2017年の目標は『勝負』です☆
マヨコーンとクルミチョコ
2016年08月22日 (月) | 編集 |
台風がきている。
外は風雨激しい。
だから不要な外出はしない。

で、夫が昨日もらってきたブルーベリーとその前にもらってきた冷凍庫にあるブルーベリーでジャム作った。
家で家庭用にちょっと栽培している人からブルーベリーはもらえるときはチマチマもらえる。
一定量になったのでジャムにした。
ならない場合は冷凍庫保存して、そのままお菓子とかに使う。

今朝は土曜に焼いて残っていたパンを食べた

DSCF2925.jpg

ゆめかおりとホシノ丹沢酵母でバターロール生地で、具がマヨコーンとクルミチョコ。
大きさがバラバラだが(笑) 全体の上りはマヨコーンのが大きい。

時間はかかるが、その分サフよりホシノのほうが美味い♪
劣化も遅い。
今朝食べても、温め直さなくてもそれなりに大丈夫。

パンに関する本が10冊くらいあって、ホシノ・白神とか自家製酵母起こしたり赤・金サフとか、色々使ったり工程とかしたけど。
安定度・使いやすさ・味とかホシノが私は一番☆
ホシノを使い分けるのが理想だけど、現実毎日たくさんパン焼かないので、最も扱いやすい丹沢使っている。

夜間発酵や長時間低温発酵とかあるけど、私が試した現時点では35℃〜38℃で1次発酵(2時間前後)→1回ガス抜きして2次発酵(40分~)→ベンチ(20分)→成形・仕上げ発酵(1時間前後)→焼成。

2次発酵がない手順も多いが、一番のポイントは2次発酵だと思う。
これをすると、その後の進行が安定してスムーズ☆
チョコのテンパリングの意味が温度の上げ下げでなく『安定した結晶をたくさん作ること』なら、パンの発酵の意味は『たくさん気泡を巻き込んだ安定した生地を作ること』だと思う。
低温長時間発酵のが響きはイイけど、酵母がもっとも好む安定した温度帯で発酵したほうが良い気がする。

ホントは菓子も作ろうと思ってるんだけど、夫がもらった文明堂のカステラがまだ2箱あるので、それを消費しないと~
胃の大きさでは問題ないが、健康面で問題が発生しそうなので(笑)

DSCF2924.jpg

ミーナは畳のうえでのびている。
早くエアコン入れろ!アピール。
冷房きいてくるとの猫ベッドに移動する。
暑くてだらーんとしてるが、食欲は衰えるどこか食い意地だけは益々盛ん。
18年半も生きてると、じゃれたり遊んだりの行動は全くしなくなった。
「あいつ食ってるか寝てるかだよな」 by父 
いやいや、トイレも行くから。たくさん食って飲んでるから(笑)
エサとトイレ用砂の減りが早い~!!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック