2017年の目標は『勝負』です☆
続・自家製レーズン酵母
2013年10月03日 (木) | 編集 |
DSCF2287.jpg

前回の試し焼きが上手くいったので、昨日は粉300gで具も20%で自家製レーズン酵母パン焼きました。

同じだとつまらないので、一次発酵終わった生地を半分。
0.5斤型はクルミ、バヌトン型はレーズン入りにした。

前回の参考に逆算して1次発酵は夜間発酵をかけたのだが、朝起きたら若干オーバー発酵気味~!

成形後の仕上げ発酵はさらに早く自然発酵で2時間ちょい。
前回は仕上げは夜間で8時間(若干オーバーぎみだったけど)

普通、元種起こしてから時間経つほど発酵力が弱まるはずなのに~??

この違いはなんだろうな?と考えると、生地の出来ではないかと思う。

初回はフードプロ使ったが、2回目は手ごねの違いでしょう。

粉200gまで回せるフードプロは常に出窓に出しっぱなしだが、それ以上のサイズは戸棚にしまってあるので
2回目は粉300gだったのでフードプロ出すの面倒だったので手ごねした。

フードプロは手軽だけど手ごねとどう考えても見ても、方式が違う。
フードプロは回す。
手ごねは叩いて巻く。
こね方がそもそも違うのだ。

餅生地で、つくと回すのでは生地の状態が違うのと同じ。

餅もパン生地も回してこねる方式じゃない方が断然状態が良い。

生地の状態が良ければ発酵が早いのは当然である。

そもそも長時間発酵する場合は、そんなに生地をこねなくても自然にグルテンが形成されるのだから手ごねでもそんな苦ではない。

これ天然酵母のメリット☆

あと、具が違うと発酵の速度が違った。

レーズンの方がクルミより生地は同じなのに発酵が早い!

型に入れてそのまま焼くほうが嵩が出るのが普通なのに、レーズンのほうが発酵が進むのが早いので焼き上がりが大きくなった。

レーズン酵母だから具のレーズンの栄養吸ってさらに発効促進したんでしょうか?

こちらは謎である。

DSCF2288.jpg

私がパンを作ってる間というか、夜は一年中私と一緒に寝るミーナだが
昨日は朝5時頃下にエサ食べに下りて2階あがって戻って来てそのまま私の布団の上で昼までずっと寝ていた。
さらに昼起きてエサ食べてまた私の布団の上で寝ていたので、一日中布団が片付けられず・・・

のびのびと気持ちよさそうに寝ていると、片付けられないですよねぇ~

昨日は曇って雨も時々降ってたので布団干せなかったからまだいいけど。

で、今日晴れて布団干せるときは、現在日中の定位置1階の寝床で寝ている・・・
テーマ:手作りパン
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
私も数日前に葡萄の皮だけで酵母を起こして、元種作りました。
自分で作った酵母でパンが焼けるって幸せですよね。おやちゃんみたいに上手にカンパーニュが焼けると良いな。
2013/10/03(Thu) 16:50 | URL  | DEKO #-[ 編集]
☆DEKOさん
> 私も数日前に葡萄の皮だけで酵母を起こして、元種作りました。
> 自分で作った酵母でパンが焼けるって幸せですよね。おやちゃんみたいに上手にカンパーニュが焼けると良いな。

葡萄の皮だけでってことは、中の身は食べたってことですよね?
残った皮で酵母起こすって無駄が無い!素晴らしい!

うんうん。
自家製酵母でパンが焼けるって幸せですよね~♪
上手く酵母が起きないときもあるけど(笑)

上手に焼けてます?
今回は酵母が綺麗に起きたのと、やはりオーブンがガスオーブンってとこかもね。
DEKOさんもいつも美味しそうですよ☆
誰かが美味しそうなもの作ったの見ると嬉しくなるし自分も作ってみたくなりますよね
2013/10/03(Thu) 18:33 | URL  | おやちゃん☆ #-[ 編集]
Σ(☉ω☉) え!
布団の上ですか・・・てっきり中だとばかりおもってました

    ∧_∧ お茶どぞ !!
   ( ´_ゝ`)    ∬
   /   \_/つ旦
  /      _/
__(__ニつ___|______

2013/10/03(Thu) 21:22 | URL  | さそり #7iSbDyII[ 編集]
☆さそりさん
> 布団の上ですか・・・てっきり中だとばかりおもってました
>
>     ∧_∧ お茶どぞ !!
>    ( ´_ゝ`)    ∬
>    /   \_/つ旦
>   /      _/
> __(__ニつ___|______

布団の中も覗き込んだんだが、まだ布団に入るほど寒くないと判断したらしい
2013/10/04(Fri) 20:26 | URL  | おやちゃん☆ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック