと比べたら
容量も大きくなって焼き色とかもかなりよくなった気は
するんですけれどね(笑)

道具って買いに行くのは楽しいのですが
増えると収納場所に困りますよね。
私も買ったあとにしまう場所を考えるので
毎回苦労しますv-356
2008/05/25(Sun) 00:35 | URL  | ショコラ #ZoKXwrIY[ 編集]
☆ショコラさん
そうそう!やっぱりケーキもパンもガスオーブンですよね!
パンの先生もオール電化にしたのに、こっそりプロパンでガスオーブン使ってるそうです(笑)

ショコラさんが今食べ歩き専門化してるのは、オーブンのせいもあるのかな?同じ人同じ道具同じ材料でも最後のオーブンの性能で違うものね~。でもさすがに買うわけにいかないしね。マイホームに戻る日が待ち遠しいですね。

今の電気オーブンも確かに焼き色とか性能向上してはいるよね~。でも容量は一時大きくなったんだけど、全体がコンパクトになるのはイイんだけど高さが低くなって加熱水蒸気で上15cm以上空けてくれって増えてきて型もん入らなくなってきてるんだよね。。
高いクラス買う使う層考えて商品開発してほしい。。

そうなんですよ~
道具って買いに行くの楽しいけど収納場所困るよね。
私も買った後に考えてます。初めに考えたら買えないですものね(笑)
2008/05/25(Sun) 13:07 | URL  | おやちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック