月香茶会分室ブログ

2017年の目標は『勝負』です☆

餡を使わないもの~

スーパーゆきんこでどら焼きを焼こうと思ってたんだが、
なんか〜
なんとな~く
を使わないのが食べたいなあ~って。

和菓子で餡を使わないのは、洋菓子ならばバターを使わないもの。
そう、だって今の時期ってそうでしょ〜?(笑)

で、少し前によつば生協で購入したほぼ偽物と冨澤で購入した本物でわらび餅を作ることにした。

DSCF2735.jpg

偽物はよつば生協扱いだけに「95%の甘藷粉と5%の本蕨粉」と、まあほとんど偽物だけど添加物は不使用。
見た目も全然違うが価格も全然違い本物100%は4・5倍する。
しかし、その差は歴然

DSCF2736.jpg

配合はどちらも同じでビート糖と水のみ。

が、練ってるときにすでに全然違うぅぅ~!!

そして、出来上がったものは全く別物

DSCF2737.jpg

左が本蕨粉100%。
見た目だけでなく食感が歯ごたえが手ごたえが全く別物

値段がしようが家で作るも外で買うのも本物でないと食べなくてイイと思った。
だって偽物は片栗粉でとろみつけてるの変わらないんだもーん!(笑)
安くするなら家で自分で葛粉や片栗粉を30%前後混ぜればイイと思った。

たぶん、添加物入りの偽物はわらびもち粉は、添加物の風味と食感を作ってるんだろうなあ~

偽物作るなら、片栗粉で十分!
その方が安いし手軽で、偽物と食感は変わらない。
教室用メニューは「本蕨粉」と「片栗粉」でイイや。
あくまでも比較対象としてね。

コメント

本物とニセモノでは色も全く違うんですね!
ただニセモノといっても添加物なしなら安心して使えるのと、誰でも上手に作れるようにアレンジされた粉なんでしょうね!

確かにこのジメジメした気候だと餡モノよりわらびもちとか水ようかんとかそんな気分です(笑)

★ ☆ショコラさん

> 本物とニセモノでは色も全く違うんですね!
> ただニセモノといっても添加物なしなら安心して使えるのと、誰でも上手に作れるようにアレンジされた粉なんでしょうね!

偽物は食感だけで、砂糖の味しかしないんですよぉ~(笑)
本物は蕨の匂いと味があるのに。
オッサンズでもその違いは明白に分かりました。
作り方はどちらも同じで、さほど練るのも差が無かったので、ニセモノは無味無臭の食感のみ本物ぽいだけのものでした。
太白胡麻油は無味無臭でも成分と旨味はちゃんとあるので(そもそも本物)大きな差でした。

> 確かにこのジメジメした気候だと餡モノよりわらびもちとか水ようかんとかそんな気分です(笑)

でしょでしょ!!
しかも冷蔵しないお菓子を常温で置くって、この時期危険すぎますよねぇ。
こうなると、アイスクリーム挟んでアイスどらしかない?(笑)

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

おやちゃん☆

Author:おやちゃん☆
おやちゃんです。
「おやちゃんさん」の「さん」付は禁止です☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク