2017年の目標は『勝負』です☆
レモン寒とレモンパウンド
2014年05月11日 (日) | 編集 |
前回のブログのしまなみレモンで何作ろうかな~と。

まずは、どストレートにレモン寒にした↓

DSCF2383.jpg

レモンの風味を丸ごと味わう楽しむならまずはこれでしょ?

画像見て分かる通り、レモン4個使ったが、果汁の量が多い
新鮮というのもあるかもしれないが、果汁が多い!!

果汁が予想より多かったのでレモン寒がたくさん出来たので余った分は容器へ。

味自体は同じだけど、レモンケース入りの方が周囲のレモンを吸収して風味アップで見た目も可愛い♪

まずはシンプルにビートグラニュー糖と粉寒天を使ったが
好みでその日の気分でハチミツやゼラチンで作るのもありだ☆

これからの季節にぴったりのデザートでした


で、次。

果汁が多いのでコメントにもあったがシフォンケーキがケーキの中では一番合う!と思ったが、
オッサンズがシフォンよりスポンジやバターケーキ派で、この後のストックすること考えて、
冷凍庫に箱半分(100g)眠っていたバター使ってレモンパウンドにした↓

DSCF2386.jpg

王道の基本のパウンドケーキの配合:バター100g・砂糖100g・薄力粉100g・卵2個に
レモンの皮のすりおろし1個分とレモン果汁大匙1。
仕上げにレモンアイシング(粉糖・レモン果汁)

DSCF2389.jpg

断面図。

もうレモンのイイかおりがたまりませーん

これ作っちゃうと、やっぱり次はレモンシフォンケーキだ!と思うが。
ここでそれ作っちゃうと消費とかレモンの菓子ばっか作るなと苦情や別の問題も生ずる(笑)

となると、残りは新鮮なうちにストック。

皮をすりおろし、果汁を絞り、冷凍するしかないでしょ。

レモンはちょこちょこっと使うの多いし、ストックしとけばいつでも好きな量使える。


アイシング作るのに粉糖を買いに宇都宮で唯一の製菓製パングッズ店に久々行ってきた。
使う分だけと買おうとしたら200g入りはコーンスタート入りのみえ
500g入りでも220円だったので、腐るものじゃないし値段も値段なので購入。

レモンを使って何作ろうか考えてる時に家にあるレシピ本などを散策していたら、
バターケーキやクッキーなどバターを多く使うお菓子で砂糖が粉糖を使うものが多い事に今さら気がついた

「ためしてがってん」でクッキーを特集してた時に、粉糖だとサッとバターの中にまじると科学的に説明されていたが、そうなんだろうなあ~
砂糖が材料に中に綺麗に融合するって重要だもの。

私が使う砂糖は基本、ビートグラニュー糖と茶色い洗初糖なんだが、どちらも少し荒いので
お菓子によっては上白糖なんかとたまに買ったりするが、その後いつまでも余っている・・・

この論理だと、やはりアイシングにしかほぼ使わない余りがちな粉糖の要素が上がる!

このレモンパウンドは砂糖は粉糖を使ってみた。
やっぱりビートグラニュー糖より馴染む。

薯蕷饅頭とかでも粉糖でいけそうな気がしてきた。
今度試してみようっと。

もちろんコーンスターチ混ぜってない純粉糖で(笑)
テーマ:手作り洋菓子
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
わんこー
すごい水分だねー
新しいからだろうね 
皮も水分たっぷりだ
やっぱり配合ぴったりだからバックリ割れてうまそうだ^^

以前 安かったから粉糖の1Kg買ったらずいぶん持って
半分くらいで固まってしまったのであとは煮物に使ってしまった^^;
500gくらいが適量だ
2014/05/12(Mon) 19:28 | URL  | sudohoge #sSHoJftA[ 編集]
☆sudohogeさん
> すごい水分だねー
> 新しいからだろうね 
> 皮も水分たっぷりだ
> やっぱり配合ぴったりだからバックリ割れてうまそうだ^^

そうそう。
新しいから鮮度がいいから水分たっぷりなんでしょうね☆
水分たっぷりのうちに早く処理しなくっちゃ!

> 以前 安かったから粉糖の1Kg買ったらずいぶん持って
> 半分くらいで固まってしまったのであとは煮物に使ってしまった^^;
> 500gくらいが適量だ

私は以前500gで固まらせました・・・
そっか、煮物に使えばいいのか。
やっぱり買うなら混ぜもの無の粉糖だな。
コーンスターチ入りじゃ煮物に使えないし~(笑)
2014/05/13(Tue) 17:55 | URL  | おやちゃん☆ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック