月香茶会分室ブログ

2017年の目標は『勝負』です☆

Entries

そこは避暑地だった。

ちょっと遠出と那須や佐野以外のアウトレットということで、珍しく夫が軽井沢に行ってみたいというので昨日行ってきた。

夫も私共に軽井沢と那須を同じようなもんだと勘違いをしていたことが判明した。

まず気づいたのは、プリンスショッピングプラザという名称で「アウトレット」の文字は名に無い。
他所のアウトレットと違い駅直結のためか、駐車料金が発生する。
2000円以上で3時間無料、3万円以上で終日無料になるが、アウトレットは大型無料駐車場が当たり前だと思っていたので微妙だった。

那須や佐野に比べて店舗数は2倍くらいで、軽井沢の場所からか防寒対策や通路は広く屋根付など設備は今まで行ったアウトレットに比べてよく出来ていたのは感心した☆
敷地面積が広いからから各店舗が広い。
が、その割には品揃えはよくない。
同じ店舗でも他に比べ価格が少し高い気がした。

そして市街地は閑散としていた。
一度高校卒業後すぐに友達の夏の軽井沢にドライブしたことあるが、そのときは「夏の軽井沢は2度と行かない!Σ(´Д`lll)エエ!!」と思った。
ものすごい大渋滞でメイン通りは芋洗い状態で、とても高原の避暑地の雰囲気では無かった。

が、やはりここは避暑地だったのだ。
『今季の営業は終了しました』という張り紙をあちこちで見かけ、シャッター通り商店街みたいだった。
夏の暑いときに涼を求めてそれなりの裕福な人達が別荘で過ごす場所。
だからシーズンオフはこの状態。
何かで「旧軽井沢の商店街で東京で売ってるようなものばかり」とあったのも、普段都会で暮らしている人達が避暑で過ごすときに必要なものを売ってるからだと思った。

夫:「これじゃあ、那須のほうがイイな~。那須の方が努力してるし。」

那須は別荘もあるけれど、そもそもは、かなり離されているが全国2位の酪農生産量で畜産も農業も盛んな地域だ
当然、地元の食材を使った名産品や小売店・外食店があるし、価格も安い。
牧場があちこちあるからか、観光の動物がいる施設も多い。
その手の産業は休みは存在しない。
毎日仕事はある。

軽井沢の名物といえばジャムやパンとか珈琲ソフトとかが思い浮かぶし、実際に今回全て食べた(笑)
が、長野県内産の素材のジャムは存在しても、どれも地元軽井沢産のものは見当たらなかった。
で、一年の半分近くがオフシーズンなわけだから、そりゃ物価も高めなのは仕方ないんだろうなあ~
旧三笠ホテル見学したけど、これじゃあホテルも廃業するよなあ~と思った。
やたら『旧○○』って観光名所がある=今は使われてない建物があるってことである。
維持するだけの儲け出すのも厳しそうだしな~

那須も冬はオフシーズンでペンションとか一部観光施設は限定営業にしてたりするが、基本一年中休みが無い産業がメイン。
となると、オフシーズンにもあの手この手で客を呼ぼうと色々やっている。
中には空回りの企画もあるが、努力はしている。

軽井沢は基本避暑地なので、ガイドブックにはバスで駅から8分とあるが実際に路線バスは2時間に1本しか運行してなかった・・・
夏はどうだか知らんが、別荘を持ってる人は自家用車でしょうねぇ。

有名景勝地も軽井沢にはないんだと思う。
観光ガイドに掲載されている浅間鬼出し園とかは車ですぐ近くだけど群馬県であってすでに長野県ですらない。
景勝地や国立公園でないから別荘団地の避暑地なのかもしれない。

そしてなにより驚いたのはオフシーズンだといっても、あちこちに平気で路駐をしまくり状態。
人がいないと思ってるからか、交差点では一時停止なんか絶対しない。
平気で歩行者がいようが車が横断していく。。。
警察はどうしたんでしょう?
路駐切符切り放題状態なのに、野放し状態。

観光地だったら「交通マナーとルールを守りましょう」とより注意を促すはずなんだけど、避暑地のオフシーズンは警察もオフシーズンなのかと思った。

でも、なんだかんだでプリンスショッピングプラザで買い物はしましたけど~(笑)
伊那食品の寒天パパの店舗があったのはラッキーだったし☆
メイン通りがシャッター通りでもほぼショッピングプラザ内に店舗が出店してたので問題なかったし。

でも、次は那須にします(爆)

コメント

 

軽井沢って今そんな感じなんですね。v-12
観光地なのにあまり力を入れてないんですね。もったいない気がします。
那須の方はこちらでもよく観光の宣伝してますし、やはり力の入れようが違うから良いのかもしれませんね。
  • みーたん 
  • URL 
  • 2017年03月24日 19時35分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

右サイドメニュー