月香茶会分室ブログ

2017年の目標は『勝負』です☆

チョコレートの温度差

DSCF2154.jpg

↑チョコレートの籠型です。
教室でチョコレート習ったときに、可愛かったのでつい買ってしまったもの。

この型にテンパリングしたクーベルチュールチョコレート400gを流し
しばらく冷やして周囲が固まったら、中央のチョコを空けて再び冷やして型から外す。
別に取っ手を作り籠につければ完成~♪
中に別に作ったチョコを入れれば、完璧に完成

使うときはボックスティッシュにさすと安定すると教室で教わったが、ホントにちょうどイイサイズ(笑)

で、中空けるのでは実質はそんなに使ってないが、これを作るにはクーベルチュールのスイートが400g必要。
在庫が大東カカオのスイートが250gしかなかく、プレゼント用にするのでネットだと間に合わないので教室に買いに行ったらチョコレートのメーカーが変わっていた!

「なんかよくチョコ変わりますよねぇ~?」

「そうでもないわよ。板状のは先生達が刻むのが大変だし生徒さん達も量が多いっていうしね」

いや、よく変わってるでしょ?
私がチョコ習ってた時はカルマで2・3年前くらいまではそうだった。
その後バリーになって板状1.25㎏から袋入りコイン状300g入りに変更になった。
今回いつからか知らんがイカムのバリーと同じ300g入りになっていた。
別のケーキの先生が以前いっていたが、カルマの前はヴァローナ大東カカオを使っていたときもあるらしい。

まあ確かに板状のを先生達が事前に刻んでおくのは大変な手間だったからコイン状に変わるのは仕方ない。
だけど、300g入りって少なくない??
うちに余りがあったからいいけどこの型1個で一袋じゃ足りない。
うちの余りの大東カカオのだってそもそも500g入りの板状で、ホントは大東の一番上のラインナップのコイン状の1㎏入りが欲しかったが品切れだったので代わりに500gのを買っただけ。

しかも私が通ってる料理教室はケーキコースと別にチョコレートコースを設けているんだから!
テンパリング基本300g以上って教えてるくせに~
ボンボンショコラや型抜きチョコってそれくらい必要だし。

味もカルマの方が美味しかったしねぇ
鮮度とコストパフォーマンスは大東が一番だし。
だから最近教室でチョコ買ってなかったから変わってたの全く気付かなかったんだけど。


DSCF2152.jpg

籠の中に詰めるように、カルマのミルクでマカデミアナッツチョコ作った。
この型も教室で使っている5種35個出来るもので1枚全部作るとなると500gのチョコが必要。
マカデミアナッツが入ると400gで間に合う。

DSCF2153.jpg

色味としてホワイトでドラえもん・ドラミ。
これも教室で買ったもので夏のキッズ向けかなんかだったらしい。
これ1枚で150g必要なんだが、イカムに切り替わる前の家にあったバリー300g袋入りの残りが130gしかなく2個分ほど足りなかった

まあ、チョコ籠には8個前後しか入んないから間に合うんだけどさ。

DSCF2151.jpg

ちょっと余った分で肉球も作った。

ここまで全部で1㎏ちょっとのチョコ使用。

一度にここまで作らなくても、大き目の型1個使えば400~500gのチョコは必要。

1㎏入りでなくてもいいけど、最低500g入りじゃないとチョコレート作るに足りないでしょ~??

和菓子でも時々感じるんだけど、最近特に教室と温度差感じる・・・

皆、習ってるだけで家で作らないのかな?

そもそもチョコの型を持ってる人買ってる人も少ないみたいだし

個人の勝手で自由だろうど、何しに教室通ってるのか私には分からない。

300g入りで間に合うなら、もうチョコレートコースっていらないんじゃないの?
去年から会社名変わって内容もその他もろもろもかなり変わって来たし。

「やっぱりミルクはカルマだよね!!」って私と一緒に習ってた人でいてカルマからバリーに変わるとき
「今のうちに買わなくっちゃ!」って一緒に板状1.25㎏買った人もいたけど。

たぶん私やその人と、300g入りで間に合っちゃう人達とは埋められない温度差があってテンパリングしても交わることは決して無いんだと思う。

チョコレートのテンパリングの温度調整は必要だけど、この教室との温度差はいらない。

商売だから少数派より多数派を取るのは仕方ないことだけどさ。

けど、けど。
多数派でもほとんど家で作らない=材料も道具も買わない人達より、
少数派でも家でガンガン作る=材料も道具もバンバン買う人達の方が実は儲けがデカイってこともあるんじゃないの?

それに多数派向けの教室やお店はどこにだってあるにねぇ

少数派でバリバリやってる人達の集まりの方が活気があって絶対楽しいのに。






コメント

★ ォォΣ(´▽`ノ)ノ

いろいろあるんですね~
肉球・・・(ΦωΦ)ふふふ
それなら食べたいかも ((o(>▽<)o))  きゃははっ♪

★ ☆さそりさん

> いろいろあるんですね~
> 肉球・・・(ΦωΦ)ふふふ
> それなら食べたいかも ((o(>▽<)o))  きゃははっ♪

いろいろあるんですよぉ~
同じ教室通ってても個人個人性格も思考も趣向も違うから仕方ないんだけどさ。
だからこそあえて少数派のチョコレートや和菓子のコースがある教室を選んだのに~って・・・

肉球の型も少数派ですけど(笑)
でも、これは多数派にも受けますよね~??

テンパリング、習ってからやってない・・・・。
奥深いですね・・・・。
メーカーで内容が違うのならコロコロ変わられると大変よね。
しかし、肉球はかわいい!!

★ ☆ekkoさん

> テンパリング、習ってからやってない・・・・。
> 奥深いですね・・・・。
> メーカーで内容が違うのならコロコロ変わられると大変よね。
> しかし、肉球はかわいい!!

私もチョコレート習うまでは全くボンボンショコラとか眼中に無かったんだけど(笑)
習ってみたら、チョコレートの奥深さにはまりました!!!
「パティシエとショコラティエは全く違う職業」って雑誌に本物の専業のショコラティエのインタビュー記事出てたけど、まさにその通り。
メーカーによって微妙にテンパリングの温度も違うんですよ~
プロは各メーカーに要確認だそうです。
同じメーカーでもラインナップによって全然違ってくる。
溶かして生地に混ぜ込んじゃえば多少のごまかしきくけど、ボンボンショコラはチョコレートの質とテンパリングが全て。
あとは型の種類ですよねぇ
肉球可愛いでしょ~?
可愛いの見ると次々欲しくなるのが魔力です(笑)

きっと、ekkoさんも一度やるとはまると思いまーす。

おやちゃん

こんにちは。

チョコレ-トを作る時は、本当に大量のチョコを使うものね。
お教室では在庫を抱えるわけにはいかないから、知れも難しくなるのかもね。

ケーキのナッペは、家で食べる時はナッペの練習になるので、『丁寧に確実に』しています。
でも・・これからの季節は手早くですね~。

★ ☆Anne★さん

> おやちゃん

> こんにちは。

アンちゃん、こんにちは

> チョコレ-トを作る時は、本当に大量のチョコを使うものね。
> お教室では在庫を抱えるわけにはいかないから、知れも難しくなるのかもね。

「在庫を抱えたくないから」とか本音をいってくれればイイんですけどねぇ(笑)
でも逆に在庫を抱えてる気もするんだけど・・・
チョコレートは大量にチョコを使うわけだから、少量になってしまった教室のはチョコを作る人ほど買わないわけだからねぇ~
売れなければ賞味期限が・・・。悪循環まっしぐら・・・。

> ケーキのナッペは、家で食べる時はナッペの練習になるので、『丁寧に確実に』しています。
> でも・・これからの季節は手早くですね~。

そうそう。
『丁寧に確実に』が一番ですよね!!
「早く確実に」できれば一番いいですけど、その為にも丁寧に確実にから始めないと。
趣味で作るんでなくて、売り物を作るんだからそれなりに早さも要求されるのは当然なので練習はしなくてはいけないですけどね。
>

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

おやちゃん☆

Author:おやちゃん☆
おやちゃんです。
「おやちゃんさん」の「さん」付は禁止です☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク