月香茶会分室ブログ

2017年の目標は『勝負』です☆

ひな祭りに食べるもの

結局誰にもインフルはうつらず、夫も大したことありませんでした。

職場はひな祭り繁忙期で、一人の社員が朝から晩まで桜餅を焼き続けているという悲惨な状態
今日は13時くらいで800個くらいあれば大丈夫だろうと焼き終わったが、15時締め各店舗の発注数見たら
「全然たりないじゃーん!!!」と悲鳴があがってました。

私の働いてるとこは、桜餅は俗にいう関東風で、関西風というのは道明寺という商品名。
ちなみに道明寺は今日たまたま私が並べて数えたときは460個くらいだった。
比較すると桜餅のほうが一日の実質販売数だと3倍くらい売れてるんじゃないかな~?と思う。
桜餅と同じく売れるのは草餅。

ただ不思議というか納得いかないのは桜餅や草餅ってひな祭りに食べるものじゃないでしょう~????
ひな祭りって『ひし餅』や『雛あられ』なんじゃないの?
雛人形の7段飾りとかだとひし餅と雛あられは飾る場所あるし。
だいたいの節句なのに、ってオカシイ!

職場の周囲に聞いたところ、宇都宮なのか栃木なのか知らないがこの辺だとひな祭りに食べるというし
スーパーのチラシとかでも同じく推奨している。

でも、それって商売上の話で、やっぱり元々ひな祭りに食べるお菓子ではないと思う。

ひし餅も雛あられも色はピンク・白・緑で、この色に意味があるのであって。
桜餅や草餅って単に春の和菓子てだけ。

ひし餅や雛あられじゃ儲からないし地味だからそういうふうにどこかでねじ曲げて差し替えたとしか思えない。

柏餅で味噌餡が発祥なのに、味噌餡を作るのが面倒だからとかで味噌餡を置かない作らない店が増えて、味噌餡の柏餅の存在すら知らない食べたことないという間違った話になってしまったのと同じなんじゃないの?

それはさておき、桜餅と道明寺でなぜ桜餅が人気なのかと?いえば。

私が思うに、好き嫌い置くとして両者の絶対的違いはまず素材。
道明寺はどこの店だろうとスーパー・コンビニだろうと、原材料は道明寺粉だけ。
どこのを食べようが甘さが色が違うくらいで同じ。
桜餅は、桜餅の元祖発祥といわれる東京の店は小麦粉のみで色も白で薄く焼いて桜の葉を3枚使い一年中販売してるそうだが、上新粉・餅粉・白玉粉などの米粉を合わせもっちり系、浮き粉や片栗粉などで透明感出したものなど店によって生地が異なる。

さらに道明寺は正直誰にでも作れる。
レオンなどの包餡機でも出来るし、家庭でレンジで作ることも出来る。
道明寺粉がすでに火が通ってる粉だから製法がいくらでも簡略化しようと思えば出来る。
饅頭などに比べ包餡も簡単、ただ手がべたつくだけで。

桜餅はものすごく高度な技術を要する。
和菓子教室で習った中でも最も難しいし、たぶん和菓子屋の職人さんの中でもハイレベル。
同じ大きさ・厚み、そして焼色をつけずに焼かねばならない。
職場でも昨年3月までは当時の工場長、今は一番年数が長い社員さん二人が担当。
社員さん頑張ってるし毎日長時間焼いてるから上手くはなったが、まだまだ昨年まで担当していた人に及ばず。
商品としての販売のレベルは十分にあるけど、そのレベルになるには数年かかりそうな気がする。

生地も卵とか油分が入らず段々分離するらしく最初と最後では状態が違ってくるので、そこが職人の勘が必要なとこで生地の状態を直すか手早くするかしかない。
なので、どら焼きとかなら業務用のミキサーで一気に大量に作るが、家庭にでもあるような27㎝くらいのボールまでの量しか一度に作れない。

巻き方もくるくるってとこもあれば、私の職場は半分に二つ折り、風呂敷包みいたいなのもあるし
見た目も味もお店によって職人さんによって違う。

食べるだけ買うだけで作るのとか全く興味なくても、そおゆうのどこかで伝わるらしい。
他のお菓子でも機械で大量に生産するものより、手作業でしか作れないお菓子のほうがやっぱり美味しい

関東風といいながら、焼いて作る桜餅は技術的問題だと思うけど置いてある店が少なくなっている。
桜餅は職人さんの腕の見せ所のお菓子で、職人さんだからこそ作れる和菓子。

さらに、草餅がそこに並べば3種類買うなら問題ないが、草餅買えば道明寺でなく桜餅との組み合わせになるでしょう〜
もう1種類かうなら全く別の焼き菓子とか買いそうだもん。

道明寺しか扱ってない店が多いからこそ職人技の桜餅が扱ってる店に来る客ならそっちを選ぶでしょう〜

でも、私はひな祭りには桜餅も道明寺も草餅も違うと思うけど(笑)

コメント

★ 関西風

しか知らなかった!!
焼く??と思い今検索してみました✨✨美味しそう〜🍡
三色に意味があることを知ってる人は少ないかもしれないですね💦
ひなあられの四色も。。チョコが入ってあれれ?ですね 笑
甥っ子がチョコだけ探して食べてました😅


★ ☆うめこさん

> しか知らなかった!!
> 焼く??と思い今検索してみました✨✨美味しそう〜🍡
> 三色に意味があることを知ってる人は少ないかもしれないですね💦
> ひなあられの四色も。。チョコが入ってあれれ?ですね 笑
> 甥っ子がチョコだけ探して食べてました😅

そちらだと道明寺粉の関西風の桜餅しかないんでしょうねぇ
愛媛出身の夫も結婚して初めて関東風の焼の桜餅知ったし。
歴史的には焼の桜餅は古く、和菓子の本で桜餅を紹介解説してると必ず東京の長命寺近くにある発祥のお店が出ています。
関西というか特に京都は江戸時代に東京に天皇陛下が移ったのが気に食わないか
未だに全国和菓子協会に加盟してないそうです。
こちらだとどっちもあって両方の味が楽しめるのに、もったいない話ですよね。
愛媛出身の夫もそうだけど、関西の方が『粉もん文化』が栄えてるわけだから
焼の東京生まれの桜餅好きそうな気がするんだけどe-454
うめこさんだって「美味しそう♪」って思ったわけだし(笑)
東京や東日本では関西発祥の和菓子とか料理や風習は今じゃ全然珍しくないですよ

そうそう。3色に意味があるって知らない人多いですよね。
習わしや文化は意味や想いを大切にしなければならないのに。
チョコが入った雛あられって・・・・
でも、子供はチョコ好きだけどさあ〜(笑)
そこは、大人が正しい知識や想いを伝えていかないといけないと思います。
でないと、大切なものが消えてしまいますから。

★ ですよね

(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン
その通り!!
おいら宅配弁当についてきたひなあられを早速食べたにゃ

★ ☆さそりさん

> (*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン
> その通り!!
> おいら宅配弁当についてきたひなあられを早速食べたにゃ

でしょ!でしょ!
やっぱり、ひなあられとかですよね~e-2
世の中も、まだまだ捨てたもんじゃないらしく明日の各店舗の注文分見て社員さんが
「ひな祭り終わったのに、なんで桜餅こんなに注文するんだよぉぉ~!!」
と、叫んでました(笑)
桜餅はひな祭りでなく、春の和菓子ですもの~♪
ひな祭り終わったからこそ食べるんですよ!

我が家は母が西日本の出身なので、桜餅=道明寺で育ったので小学校高学年で関東風の桜餅を知った時衝撃でした。(関東に住んでいるのに...)

雛まつりは雛あられと菱餅だと私も思っていたのですが...
10年くらい前にケーキ屋で働いていたころ、「クリスマスの次に忙しいのはひな祭り」と言われました。
実際にそうだった!
同僚たちも「雛あられと菱餅だろっ!」と言っていましたが、いつの時代からケーキでお祝いするようになったんだろう??とダンナに言ったら「うちはケーキだったよ」と。
日本古来のお祝いなのに、洋物でするのは個人的にはちょっと...って感じです。

★ ☆ショコラさん

> 我が家は母が西日本の出身なので、桜餅=道明寺で育ったので小学校高学年で関東風の桜餅を知った時衝撃でした。(関東に住んでいるのに...)

東京育ちの私は桜餅と道明寺という名前で小さな和菓子屋さんからデパートでもどこでもそうで当たり前だったのに、宇都宮に引っ越してきて桜餅が無く、道明寺という名のものが桜餅と売られていたのが衝撃でした。
後に関東風・関西風といわれてるの知ったが、実際ショコラさんとこでも栃木でも関東なのに道明寺粉の方しかないとこも多いし、スーパーだと焼きはまずみかけない。
それはやっぱり焼きを作るのが難しいから量産には向かないってことなんだと思うけど
街の和菓子屋さんは両方に敬意を払うならやっぱり両方並べてほしい。

> 雛まつりは雛あられと菱餅だと私も思っていたのですが...
> 10年くらい前にケーキ屋で働いていたころ、「クリスマスの次に忙しいのはひな祭り」と言われました。
> 実際にそうだった!
> 同僚たちも「雛あられと菱餅だろっ!」と言っていましたが、いつの時代からケーキでお祝いするようになったんだろう??とダンナに言ったら「うちはケーキだったよ」と。
> 日本古来のお祝いなのに、洋物でするのは個人的にはちょっと...って感じです。

それも衝撃的な発言ですね~!!
クリスマスの次はバレンタインじゃないの~?
日本古来のお祝いなのに、ケーキじゃ全然意味も想いも無いですよねぇ
雛あられとひし餅にはちゃんと意味があるのだから。
クリスマスのケーキだって日本の苺のショートは絶対間違ってるもの・・・

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

おやちゃん☆

Author:おやちゃん☆
おやちゃんです。
「おやちゃんさん」の「さん」付は禁止です☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク