2017年の目標は『勝負』です☆
酸味たっぷり・糖度もたっぷり
2012年07月04日 (水) | 編集 |
IMGP1489.jpg

昨日はラッピングでした。

これが5回目。
ダーツが入ったラッピング。
円柱の方は中身のケースを後で使おうと思ったのでシールで閉じなかったので口開いたまま(笑)

これはイイ♪
包むの自体はただのキャラメル包みで問題無。
ダーツを寄せるだけでグッと豪華で手間かかってる感出る☆
リボンとかしなくてもこれだけで十分見栄えがする☆


IMGP1488.jpg

前回いただいた杏でジャム作りました。

気づかなかったんだけど、2種類あったので別々に作ってみました。
(うちの浅型大口ホーロー鍋が果物1㎏でジャム作るのが限界というのありますが)

左がこの農園が開発したオリジナル品種だそうで、まだ名前が無いのか「」って紙が入ってました。
右が『山形三号』長野のWO友が長野の杏の里から送ってくれたものですが開発したのは山形県なんでしょうか?

前回のブログの画像見ても見た目では杏のほうが少し大きいくらいで判別は素人には無理。
食べてみると、杏のほうがまるみがあり、山形三号は懐かしい感じの杏でした。

他の果物と同様私がジャム作るときは、果物の50%の砂糖・煮詰めは102℃前後。
ジャムは保存食ですから糖度はこれくらいは必須。
これで作ると杏は元々酸味が強いのでかなり甘酸っぱい仕上がりになる。
杏は箱に同封されているレシピや杏の里のHPみると、70%くらいでジャム作ってるの多い。
オッサンズは甘くない~と不評だが、私はこれくらい酸味がきいてるほうが好きだ。
杏ジャムはお菓子とかにメインで使うから酸味がないと美味しくない。

で、まずは農園オリジナルの杏からジャム作ったんだが…
いやあ~、酸っぱいぞ~(笑)
毎年その年の杏によって同じ配合で作っても酸味が変わるが、
去年はすごいマイルドな酸味控えめな過去にない上品な杏ジャム出来たが、
今年はその逆に過去最高に酸味が強い

これだとさすがにオッサンズから苦情が出るし、そのまま使うにはちょっと難しそうなので
山形三号は糖度60%にしました。
これで酸っぱいって出来でした。

「果物は甘ければ糖度が高ければそれでいいじゃん」ってずいぶん前からの風潮だが、
ある意味この杏は農園の心意気を感じるというか、本来の杏らしい杏で素晴らしい

果物は甘味だけでなく酸味とのバランスがあってこそ美味い♪
さらにジャムで加工して美味いのは酸味がしっかりあるからこそ。
レモン汁や酸味料添加したジャムって不自然だ。

杏は苺とかに比べて、アクは少なく出来上がり量の多いのでお得感たっぷり。
ジャムを作って食べるなら杏が一番私は好き

ジャムを作ると砂糖をたっぷり使うので控えたくなる気持ちは分かるが、
それだと保存の意味が成立しなくなる。
砂糖や塩分を控えると、補うために食品添加物が登場する。
砂糖(特に白砂糖)=諸悪の権限みたいな迷信あるせいか、砂糖不使用ジャムとかあるけど。
砂糖に代わりに何か使ってるわけで。
人工甘味料のほうがよっぽど健康に悪い。

「白い砂糖は健康に悪いからうちでは三温糖使ってます」っていう人が昨日いたが、
この話他でもよく耳にするが、それ間違ってますから。
三温糖は三番糖で、一番糖の白砂糖グラニュー糖と作ったあと、さらに二番糖を作ったあとの出がらし。
それをカラメル色素で色つけただけ。袋の表示にも『カラメル色素』ってちゃんとある。

茶色い砂糖のほうが栄養高いといわれる茶色い砂糖は、黒糖・洗蔗糖・キビ糖とか精製度が低い砂糖でミネラル分が多く残っているから色が茶色い。

「ええ!三温糖って着色されてるの!?知らなかった~?キビ糖とかクセがあって使いづらいから三温糖の方がマイルドで使いやすと思ってたのに・・・」
私がそういったら、がっくりきてました。

例えるなら、黒糖・キビ糖と白砂糖・グラニュー糖は玄米と白米みたいなもんでしょ。
三温糖は、出がらしの三番目に入れたお茶に緑の着色料で色つけたようなもんです。

白い砂糖が悪で漂白されているなんてデマ流し信仰している人いるけど、
白米と一緒で漂白されてるのでなく精製度が高いだけ。
白米は漂白しているんだっていう人いないでしょ?

私が使う白い砂糖のビートグラニュー糖は、原料がビート(砂糖大根)は大根だけあってそもそも白い。
さとうきびとビートで作られたグラニュー糖比べるとビート糖のほうが白い。
あと家にある洗蔗糖や黒糖は原材料がさとうきび。
どちらも国産の原材料で現地で生産されたもの。

元々白いもの、わざわざひと手間かけて漂白してコストかけるほうが不自然じゃないの?
人工甘味料やよく砂糖不使用ジャムで使われるブドウ果汁のほうが白い(透明)って不自然だと私は思うんだけど~
こっちこそ科学的な何か薬品や製法を疑うべきでしょ?

原産地と生産地が違うとなると、輸送の際のポストハーベスト(農薬など)の疑いも出てくる。
虫を殺しちゃうわけだから漂白剤より危険度アップでしょうねぇ。
当然輸送する分CO2排出量するから環境に優しくない。

砂糖が茶色とか白とか糖度が高いとかの前にまず気にするところがどこか間違ってないでしょうか?

いくら栄養分高くても玄米は食べづらいし好き嫌いある。
白米の絶対の美味さはなんともいえませんよね~
砂糖だって黒糖饅頭は美味いけど、ジャム作るに栄養価高いからってクセのある砂糖使ったら果物の風味生かせません。
栄養はおかずや食生活全体でバランス取ればイイ。

やっぱり、ジャムは手作りが安心安全美味しくて一番です



コメント
この記事へのコメント
う(^¬^) ジュル~
おいらもおっさんずにはいりたいにゃ
((o(>▽<)o)) きゃははっ♪
2012/07/04(Wed) 20:19 | URL  | さそり #7iSbDyII[ 編集]
☆さそりさん
> おいらもおっさんずにはいりたいにゃ
> ((o(>▽<)o)) きゃははっ♪

では、追加メンバーってことで(笑)
2012/07/05(Thu) 12:54 | URL  | おやちゃん☆ #-[ 編集]
杏ジャム私も好き~
甘~いのよりアッサリして酸味あるほうが絶対おいしいよね♪
長男が高校の実習でイチゴジャムを作って買ってきたんだけど(食品科なので缶詰など作って販売してる)それが美味しくて又買ってきてねって言ったのに今だ買ってこないという・・
2012/07/05(Thu) 17:18 | URL  | のん #-[ 編集]
そうなんだよね。
「上白糖は使いません、我が家は三温糖です」って人、多いです。
私も砂糖の説明をする時は精製度の違いって言います。
用途によって使い分けましょうって。
価格も違うしね。

あと、赤い卵が栄養価高いとかね・・・。
2012/07/05(Thu) 21:09 | URL  | ekko #BjIfNwW.[ 編集]
☆のんさん
> 杏ジャム私も好き~
> 甘~いのよりアッサリして酸味あるほうが絶対おいしいよね♪
> 長男が高校の実習でイチゴジャムを作って買ってきたんだけど(食品科なので缶詰など作って販売してる)それが美味しくて又買ってきてねって言ったのに今だ買ってこないという・・

そうそう!
甘~いのよりアッサリして酸味があるほうが絶対美味しいよね~♪

へぇ~、長男君は食品科なんですね。
そおゆう科って楽しそう♪
私も中学生のときにそおゆう科がある高校があるって知ってたら通いたかったなあ~
うちの近所の農産品直売所に夏になるとたまにある農業高校のトマトがすっごく美味しいの!!
商売目的でなく純粋に良いものを作ろうとしてる学生ならではだなあと感心します。
2012/07/06(Fri) 09:33 | URL  | おやちゃん☆ #-[ 編集]
☆ekkoさん」
> そうなんだよね。
> 「上白糖は使いません、我が家は三温糖です」って人、多いです。
> 私も砂糖の説明をする時は精製度の違いって言います。
> 用途によって使い分けましょうって。
> 価格も違うしね。

でしょ。
上白糖=悪・三温糖=正義って人多いですよね。
私も教室始めたとき羊羹でビートグラニュー糖使ったときに
「うちは茶色い砂糖使ってます」っていわれた。
用途によって使い分けるのが正解ですよね!

そうそう。価格も違う。
三温糖は出がらしのくせに高いのが納得いかない(笑)

> あと、赤い卵が栄養価高いとかね・・・。

あるある!!
ただ鶏の品種の違いなのにねぇ~(爆)
あと、黄味が黄色い方が栄養価が高いとか。
この迷信があるせいで餌に黄色い着色料混ぜてるとこも出現しているのに…
お米を餌にしている鶏の卵の黄身は白っぽいけど栄養価が低いわけじゃないのにね。
2012/07/06(Fri) 09:39 | URL  | おやちゃん☆ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック